FC2ブログ

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:ラジオな日々
昨日(4/4)に車掌が参加した、
文化放送の「千田正穂のありがとう」(Sun:11:00-13:00)の
番組内コーナー「人間万事塞翁が馬」
ここに参加した車掌たちは果たしてどのように動いていたのか…?
この記事から、当日の裏側をお伝えしていきたいと思います。
※上記番組ブログにも、当日の千田さんのぼやきと
 大番頭・根本さんの感想(&当日の流れ)が載っていますので、そちらも是非。
(また、記事が半端じゃなく長くなりますので、詳細は「続きを読む」で是非)

品物をすべて買い終えたみわみわさんと車掌。
ここからは一路最寄りの有楽町駅へ直行。
時間的にかなりギリギリのタイミングだったので、
ハンズからは4人揃って走って有楽町まで。
(みわみわさん曰く「走れメロス」の心境だったそうで)
途中、一瞬みわみわさんのSuicaが行方不明になったか?という時もありましたが、
何とか有楽町駅に到達し、山手線外回り(品川方面)ホームへ。
ホームに上がってホームをひたすら東京方面(最後尾方向)へ歩きます。
(浜松町駅の文化放送に一番近い出口は、最後尾車両なので)
普段何の気なしに乗っている山手線ですが、
これほど来るのが待ち遠しく感じた山手線はありませんでした(苦笑)。
(しかも、駅の表示時間から2分ぐらい遅れて到着したので)

有楽町に山手線到着、乗り込んで2駅。
浜松町に到着したのが12時40分前後、ここからも急いで文化放送内へ!
文化放送へ入る方法は大番頭さんにお任せし、
なんとかスタジオのある階へ向かうエレベーターに。
エレベーターを出て、スタジオのあるブースに。
3つあるスタジオの一番奥で「ありがとう」の生放送を行っており、
ちょうど曲がかかっていたタイミングで、
自分たちがスタジオ前のロビースペースを横切ります。
(この時にとある方とチラッと目が合い、その方は「ん?」という表情に(苦笑))
曲が終わり、ちょうど「人間万事塞翁が馬」のコーナージングルが流れている時に、
大番頭さんを先頭にみわみわさんと車掌がスタジオ内に突入!
千田さんと松原のぶえさん、それに作家の方がスタジオにいらっしゃいました。
ここからはオンエア分をかいつまんでピックアップします。

みわみわさん「ただいまあ~」
のぶえさん「ギリギリでしたねえ」
大番頭さん「いやあ…バタつきました」
のぶえさん「焦っちゃいました?」
みわみわさん「いやあ…焦りました」
千田さん「何でそんなに焦ったの?」
車掌「いや、自分のものがなかなか見つからなくて、
 店員さんに聞いていたので、それで手間食いました」
のぶえさん「緑のやつ(システム手帳)ね」
千田さん「緑じゃなきゃダメだよ」
…千田さん、焦って帰ってきたところにその突っ込みはキツイです(苦笑)。

そこで購入したものと領収書をテーブルの上に提出。
システム手帳は、千田さんが「緑じゃなきゃダメだよ」と
何度も突っ込んできたので、箱から出して現物をお見せすることに。
買ってきたのは『ダ・ヴィンチ DB505(緑)』なので、
このリンク先を見ていただければわかると思うのですが、
実際の品物、このリンク先の写真より緑色がより深緑に近かったので、
のぶえさんは「深緑だね」と認めて下さったのですが、
千田さんが「これ黒じゃん」とかたくなに否定(爆)。
…一応箱の外側にも中の商品帯にも「グリーン」と書いてあるんですけれど(苦笑)。
なので現物渡して検査してもらいました(笑)。
周囲の人たち(のぶえさん、大番頭さん、みわみわさん)には
しっかりと緑と認めていただいたのですが、
千田さんは「これ、『グリーン』の箱の中に黒が入ってたんだよ」と。
どこまでいじられるんですか…(苦笑)。

その後、みわみわさんが買ってきた菅野よう子さんのバンドスコアと、
ボールペン10本を提出。
千田さん、バンドスコアにも「こんなのが3,150円もするの?」とさらに突っ込み(苦笑)。
大番頭さんが「買ってきたものに対して『こんなもの』とは…」と
フォローしてくれたのですが、
千田さんは「だって単なる本じゃん」(苦笑)。

ひとしきり突っ込みが終わったところで(笑)、
千田さんからそれぞれ今回の買い物ゲームの感想を聞かれました。

みわみわさん「バタつきました…なんで最初池袋にしたんですかと
 声を大にして言いたいです」
千田さん「誰の大チョンボ?」
大番頭さん「ねえ…」
車掌「桜とチャペルだったら四ッ谷でもいいじゃないですか」
(四ッ谷は駅前に某キリスト教系の大学があります)
千田さん「文句タラタラだねえ…」
その後、スタジオに入る前に「とある方」と目が合ったことに触れたのですが、
そのトークがかなりグダグダになってしまいました(苦笑)。
千田さん「もうね、話がめんどくさいんだよ」

気を取り直して、まずは精算です。「\9,000~\10,000の間に入っているか?」
→システム手帳\5,250、バンドスコア\3,150。残額\1,600。
 そして最後のボールペン…。
みわみわさん「30円足りませんでした~」
結局ボールペンと替え芯で帳尻を合わす計画は頓挫し(苦笑)、
残念ながら1万円のピタリ賞は無くなりました。
千田さん「(勝ち誇ったように)残念だねえ」(笑)。

次はいよいよ羅針盤。「あなたと文化放送、どっちが払うか?」
前述したように、羅針盤の出目は4つ。
・全部自腹 ・全部文化放送持ち ・1つ自腹、2つ文化放送持ち ・2つ自腹、1つ文化放送持ち
スタートは車掌が、ストップはみわみわさんが合図を出すことで、
最初の羅針盤。「スタート!」「ストップ!」
千田さん残念そうに「…全部お持ち帰り(文化放送持ち)」
思わずみわみわさんとハイタッチしちゃいました(笑)。

さて、報奨金がどうなるか。
大番頭さん「マドカ天使がマドカ天使を呼んでみればいいんじゃないんですか?」
(その4で書きましたが、みわみわさんはマドカ天使の物まねができるようになってます(笑))
みわみわさん「本物のマドカ天使~」

「痛~い!呼び戻さないでよ。(途中略)
 え~?報奨金が欲しいの?
 商品はずいぶん持って帰るし、濡れ手に粟状態でしょ?
 だから、要らないよね?それじゃ、報奨金は無し」

みわみわさん・車掌「え゛~」
みわみわさん「ビンボー人2人ですよ!」
「じゃ、なくて、あります!」
みわみわさん・車掌「イエ~イ」
「羅針盤の針が、5千円、1万円、2万円、3万円の
 どの方向を指し示すか、塞翁が馬よ!」


というわけで、報奨金の羅針盤に挑戦!
ピタリ賞にならなかったので、2万円・3万円のエリアはえらく狭いですが(苦笑)、
それでもゼロがないだけ安心かなと思ってました(笑)。
今度はスタートとストップの順番を入れ替えて、
みわみわさんがスタート、車掌がストップの合図を出すことに。
「スタート!」「ストップ!」
千田さん「…1万円~」
2人、本日2度目のハイタッチ(笑)。

最後に感想を聞かれ、
車掌は改めて「いやー、池袋になるとは思わなかったので
千田さん「わかったよ!」
車掌「でも、RPGの指令をこなしているみたいで、楽しかったです!」
みわみわさん「一生の思い出になります!思い残すことは何もありません!」

これでコーナー終了。スタジオを退出して、
スタジオ前のロビーのところでしばらくゆっくりするように
大番頭さんに言われたので、しばしそこで戦いの後の休息を(笑)。
(この時に、最終回の「TOKYO CHEERS」に臨む前の吉井歌奈子さんに会えたので、
このタイミングで皆様からいただいた色紙をお渡ししてきました)

番組がすべて終了して、
スタジオから千田さんと松原のぶえさんが出てこられました。
その後一緒に記念写真を撮ることもできましたし、
さらに千田さんとスタッフの方々とご一緒する時間もいただき、
色々なお話しをさせていただきました。
千田さんから見れば若造の我々2人、色々ためになるお話しもさせてもらい、
貴重な時間を過ごすことができました。

このコーナー、聴いてみて興味を持たれた方は
是非お友達、家族、恋人など2人以上で実際に出てみることをオススメします。
色々ありましたが、日常ではまず味わえない体験をさせてもらいました。
本当に楽しい1日を過ごすことができました。

本編はここまでで終了です。
この後自分たちには「追加ミッション」があったのですが(笑)、
それは後日サラッと書こうと思います(苦笑)。
非常に長い話にお付き合いいただき、ありがとうございました。
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ