FC2ブログ

【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
2008年のJリーグ、今週末は第2節。
昨日と今日で計7試合が行われました。
なんだかJ1では優勝候補のあのチームがえらいことになっているようですが。

さて、車掌地元の湘南ベルマーレは、近距離アウェイ戦。
ニッパツ三ツ沢球技場(今年から名称変更)で、昨年J1を経験した横浜FCとの
久々の「神奈川ダービーマッチ@J2」となりました。
体制を大幅に替えてきた横浜FC、開幕では徳島に2-0で勝利。
一昨年J2を席巻した「ハマナチオ」が復活していれば、これは厄介な相手ですが…。

【J2リーグ第2節(お休み・サガン鳥栖(3))】

・横浜FC(6) 3-2 湘南ベルマーレ(3)(@ニッパツ三ツ沢)
 (得点):アンデルソン×3(以上横浜FC・うち2本PK)、加藤望、三田光(以上湘南)
 (イエロー):根占真伍(横浜FC)、斉藤俊秀、山口貴弘、田村雄三(以上湘南)

うーん…PKの2点が勿体なかった感じですね。

この試合、NHK-FM(横浜)で放送があったので、試合開始直後から後半10分ぐらいまで
聴いていました。状況としては、前半は横浜FCがかなり押していたようです。
始まって間もない5分に、アンデルソンのPKで先制すると、その後も試合を優位に進めていたようで、
湘南は前半30分過ぎまでシュートを1本も打たせてもらえなかったようです。
後半の入り際では湘南が押すシーンもあったようですが、後半開始早々に再びPKで失点。
その後、大山から交代で入った望さんが1点を返しましたが、
山口→鈴木将太の交代で3バックになったんでしょうかね?(このあたりは聴いていなかったので)
その直後にみたびアンデルソンに決められてしまいました。
すぐあとに三田がゴールを決めて再度1点差にしましたが、結局そこまででしたね。

今日のスタメンは、開幕戦で控えだったリンコンがスタメン出場。
変わって阿部ちゃんが控えに回り、また控えDFには鈴木伸貴が入りました(試合出場は無し)。
ただ、今日はアジエル-リンコンのホットラインを、横浜FCが徹底的に潰していた、
放送からはそんな感じを受ける内容だったと思います。

今日は残念な結果になってしまいましたが、気持ちを切り替えてすぐに広島戦。
なんとか独走だけは阻止して欲しいところです。

では、第2節・残り6試合の結果も。

【J2リーグ第2節(お休み・サガン鳥栖(3))】

・セレッソ大阪(3) 1-3 モンテディオ山形(3)(@長居)
 (得点):古橋達弥(C大阪)、豊田陽平、オウンゴール、小原章吾(以上山形)
 (イエロー):アレー(C大阪)、宮崎光平、リチェーリ、渡辺匠(以上山形)

セレッソにも早くも黒星。土をつけたのは、セレッソを率いた経験もある
小林(伸二)監督が率いる山形。セレッソは、前半終了間際のオウンゴールでの失点が
痛かったでしょうかね…。

・ロアッソ熊本(3) 2-1 ザスパ草津(0)(@熊本)
 (得点):高橋泰×2(以上熊本)、喜多靖(草津)
 (イエロー):有村光史、山内祐一(以上熊本)、石亀晃、氏原良二、藤井大輔(以上草津)

熊本、ホーム開幕戦で記念すべきJ初勝利をマーク。
草津・喜多のゴールで先制を許したものの、
後半33分・34分に高橋泰が連続ゴールで逆転し、そのまま逃げ切りました。
草津は開幕2連敗。

・FC岐阜(0) 0-1 ベガルタ仙台(3)(@長良川)
 (得点):オウンゴール(仙台)
 (イエロー):日野優(岐阜)、梁勇基、岡山一成(以上仙台)

仙台、今季初白星。開幕戦で勝ち点1を取った岐阜は、ホーム開幕戦での勝利ならず。
試合自体も、岐阜がシュートわずか5本だったのに対し、仙台は14本と押していたようです。
…しかし、オウンゴールの1点だけとは(苦笑)。
お互いちょっとやりきれないゲームになってしまったのではないでしょうか。

・アビスパ福岡(3) 2-1 水戸ホーリーホック(0)(@レベスタ)
 ※レベスタ=レベルファイブスタジアムの略。昨年までの「博多の森」。
 (得点):黒部光昭、タレイ(以上福岡)、西野晃平(水戸)
 (イエロー):タレイ、黒部光昭(以上福岡)、小澤雄希(水戸)

開幕節がお休みだった福岡は今日が開幕戦。ホームで勝利を飾りました。
昨年と大幅にメンバーが入れ替わってどうなるかな…と思っていましたが、
やはりこのチームも侮れません(湘南は特に福岡は相性悪いんだよなあ…)。

・ヴァンフォーレ甲府(2) 0-0 徳島ヴォルティス(1)(@小瀬)
 (得点):なし
 (イエロー):池端陽介(甲府)、玉乃淳(徳島)

甲府、ホーム・小瀬での開幕2連戦は、まさかの2引き分けでのスタートに。
しかも今日はスコアレスドロー。降格組では一番下からのスタートになってしまいました。
徳島はとにもかくにもまず勝ち点1を獲得。

・サンフレッチェ広島(6) 3-0 愛媛FC(3)(@広島ビッグアーチ)
 (得点):高萩洋次郎×2、佐藤寿人(以上広島)
 (イエロー):平繁龍一、久保竜彦(以上広島)、若林学(愛媛)

瀬戸内海を挟んで対岸にあるチーム同士の対戦は、広島が力を見せつけたような内容に。
シュート数では愛媛の方が上でしたが、広島は決めるべき人がしっかり決めての快勝。
降格組3チームの中では、一番上に躍り出ました。

以上、全7試合の結果でした。
開幕2節を終了して、2連勝したのは降格組の広島と横浜FCのみ。
(前節休みの福岡、今節休みの鳥栖はともに1勝0敗)
この2チームが勝ち点6で飛び出し、あとは勝ち点3に
上記福岡、鳥栖をはじめ、湘南を含めた8チームが並ぶ大混戦。
以下、甲府(2)、岐阜(1)、徳島(1)、草津(0)、水戸(0)(草津・水戸は同順位)と続いています。
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ