【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
今日から始まった2010年のJリーグ。
湘南ベルマーレは、11年ぶりに「Division 1」での戦いとなります。
(今年から、湘南の結果だけ伝えることにします)

その開幕戦は、ホーム・平塚にモンテディオ山形を迎えての対戦でした。

【2010年・J1リーグ第1節】

・湘南ベルマーレ(1) 1-1 モンテディオ山形(1)(@平塚)
 (得点):ジャーン(湘南)、オウンゴール(山形)
 (イエロー):新居辰基(湘南)、石川竜也、古橋達弥(以上山形)

今日のスタメン。
ケータイからの速報でもお届けしましたが、なんとビックリ。
本来はCBの阪田章裕を右SBで先発出場させるという策に。
というわけで、今日のメンバーは以下の通り。

FW:新居辰基、田原豊、馬場賢治
CH:坂本紘司、寺川能人
MF:永田亮太
DF:島村毅、村松大輔、ジャーン、阪田章裕
GK:野澤洋輔
(SUB:伊藤友彦(GK)、山口貴弘(DF)、古林将太(MF)、猪狩佑貴(MF)、
 阿部吉朗(FW)、中村祐也(FW)、中山元気(FW))

また今日は11,280人という観客動員でしたが、アウェイ側(山形)のゴール裏の方が
非常に集客もよく(ここは早々売り切れになりました)、
また非常に応援の声がよく出ていたのが印象的でした。

さて試合。
最初は湘南が細かなパス交換と裏を取る動きなどで
山形のゴール前に迫っていきました。

そして前半19分。
中央左側で寺川→新居→紘司とつなぎ、紘司がシュート。
相手GKが弾いたところにジャーンが詰めて、これが今年のリーグ戦初ゴール。

しかしその後は山形がサイド攻撃などから攻勢を仕掛け、
湘南のゴール前に迫ってきます。
そんな中、前半40分。
左サイドにいた古橋からゴール前に上がったクロス、
野澤が弾いたのですが、前にいた田原に当たってしまい、
ボールは湘南が守るゴールに吸い込まれてしまいました。

後半。
山形は左サイドからの仕掛けを多用して湘南のゴールに迫ります。
湘南も何度かチャンスを作って田原のクロスバー直撃のシュートなどあり、
また新居→阿部、馬場→中村と選手交代してチャンスも作りましたが、
結局は1-1の引き分け。
開幕戦、今年のJ1初ゴールと勝ち点1を取ることになりました。

オウンゴールは正直勿体なかったなあ…という気がしますが、
あれはその前に山形に散々攻め込まれ、田原も自陣に戻っての守備をしていたので、
仕方のないことだったかなと。野澤も田原も責められません。
先制点は湘南らしいつなぎからのゴールだったように思います。

次はアウェイ…といっても県内(笑)。
日産スタジアムに乗り込んで、横浜Mとの対戦が待っています。
どうも中村俊輔のマリノス復帰凱旋試合になるようですが、
もちろん引き立て役に回る気など毛頭ありません。

今日取れなかった勝ち点3は、来週取る。
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ