【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
というわけで、今日は湘南ベルマーレの試合を見に行ってきました(今年2度目)。

【2012年・J2リーグ第10節】

・湘南ベルマーレ(25) 1-2 水戸ホーリーホック(18)(@BMWスタ)
 (得点):馬場賢治('38)(湘南)、ロメロ・フランク('6)、島田祐輝('87)(以上水戸)
 (イエロー):古林将太、古橋達弥、馬場賢治、大野和成(以上湘南)、
  尾本敬、西岡謙太(以上水戸)

残念ながら今期初黒星…。

湘南ベルマーレが開幕から9戦負けなし(8勝1分け)の勝ち点25。
得点22はリーグ最多。
そこに相対したのが、リーグ最少失点(4失点)を誇る水戸。
ちなみにこの試合、両チームのスタメンGK(湘南:阿部伸行、水戸:本間幸司)が
ともに誕生日という珍しい試合でした。

今日は前半から水戸の動きがよかったです。
ラインをコンパクトに保ち、前線からのチェックは湘南を上回る威力。
前半6分、サイドから崩され、クリアがことごとく相手ボールになった挙句、
最後にロメロ・フランク(平塚・江陽中出身)に先制点を叩きこまれました。

その後、湘南も時折チャンスを掴み、
前半38分に右サイドのコバショーのアーリークロスを
「平塚魂」馬場賢治(平塚・金旭中出身)が叩きこんで同点。

後半は一進一退の展開になり、
CKのこぼれ球にあと一歩のところで押し込めなかった…というシーンも。
そんな中、後半42分に再びサイドから崩され、
同じようにクリアが相手ボールになり、最後は西岡のゴール。

最後に湘南のCKのチャンスが2度あり、GKの阿部も上がってきたのですが、
残念ながら同点・逆転できずにタイムアップ。

残念ながら今期初黒星となってしまいました。
でも、まだ1敗しただけ。
今年の若いベルマーレには、この敗戦から学ぶ力、這い上がってくるパワーが
あると信じています。

今日から始まったGW連戦。
このあと、愛媛(4/30・A)→甲府(5/3・H)→松本(5/6・A)と続きます。
愛媛は今日鳥取に4-1で圧勝しており、もちろん侮れない相手。
(加えて、湘南は以前から四国アウェイ戦を若干苦手にしてるようで…)
また、甲府戦では「ゴール裏満員計画」なるものが企画されています。
今季初の5ゲート(アウェイゴール裏)開放。
それに加えて、甲府との対戦は2009年のJ2第49節以来。
そう、あの「小瀬の奇跡」以来です。
熱い試合になること間違い無しでしょう。
松本戦も、ソリさん・ノジ(野澤洋輔)との対戦。
負けたくない試合が続きますね。

でも、先を見るのではなく、見るのは目の前の試合の「GET3」を。

追記:今日の審判団、ジャッジがちょっと雑だったかなあ…という気がしました。
 後半にはスローインのジャッジが主審と副審で異なったり、
 CKとゴールキックのジャッジが異なったり…。
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ