【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:徒然な日記
まず、今回の一連の震災で被害に遭われた方々に、
心よりお見舞い申し上げます。

幸いにして、自分は難を逃れることができました。
ただ、大きな揺れを感じ、恐れを感じたことも事実です。
その時のこと、書いてみようと思います。

自分は現在、家から自転車で15分ほどの企業倉庫で、
商品のピックアップ(伝票で指定されている商品を棚から持ってきて、
検品ラインの方に渡す)という仕事をしていました。
一昨日も、いつものように作業をしていました。

作業をしていたときに、まず急に倉庫内の電源がすべて落ちました。
「なんだ?」と思った次の瞬間に、地面が波打つような横揺れが襲ってきました。
立っているのは危険だと思ってその場に片膝を立てた状態でしゃがみましたが、
社員さんの「表に出て!」という言葉で、一目散に近くの扉から
建物の外に脱出しました。

建物の外に出ても揺れはまだ続き、最初の揺れから2分ぐらいして
ようやくおさまったでしょうか。
「これは…この近辺(が震源)で地震があったか」と思っていました。
ひとまず表で待機し、その間に家に連絡をとろうとしたのですが、
電話がすでにつながらない状態でした。
仕方なく母親と姉のケータイにメールを入れて、
その後ケータイのワンセグで情報を見たところ…
三陸沖が震源という話。
津波が釜石の港を飲み込む姿も目にしてしまいました。

その後もう一度地震があり(これが茨城沖震源だったんですね)、
改めて社員の方、バイト・パートの方々が1ヶ所に集まりました。
そして、上の方から「これから先余震も起こりうるので、
今日の業務はこれで中止します」という話があり、
自分はすぐに自宅に戻りました。
自宅では母親が1人でいましたが、
幸いにして物が落ちるなどの物的被害は殆どありませんでした。
自分が帰ってきたことで、親も少し安心したようでした。
夜になって姉も帰ってきて、家族揃ってひとまず安心しました。

同じ市内では停電になったところもあったようですが、
自分の家は停電も免れました。
ただし、海が近い立地(海まで歩いて20分ぐらい)のため、
大津波警報が出ている間は、気が気でない状態でした。

次の日になって、連絡がつかなかった親戚、友人の人たちとも
連絡が取れるようになり、ひとまず周囲の人たちの無事も確認できました。
ちなみに、当日に長野に行っていた友人がいたのですが、
長野新幹線が不通の中、中央線「しなの」→東海道新幹線で
なんとかこちらに戻ってくることができました。
また、母の知り合いの方が1人相馬に住んでいるのですが、
その方の無事も確認できました。

そして今日。
こちらの街は、いつもと変わらない日曜日を過ごしているように見えます。
ただ、さっき街に出かけてきたところ、いつもと違う光景も目にしました。
何軒かのお店では、電力節約のために照明を一部落としていたり、
また電池(単1)、ライト、カイロ、卓上用ガスコンロ(&ガスボンベ)などが
ほとんどのお店の店頭から無くなっていました。

自分は大きな被害に遭わずにすみましたが、
今回の災害で被害に遭われた方々の事を思うと、心が痛みます。
自分にできることは限られているかもしれませんが、
とりあえずYahoo!のポイントT-POINTが貯まっていたので、
微々たる金額ですが、その分はすべて寄付させていただきました。

被災地の方々にとっては、これからがさらに大変かもしれません。
でも、まず「生きる」ことに全力を注いでほしいです。
命さえあれば、その後のことは何とかなる、何とかできると信じています。

最後に。
他ブログからの引用になりますが、イングランド・プレミアリーグの
リヴァプールから届いたメッセージを。

「我々は日本の皆さんのご無事を祈っています。
 日本に住むすべてのリヴァプールファンと、地震で被災された方々に、
 心からのメッセージを送ります。
 YNWA(You’ll never walk alone=君はひとりじゃない)」
Comment

YNWA

メールで先に確認させていただきましたが、ご無事で何よりです。

ニュースでは「東北」「宮城」を強調していましたが、テレビを観ると横浜でも地割れを起こすかなりのレベルでしたから、「もしかして・・・」と不安がよぎりました。

今のところは津波警報も解除されているので、気持ち的にも落ち着かれましたでしょうか。

つい惨状を目の当たりにしてネガティブな部分ばかり強調してしまいますが、もっと希望的なエールを送っていかなければなりませんね。
今はじたの沈静化が最優先ですが、同時に進めてほしい被害対策のひとつとして「生きていくことの希望を失わせないメンタル部分のケアも徹底してほしいです。

回船問屋さん>
そうですね。テレビは衝撃的な映像がかなり多くて、
見る方としても結構しんどいかもしれませんが、
こういう時にはラジオをオススメしたいなと思います。
一部通常編成になっていないところもあると思いますが、
それでも通常編成で放送している局も多いです。

「メンタル部分のケア」は非常に大事だと思います。
被災地の方は勿論なのですが、それ以外の方でも、
「自分には何も出来ない」と思ってしまい、
それでメンタルがやられてしまうこともあると聞きます。
こういう所のケアも大切にして欲しいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ