FC2ブログ

【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
2008年のJ2リーグ、昨日と今日は第5節の計7試合が行われました。

車掌地元の湘南ベルマーレは、ホーム・平塚に戻ってきて、
徳島ヴォルティスとの対戦となりました。
前節で連敗を止めた湘南、相手は今年まだ未勝利の徳島ということで、
3月をなんとか勝ち越しで終わりたかったところでしょうが…。

【J2リーグ第5節(お休み・サンフレッチェ広島(10))】

・湘南ベルマーレ(6) 2-3 徳島ヴォルティス(4)(@平塚)
 (得点):鈴木伸貴、ジャーン(以上湘南)、ドゥンビア、玉乃淳、阿部祐大朗(以上徳島)
 (イエロー):リンコン(湘南)、米田兼一郎、登尾顕徳、大島康明(以上徳島)

うーん…3月は結局2勝3敗の負け越しとなってしまいました。

湘南は、ジャーンがDFラインに復帰。リンコンもベンチに戻ってきました。
前半13分に鈴木伸貴のゴールで先制しますが、その後ドゥンビアに決められてしまい同点、
さらに前半終了間際の43分に玉乃に決められ、リードされて後半となります。
後半は、FWを梅田直哉→リンコンに替え、16分にジャーンのゴールで同点としますが、
後半31分に阿部のゴールで勝ち越しを許してしまいます。
その後、大山俊輔→加藤望、さらにはボランチの田村雄三→鈴木将太という攻撃的な選手の投入で
なんとか打開を図ろうとしたようですが、結局リードを許したまま試合終了。
徳島に今季初勝利をプレゼントする形となってしまいました。

3月は正直不本意な成績で終わった今シーズン。
4月は第8節の休みもあり、試合が4試合しかありません。
是非とも4試合全勝するくらいの勢いで臨んで欲しいところです。

では、第5節・残り6試合の結果も。

【J2リーグ第5節(お休み・サンフレッチェ広島(10))】

・ベガルタ仙台(9) 1-0 ザスパ草津(4)(@ユアスタ)
 (得点):中原貴之(仙台)
 (イエロー):菅井直樹(仙台)
 (退場):藤井大輔(草津・イエロー2枚)

仙台、大量22本のシュートを草津に浴びせて、なんとか1点をもぎ取って逃げ切り。
草津も健闘していたようですが、最後に藤井がイエロー2枚で退場となってしまい、
次節(vs湘南)には出られなくなります。

・モンテディオ山形(4) 0-0 ヴァンフォーレ甲府(4)(@NDスタ)
 (得点):なし
 (イエロー):リチェーリ(山形)、井上雄幾(甲府)

山形と甲府はスコアレスドロー。
甲府は4敗1分け、今季J2の中でまだ勝ち星がない唯一のチームとなってしまいました。

・水戸ホーリーホック(5) 2-2 横浜FC(9)(@笠松)
 (得点):堀健人、大和田真史(以上水戸)、アンデルソン、三浦淳宏(以上横浜FC)
 (イエロー):なし

水戸は勝ち点2を失った感じですね…。
前半に堀、後半17分に大和田のゴールで2-0とリードしますが、
横浜FCがアンデルソンと三浦淳宏のゴールで追いついて引き分けに。
横浜FCの渋太さはやはりと見るか…。なんだかんだでまだ負けがありません(2勝3分け)。

・セレッソ大阪(9) 1-0 FC岐阜(7)(@長居)
 (得点):酒本憲幸(C大阪)
 (イエロー):酒本憲幸(C大阪)、吉村光示(岐阜)

試合自体は岐阜の方が押していたようですが、セレッソがしっかり1点を取って逃げきり。
試合運びのうまさを見せたような感じがします。
ただ、岐阜は3月の5試合を2勝1分け2敗の五分でのスタート。上々ではないでしょうか。

・アビスパ福岡(7) 2-0 愛媛FC(6)(@レベスタ)
 (得点):大久保哲哉、グリフィス(以上福岡)
 (イエロー):ルダン、長野聡、タレイ、田中佑昌(以上福岡)

福岡がほぼ完勝と言っていいでしょう。
愛媛のシュートを5本に抑え、前半・後半それぞれ1点ずつを取って完封。
ちょっとイエローが多かったかもしれませんが…。

・サガン鳥栖(8) 1-1 ロアッソ熊本(4)(@ベアスタ)
 (得点):金信泳(鳥栖)、高橋泰(熊本)
 (イエロー):柴小屋雄一、日高拓磨(以上鳥栖)、福王忠世(熊本)

新・九州ダービー開幕戦は、お互いのチームの意地のぶつかり合いで
結局引き分けに。熊本も鳥栖相手に互角の試合運びを見せたようです。

以上、全7試合の結果でした。
第5節を終了して、負け無しは広島(今節休み)、横浜FC、鳥栖の3チーム。
一方で、甲府がまだ勝ち星がありません(4分け1敗)
以下の順位表を見てもわかるとおり、最下位のチームでも勝ち点4。
今年は想像以上の混戦J2になりそうな気配がします(って毎年書いているような気もしますが(苦笑))。

第5節終了時点での順位は以下の通りです(カッコ内は勝ち点)。
1位:広島(10)※今節休み
2位:横浜FC(9)
3位:C大阪(9)
4位:仙台(9)
5位:鳥栖(8)
6位:福岡(7)
7位:岐阜(7)
8位:湘南(6)
9位:愛媛(6)
10位:水戸(5)
11位:山形(4)
12位:甲府(4)
13位:熊本(4)
14位:草津(4)
15位:徳島(4)
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ