【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
というわけで、今日は湘南ベルマーレの今期ホーム最終戦・
ガイナーレ鳥取戦を見に行ってきました。

【2012年・J2リーグ第41節】

・湘南ベルマーレ(72) 1-0 ガイナーレ鳥取(35)(@BMWスタ)
 (得点):キリノ('87)(湘南)
 (イエロー):菊池大介、高山薫、ハン・グギョン、大槻周平(以上湘南)、福井理人、柳楽智和(以上鳥取)

自動昇格の為にはもう2試合連勝するしかなかった試合。
その最初の試合、何とかかんとか勝ち点3をもぎ取った…という感じでしたね。

上記リンク先(J's GOALのスタッツ)では、シュート数13本vs4本となっていますが、
とてもじゃないですがそんな一方的なゲームじゃなかったです。
むしろ、鳥取にサイドからかなり崩され、決定的な場面を
数多く提供していたのではなかったかと…(苦笑)。

前半に大介がイエロー(これで大介は最終節出場停止)になり、
後半開始から古橋を投入。
更に、大槻→キリノ、岩上→吉濱と前線の3枚を総取っ替え。
岩上は見てて結構惜しいシーンもあっただけに勿体無いかな…と思っていたら、
決勝点は切れ込んだ吉濱のクロスからキリノが押し込んでのシュート。
いやいや、吉濱君ゴメンナサイです(汗)

試合後には、ホーム最終戦ということでサンクスセレモニー。
真壁社長、選手会長のヤマ(山口貴弘)、そして最後にチョウさんが。
そうしたら、なんとチョウさんが「じゃ、歌います」というではないですか!
何歌うのかと思ったら、湘南のチャントである「BMWで共に戦う~」でした。
これにはさすがにビックリ。(後ろで選手も全員肩組んで踊ってました)
ただ、公式サイトの監督コメント見る限りでは、
これはどうも選手が仕掛けたようですね(笑)。
(11/6 16:00 訂正)
選手が仕掛けたわけじゃなさそうですね。監督自ら歌った感じですが、
記者会見のコメントでは相当恥ずかしがってましたね(苦笑)。
ただ、あれでスタジアムの雰囲気が最高潮に達したのは紛れもない事実ですね。

いい雰囲気のまま次節の町田に乗り込みましょう!
そして、いつもどおりの「GET3」! で、です。(ここからはFC2限定の記事にしておきます)

今日のJ2・第41節終了時点で、
J2上位の順位は以下のとおりです。

1位:甲府(82)※優勝・J1自動昇格決定
2位:京都(73) 得失点差:+16
3位:湘南(72) 得失点差:+20
4位:大分(70) 得失点差:+19
5位:横浜FC(70) 得失点差:+16
6位:千葉(69) 得失点差:+25※プレーオフ出場決定(2位以内は消滅)
7位:東京V(63)

これにより、昇格プレーオフ圏内の6位以内のチームが決定
(7位の東京Vは千葉に追いつけず)。
しかし、自動昇格の2位については、まだ最終節の結果如何で
5位の横浜FCまでに可能性があります。
一応、自分なりに確認できる範囲で2位の可能性を探ってみます。

【湘南が2位になる可能性】※湘南●なら2位以内は無し
・湘南○→京都△●
・湘南△→京都●、大分△●(○の場合、1点差以内且つ湘南と4点差以内の勝利ならOK)、
 横浜FC△●(○でも3点差以内ならOK)

まあ、要は湘南が勝てば勝ち点75。
京都が引き分け以下(勝ち点74以下)で逆転2位の自動昇格です。

湘南が引き分けた場合(勝ち点73)はちょっと厄介。

まず、京都は負けることが必須(勝ち点で並びますが、得失点差で湘南が上)。

大分は、○で勝ち点73になり、この2チームに並びます。
得失点差では湘南と1しか違わないので、2点差以上の勝利なら大分が逆転2位。
1点差の場合は、大分が湘南より5点多く取る必要があります。
※大分が4点差以内(湘南0-0、大分4-3など)で勝利した場合、
 勝ち点、得失点差、総得点の3項目で湘南と大分が並びますが、
 順位決定の要因として、その後に「当該チーム間の対戦成績」があります。
 今年、湘南は大分に1勝1分け。なので、この場合湘南が上になります。

横浜FCも、○で勝ち点73になります。但し、得失点差を見る限り、
最低5点差以上での勝利が必要になるようです。
※4点差の場合勝ち点で並びます。その場合対戦成績が1勝1敗、総得点・失点とも一緒なので、
 反則ポイントまで絡んでくるかも…(反則ポイントが絡むと実は湘南のほうが不利そうです(苦笑))。

ちなみに、上位5チームの最終節の対戦は以下のとおり。
※全試合11/11 13:00キックオフ

・京都vs甲府(@西京極)
・町田vs湘南(@町田市陸)
・松本山雅vs大分(@松本アルウィン)
・横浜FCvs岐阜(@ニッパツ三ツ沢)

湘南は現在最下位の町田との対戦。
今年からJ2の下位チームは、JFLのチーム(ライセンス取得チーム)と
自動入れ替え・もしくは入れ替え戦が行われるようになりました。
今年、JFLでJのライセンスを取得したのは、現在首位のV・ファーレン長崎のみ。
既に2位以内が決定しており、J2・22位のチームとの
入れ替え戦以上は必須になりました。
(次節で長崎が勝利、長野(AC長野パルセイロ)が引き分け以下の場合か
長崎が引き分け、長野が敗れた場合は長崎の優勝が決定)

町田は、次節○以外には最下位から脱出する方法がありません。
(21位・鳥取と勝ち点差3)
町田も必死に向かってくることでしょう。
でも、こちらにも非常に大きな目標があります。
そのためにも、最後も「GET3」を。
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ