【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
2008年のJ2リーグ、昨日と今日は第7節の計7試合が行われました。

車掌地元の湘南ベルマーレは、ホーム・平塚に戻ってきて、
J1降格組・ヴァンフォーレ甲府との対戦となりました。
前節で草津を破って勝敗を五分に戻した湘南と、
前節で初勝利をマークした甲府との戦い。
お互い守りの要を出場停止で欠く事態でしたが(甲府:秋本倫孝・桜井繁/湘南:ジャーン)、
果たして結果は…。
(※前節、甲府で退場になったのは池端陽介(DF)でしたが、
その後Jリーグより「本来退場になるべき選手が違っていた」とのことで、
池端に代わって桜井繁(GK)が今節出場停止となりました)

【J2リーグ第7節(お休み・愛媛FC(6))】

・湘南ベルマーレ(12) 1-0 ヴァンフォーレ甲府(7)(@平塚)
 (得点):石原直樹(湘南)
 (イエロー):永田亮太(湘南)、石原克哉、吉田豊(以上甲府)

今回もギリギリの勝負をなんとか勝って勝ち点3をものにした、という感じですね。

湘南はジャーンの出場停止により、CBには田村雄三が下がり、
空いたボランチにはルーキーの永田亮太が先発。あとは前節と変わらないメンバーでした。

風上の前半35分に、石原直樹のゴールで先制し、
風下に変わった後半は、甲府のシュートをなんとか堪え忍ぶ展開に。
(シュート数:湘南11本・甲府16本)
それでもGK金永基とDF陣、チーム全員でしっかりとハードワークをした成果が
こういう結果につながったと思います。

これで湘南は第8節が休み。休み前の7節は4勝3敗となんとか勝ち越して乗り切りました。
上位陣が混戦なだけに、なんとか休み後も食らいついていきたいところですね。
次節は第9節の岐阜戦(4/26 16:00@平塚)になります。
岐阜も絶好調なようなので、その勢いをなんとか跳ね返したいところですね。
では、第7節・残り6試合の結果も。

【J2リーグ第7節(お休み・愛媛FC(6))】

・モンテディオ山形(10) 1-0 横浜FC(10)(@NDスタ)
 (得点):坂井将吾(山形)
 (イエロー):小原章吾(山形)、アンデルソン(横浜FC)
 (退場):須藤右介(横浜FC・イエロー2枚)

横浜FCについに黒星。
山形勝利の原動力となったのは、レギュラーのツートップ(リチェーリ・豊田陽平)をそれぞれ
出場停止とケガで欠き、若い組み合わせとなったFW陣(長谷川悠・坂井将吾)。
若手が結果を出すと、チームに厚みができますね。

・アビスパ福岡(7) 1-5 FC岐阜(11)(@レベスタ)
 (得点):中村北斗(福岡)、片桐淳至×2、高木和正、梅田高志×2(以上岐阜)
 (イエロー):城後寿(福岡)、奈須伸也、川島眞也、梅田高志(以上岐阜)

昨日結果を見て一番ビックリしたのがこのゲーム。
福岡が前半に中村北斗のゴールで先制しますが、
後半に入って岐阜が猛反撃。後半11分~16分までのわずか5分で4点を叩き込み、
最後は梅田の2ゴール目でダメ押し。
福岡・リトバルスキー監督に「選手交代の準備をしている間に…」と言わしめた
あっという間の逆転劇でした。これで岐阜は4位に浮上。…第9節が怖い(苦笑)。

・ベガルタ仙台(11) 1-1 徳島ヴォルティス(8)(@ユアスタ)
 (得点):関口訓充(仙台)、大島康明(徳島)
 (イエロー):西河翔吾、ドゥンビア(徳島)

仙台としては勝ち点3が欲しかったゲームだったでしょうが、
関口のゴールで先制するも、徳島が交代で入った大島のゴールで同点にし、
そのままドローに。
徳島は今年、本当にしぶとい戦いを見せていますね。

・水戸ホーリーホック(6) 2-2 ロアッソ熊本(5)(@笠松)
 (得点):荒田智之、西野晃平(以上水戸)、河端和哉、中山悟志(以上熊本)
 (イエロー):上村健一、喜名哲裕、山本翔平(以上熊本)

水戸は前半2分という早い時間に先制しますが、それで逆に受けに回ってしまったようで、
熊本の河端・中山にそれぞれゴールを決められて逆転されてしまいます。
後半に西野のゴールで追いつき、合計24本ものシュートを浴びせましたが(熊本は7本)
結局ドローゲームに。
お互い勝ち点3を手にするチャンスはあったような試合でしたかね…。

・サガン鳥栖(12) 1-1 ザスパ草津(5)(@ベアスタ)
 (得点):藤田祥史(鳥栖)、後藤涼(草津)
 (イエロー):赤星拓(鳥栖)、氏原良二、山崎渡、松下裕樹(以上草津)

鳥栖もこの試合は勝ち点3が欲しかったはずですが、
途中出場・藤田のゴールで先制するも、草津も途中出場・後藤のゴールで同点に。
こちらもシュート数24本vs3本と鳥栖が圧倒的に押していたようですが、
結局はドローに。鳥栖は勿体ない試合でしたかね…。

・サンフレッチェ広島(14) 4-1 セレッソ大阪(9)(@広島ビッグアーチ)
 (得点):高萩洋次郎、佐藤寿人×2、森脇良太(以上広島)、オウンゴール(C大阪)
 (イエロー):李漢宰、ストヤノフ、青山敏弘(以上広島)、中山昇(C大阪)

今節注目の対戦は、広島がセレッソ相手に完勝。
1試合少ない6試合を消化して4勝2分け、負け無しの勝ち点14。
混戦から一歩抜け出した感じがありますね。

以上、全7試合の結果でした。
第7節を終了して、横浜FCに今期初黒星。
依然負け無しは広島、鳥栖の2チームとなりました。
また、最下位の草津・14位の熊本がともに引き分けて勝ち点1。
最下位でも勝ち点5というやはり混戦J2の様相を呈してきていますね。

第7節終了時点での順位は以下の通りです(カッコ内は勝ち点)。
1位:広島(14)
2位:鳥栖(12)
3位:湘南(12)
4位:岐阜(11)
5位:仙台(10)
6位:横浜FC(10)
7位:山形(10)
8位:C大阪(9)
9位:徳島(8)
10位:甲府(7)
11位:福岡(7)
12位:水戸(6)
13位:愛媛(6)※今節休み
14位:熊本(5)
15位:草津(5)
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする


本日のヴァンフォーレ


J2第7節。自宅にてラジオ聴戦。ちなみに外池さんが解説に見えてました(@_@;)



copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ