【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:徒然な日記
もうすぐ2006年が終わろうとしています。皆さんにとってどんな1年でしたか?

車掌のこの1年、一言で言うと「届きそうで届かなかった年」だと感じています。
仕事探しも、色々とこちらから動いてみたり、また紹介していただいたりと
あったのですが、自分の今の状態や条件面などでこっちからお断りすることもあれば、
こちらが望んでいて面接までこぎ着けても、残念ながら…ということもありました。
ただ、11月に入ってから、それまでは話のテーブルにもたどり着けなかったことが
多かったのが、だんだんと話が進むことも多くなってきたので、
少しはいい方向へ向かっているのかな…と思いながら、来年もまた
まずはいい仕事に巡りあいたいと思います。

ネーハイシーザー産駒関連では…今年の2歳(年が明けて2007年の3歳)が
いよいよ最後の産駒となりました。この世代、誕生は7頭確認しているのですが、
現時点での登録馬がJRAで2頭、大井で1頭の3頭のみ。残り4頭が
これから登録してくるのか、それとも登録しないままに終わってしまうのか…は
わかりませんが、残った産駒で一つでも上の順位を目指して欲しいですし、
また車掌もその動向を逐一追っていきたいなと思います。あと、来年は
しばらく行けていなかった北海道に行き、ネーハイシーザーが今いる
大道牧場にお邪魔するのと、ばんえい帯広へ現地参戦したいなと思っています。

その他趣味などではかなり色々あった年でした。
1月…CASIOPEA with Synchronized DNA TOUR「SIGNAL」の東京公演(厚生年金)。
4月…ネットを通じて知り合った方と、アイススケートショーを見に(新横浜)。
6月…羽根モノの「みなし機」撤去期限のため、茨城・A店へ遠征に。
7月…リフレッシュもかねて東北旅行。
8月…CASIOPEAの活動休止発表。
8月…THE ALFEEの夏イベに誘われ、初参加(横浜・赤レンガパーク)。
8月…三四六さん信州縦断ライブツアーの、佐久市コスモホール公演に参加。
9月…中学時代からの友人に誘われ、杉山清貴さんのアコースティックライブに(茅ヶ崎)。
12月…辛島美登里さんの恒例のクリスマスコンサートへ(すみだトリフォニー)。

…ってか、8月に集中してますね(苦笑)。

来年は、今年以上にアクティブにいきたいな、と思います。
できれば携帯(willcom)の機種変をして(まだかい(爆))、カメラ付きの機種にして
携帯経由でちょこちょことブログ更新もしていければいいなと思います。

最後に、今年1年このひとりごとに付き合っていただき、
本当にありがとうございました。
来年も同じようなペースで、結構適当なことを書いていくと思いますので、
気にせず付き合っていただければと思います(苦笑)。

2007年が、皆様にとってよい1年でありますように…。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/31)の出走…出走はありませんでした。

明日(2007/1/1)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・エムジェイシーザー(愛知)
 →名古屋8R(はしやんねっと盃(B7)・ダート1400m・9頭)発走:14:40

昨日時点ではまだわかっていなかったのですが、新年最初の出走はこの馬になります。

大井から移籍してこれまで4走しましたが、4走とも2秒以上離されての
8着・9着という着順。前走は久々に1400m(全2勝がこの距離)ということで
期待したのですが、前に行けずに結局後方のままでした。そこからあまり
間隔を空けずに来ましたが、どこまでやれるでしょうか…。

明日出走ということで、換算タイム計算シートでのシミュレート比較も
いつものようにアップしてあります。
1/1・名古屋8R(エムジェイシーザー・9番)能力比較

うーん…正直厳しいですね(苦笑)。
偏差値は5番手評価ですが、肝心のCP指数が8番手とちょっと低いです。
ここ4走を見るとまだ走る気が戻ってきていないのかなという感じもしますが、
年が改まっての初戦、変わってくればと思います。

明後日(2007/1/2)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・カイジンドン(愛知)
 →名古屋2R(サラC12組・ダート1600m・7頭)発走:11:15

年明けは名古屋で2日連続出走になります。2日に出走予定はこの馬です。
前走はC10組でダート800m戦。後手を踏んでしまい、結局9着と
大きく敗れてしまいました。それまでは掲示板内を外さない堅実な走りで、
前々走の1300m戦(C11組)では2着(0秒1差)と、連対圏に突入しています。
今回は距離が若干長いかな…という気もしますが、少なくとも前走の800mよりは
じっくり追走できるでしょう。頭数が少ないここは、ある程度前の方に
つけられた方がいいのかもしれませんね。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/30)の出走…以下1頭が出走しました。

・オリーブサンライズ
 (水沢2R・C3(ダート1400m・11頭))→4着(0秒6差)

最後も掲示板確保。前走より着順をひとつ上げ、今年を締めくくってくれました。
スタートは他の馬とほぼ互角。スタート後に内寄りに進路を取り、
馬群の後方(全体では後方2番手)からのレースとなりました。
3角あたりから早くも動きだし、4角では6番手までポジションを上げ、
直線では3頭の2着争いに食い込むところまで追い上げてきたのですが、
クビ+アタマ差で残念ながら4着。ただ、ブービー人気だったことを
考えると(…ってそんなに人気無かったんですか(苦笑))、これはもう
十分いい走りをしてくれたと思います。岩手での初勝利は来年以降に
お預けとなりましたが、展開一つでは突き抜けそうな感じも見せてくれました。
来年以降が非常に楽しみになってきました。期待したいです。

明日(12/31)の出走予定…出走予定はないようです。

明後日(2007/1/1)の出走予定…出走予定はないようです。
DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
今日は、サッカーの天皇杯準決勝2試合が行われました。以下に結果アップしておきます。
(詳細結果は以下リンク先よりご確認下さい)
http://jfa.sportsinfo.jp/2006/EmperorsCup/20061229.html
(日本サッカー協会・天皇杯特設サイト)

・浦和レッズ(J1) 2-1 鹿島アントラーズ(J1)(@国立)
得点:40min-小野伸二(浦和)、69min-岩政大樹(鹿島)、82min-ポンテ(浦和)

ちょこちょこテレビ観戦してました。小野はポンテの得点もアシスト
(しかもヒールパス)。鹿島はチーム10冠を狙いましたが、夢かなわず。
アウトゥオリ監督(今季で退任)、本田泰人選手(MF・引退表明)にとっても
最後のゲームとなってしまいました。

・ガンバ大阪(J1) 2-1 コンサドーレ札幌(J2)(@エコパ(静岡))
得点:18min-加地亮、52min-前田雅文(以上G大阪)、54min-相川進也(札幌)

こちらは上の試合よりかなりじっくり見てました。前田の2点目は
ちょっと見逃したのですが、オフサイドじゃなかったのか…という意見も
あるようです。その後の相川のボレーシュートは見事でしたが、
J2勢で唯一健闘していた札幌も、ここでついに力尽きました。
こちらも、今季で札幌を退任する柳下監督にとって、最後のゲームに。
試合内容は互角だったと思いますし、札幌もよくチャンスを作って
よく走っていたと思います。あのサッカーができれば、来期はJ1昇格の
有力候補になることでしょう。

準決勝の2試合は、ともにタイトなゲームでした。
札幌の「下克上」は準決勝で途切れ、元日の決勝は結局
今季リーグ戦の上位を争った2チーム(浦和は優勝、G大阪は3位)での
対戦となりました。

・浦和レッズ(J1)-ガンバ大阪(J1)(@国立・2007/1/1 14:00)

いよいよ元日国立決戦。国立が赤と青で埋まりそうです。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/29)の出走…出走はありませんでした。

明日(12/30)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・オリーブサンライズ(岩手)
 →水沢2R(C3・ダート1400m・11頭)発走:11:00

大晦日の出走予定がないため、この馬が今年最後のネーハイシーザー産駒の
出走となります。いつも通り、換算タイム計算シートでシミュレートしてあります。
12/30・水沢2R(オリーブサンライズ・9番)能力比較

偏差値は8番手、CP指数は7番手の評価ですね。
コメントは「厳しそう」となっていますが、なんとか掲示板に届くだけの
走りは見せているので、もう少し上に行ければ…という感じがします。
今年最後の出走、無事にレースを終えて、着順が上だったらいいなあ…と
思っています。

明後日(12/31)の出走予定…出走予定はないようです。
DATE: CATEGORY:ブログルポ
この記事は、キレイの法則協賛のブログ記事コンテストにエントリー中です。


ファッションブログ記事コンテスト powered by Stylife & ブログルポ


シェアブログstylifeに投稿
※ブログ記事コンテスト開催中(-12/28まで)、上から3段目に表示します。

今回のテーマは、車掌がもっとも苦手とするところの(苦笑)「ファッション」
普段自分が着ていく服もあまり気にしたことないですし、まあコンサートなど
行くときには、少しは気を遣うかなと。でもそれぐらいですね。
ほとんど自分の洋服やスタイルに関しては、「見た目より機能性」重視です(笑)。

で、ブログのテーマは「男が思うキレイな女性」にしてみました。独断偏見大いに込みです(笑)。

キレイな女性ですか…。なかなか難しいですね。
キレイな女性って、「自分が女性であることに誇りを持っている」感じがするんですよね。
それは、外見でも内面でも。

外見がキレイに見えるからといっても、内面がそうじゃない女性って、
正直あまり魅力は感じないです。むしろ、外見は程々かもしれないけれど、
内面で「キレイ」さを十分に現している女性の方に、どっちかといえば魅力を感じますね。
ただ、その「内面でのキレイさ」を出すことがなかなか難しいんでしょうが…。
また、内面のキレイさを感じるには、ある程度その女性と接してみないと
わからないことが多いと思うんですよね。だから、パッと見た女性に対して
外見では「あ、キレイだな」と思うかもしれませんが、もし何らかの縁で
付き合うようなことになっても、内面の「キレイ」さが見えないと、おそらく
長続きしないような気がします…って、「人生=彼女いない歴」の車掌が言っても
なんの説得力もない気がしますが(爆)。

外見はもちろん人それぞれだし、その人の心ももちろん人それぞれでしょうが、
その中でいかに「キレイになる」ための努力をしているか。それが見える女性って
輝いていると思うんですよね。そういう女性がもっと増えて欲しいな、と思います。

※最後まで読んでいただきありがとうございました。ブログルポ記事コンテストに
 参加中です。良かったら以下から評価していただければ幸いです。
この記事に点数をつける
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/28)の出走…出走はありませんでした。

明日(12/29)の出走予定…出走予定はないようです。

明後日(12/30)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・オリーブサンライズ(岩手)
 →水沢2R(C3・ダート1400m・11頭)発走:11:00

2006年、もしかしたら産駒最後の出走になるかもしれません
(大晦日の出走表はまだ未定ですが)。

この馬自身は、ここ2走連続5着と掲示板をなんとか確保しています。
後方(7~8番手)を追走して、直線で差し込んでくるというここ2走の競馬。
盛岡の最後3走時と同じように、少し競馬の内容がよくなってきたようです。
前走は1秒7差でしたが、前々走は0秒5差。どうしても後方から差し込む
競馬内容なので、その時の相手や展開によって着差が変わってきますが、
この競馬で安定した内容を見せられれば、今回も楽しみだと思います。
できれば、もう少し着順が上だと嬉しいのですが…(苦笑)。
DATE: CATEGORY:その他競馬全般
先日のばんえい競馬の存続に関しては、自分も少しは力になれたのかな…と
思いますが、活動があそこまで盛り上がるとは嬉しい限りです。ただ、今はまだ
「暫定1年存続」が決まったばかり。これを永続にさせるために、
車掌も少しずつ馬券購入などでサポートしていきたいなと思います。
(オッズパークとSPAT4の登録が完了したので、先程入金してきました(笑))

さて、ばんえい競馬は一難を逃れたと言ってもいいかもしれませんが、
こんどは「高知競馬」が危ない状況にあるようです。

「高知競馬、存続の危機 年末年始で750万収益なければ…」(sanspo.com)

高知競馬は、以前から結構存廃に関する問題が出ていたところです。
ただ、そんな中でも、予算を切り詰めるだけ切り詰め、ここまで凌いで
来たのですが、今度は本当にまずいかもしれません。高知競馬の運営は、
四半期ごとに赤字の調査を入れ、赤字になった瞬間に廃止という、
かなりのタイトロープ状態で運営されてきました。これまでは必死の経費切り詰めや
剰余金の使用などで乗り越えてきたのですが、もはやそれも尽きてしまったのです。

高知競馬には、以前中央で走っていた馬も一杯います。
また、現在最高齢出走記録(15歳)を更新中のオースミレパード
(1994年クラシック世代・ナリタブライアンなどと同期)や、
地方競馬最多勝記録(現在47勝)を更新中のエスケープハッチ(アラブ)など、
記録に残る名馬もいますし、別府真衣・森井美香といった、若手女性騎手も
頑張っています(2人とも現在開催中のLJS(レディース・ジョッキーシリーズ)に
参加中、別府騎手が首位、森井騎手が5位)。もちろんその他の騎手や
競馬関係者の方々も、頑張っておられる方々がたくさんいるはずです。

ばんえい競馬は一つの難関をクリアしました…が、
今度は高知競馬。なんとか存続にこぎ着けてほしいものです。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/27)の出走…以下1頭が出走しました。

・ブラウンミッシェル
 (大井9R・スカイパーフェクTV!賞(B1二・B2二)(ダート1600m・14頭))
 →13着(4秒4差)

うーん…やはりまだまだ本調子には遠い感じがしますね。
前走で張田京騎手が果敢にハナを切ってくれたこともあって、
今日もスタートほぼ五分から先頭集団に取りつく競馬。最終的には
道中前3頭を見ながらの単独4番手での追走となりました。そのままいい感じで
レースを進め、3角では一瞬3番手まで上がったのですが、その後は
もう脚が上がってしまったようで、結局は12着の馬からさらに7馬身離されての
ブービーに。前に行くようにはなってきましたが、まだ粘れるだけの
脚が戻ってきてないようですね。少し時間がかかるかもしれませんが、
粘り強く使っていって欲しいなと思います。

明日(12/28)の出走予定…出走はないようです。

明後日(12/29)の出走予定…出走予定はないようです。
DATE: CATEGORY:ブログルポ
ブログルポ記事です。今回は、デキる男のちょいワル投資をご紹介。

「投資にもちょいワルなんてあるの?」と思われた方も多いでしょう。
ここでも実際に、FXや株・投資信託などの投資についての記事を書きましたが、
今回の投資はちょっと違います。それは、なんと「ラブホテル」に投資する
「ラブホ・ファンド」のことなんです。

ちなみに、投資の基準について、有名な投資家であるピーター・リンチが
以下のように述べています。

・自分の理解できる企業に
・時間と手間を集中する
・投資理由を単純に説明できる


上記3つが投資の基準だそうです。

で、今回のデキる男のちょいワル投資
何故対象が「ラブホテル(レジャーホテル)」なんでしょうか?
それには、この産業独自の理由があります。

【1.「休憩制度」の存在】
→通常のホテルの場合、普通は泊まるだけなので、1つの部屋は1昼夜で
 1回転しかしません(常時満室でも、客室の回転率は100%ということですね)。
 しかし、レジャーホテルには「休憩」という制度があります。これにより、
 1日に3~5組が同じ客室を使うことで、客室の回転率はなんと300%を超えます。

【2.「エリア集客力」という力】
→レジャーホテルの場合、いわゆる「ホテルを指名する」という人は少なく、
 どっちかといえば「あのあたりにレジャーホテルがいっぱいあるから
 行ってみよう」という人が大半を占めます。そのため、付近に同じような
 レジャーホテル(競合他社)が出店しても、パイを奪い合うのではなく、
 むしろ「エリア集客力」が高まることにつながります。
 そのため、それぞれのホテルの稼働率は、極端に落ちるということはまずないです。

【3.実は歴史の長い産業】
→実は、レジャーホテルの産業は、そのルーツをひもとくと、江戸時代から
 存在することになるのです。景気にもあまり左右されないため、
 継続安定性があります。

プランの中には、単一のホテルで投資するプランもあれば、
複数のホテルを組み合わせて投資するプランもあります。
また、バナーにもあるように「年利8.4%(予定)」という高利回りも魅力、
投資単位は1口50万円からで手数料もなし、という条件が揃っています。

既に、経済誌や「R25」などでも取り上げられているこのファンド。
ちょっと覗いてみては…って変な意味じゃなくて(苦笑)、気になる方は
このファンドの正体を見てみてはいかがでしょうか?

デキる男のちょいワル投資
DATE: CATEGORY:ブログルポ
この記事は、ジョブデパ協賛のブログ記事コンテストにエントリー中です。


あなたの探している希望の仕事がきっと見つかるジョブデパ
あなたの探している希望の仕事がきっと見つかるジョブデパ


シェアブログjobdepaに投稿

今日は、車掌のアルバイト経験について、ちょっと書いてみようと思います。
とは言っても、車掌もあまりアルバイトしたことがなく、大学時代には
高校の時まで通っていた塾で講師をしただけでしたね。

社会人となり、プログラマーとして働き、心身共に調子を崩してしまい、
残念ながら会社を辞めざるを得なかったあと、しばらく休養してから、
近くの本屋でアルバイトを募集していたので、本屋の雰囲気が好きな車掌は
すぐに応募して、運良くお世話になることができました。

最初の半年間はレジ専任業務で、ひたすらお客さんと応対しているだけ
でしたが、その後ある売り場を任されました。それが、「洋書・楽譜」
コーナーでした。店自体はあまり大きいとはいえない本屋なのですが、
某大手チェーン店ということもあり、洋書・楽譜はこれまでずっと置いてきて
あったので、そこを任せてもらえたのは嬉しかったですね。

特に、車掌が思いっきり力を入れたのは「洋書」の方でした。
何とかして売り上げを上げたい、そのためにはどうするか…色々考えつつ、
ポップも自分で作ったり、またちょうどその頃は「ハリポタ」の英語版が
日本語版に先駆けて発売されていた時期(だいたい、日本語版が発売される
1年ぐらい前に、英語版が先に発売されてましたね)だったので、
「ハリポタ」の品切れだけは起こすまい、という感じでした(笑)。
その他で売れていたのは…やっぱり「ダ・ヴィンチ・コード(ダン・ブラウン)」の
英語版ですかね。日本語版も映画も大ヒットしたこの作品ですが、
やっぱり英語版のPB(ペーパーバック)は結構売れていきましたね。
(ダン・ブラウンは結構人気があったのか、他の作品も割と売れていきました)
その他にも、色々な本やPBを取り扱っていきました。正直、楽譜よりも
洋書の方に思いっきり力を入れていたのは、今だから話す公然の事実です(苦笑)。

で、洋書を担当しているとなると、何が起こるかというと…
「外国からのお客さんの応対は全部自分に回ってくる」
という事実(笑)。いや、冗談抜きで、車掌が休憩中で控えの部屋にいたときも、
外国からのお客さんで英語を話される人が来たときは、他の店員の方で
対応しきれなかったのか(それともハナから諦めてたのか(苦笑))、
ほとんど自分が対応していたのを覚えています。とは言っても、車掌の英語力も
結構怪しいものだったんですけれどね(苦笑)。

そんなこんなで、本屋には2年半勤めていましたが、そろそろ新しいところで
スタートしたいな…と思って本屋を辞めて、その後行き先が決まらないまま
もうすぐ2年になります(苦笑)。いまでもその本屋には時々寄るのですが、
車掌があれだけ力を入れていた洋書と楽譜のコーナー、今は両方とも
姿を消してしまいました…。

コーナーが無くなったのがわかったときは非常に寂しかったですが、
車掌は2年半の間、初めての接客業ということもあり、貴重な体験を
させてもらいました。今でもいい思い出です。

※最後まで読んでいただきありがとうございました。ブログルポ記事コンテストに
 参加中です。良かったら以下から評価していただければ幸いです。
この記事に点数をつける
DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
J2・湘南関連で、今日大きな動きがありました。
(以下リンクはいずれも湘南公式サイト)

まず午前中判明したのが、
「柿本倫明選手(FW) セレッソ大阪より復帰」

ミチ戻ってキター!

ミチ(柿本)には是非戻ってきて欲しいと思っていました。
とりあえず、現時点での湘南のFWが、石原直樹・森谷佳祐の若手2人と、
怪我からリハビリ中の梅田直哉、それに先日山形から移籍加入となった
原竜太、以上4人しかいなかったので、ミチの復帰は本当に嬉しいです。
J1で1年間揉まれたその成果を、来年のチームに反映させて欲しいと思います。

…で、午後に判明したのが、
「佐藤悠介選手(MF) 東京ヴェルディ1969へ移籍」

…orz…

湘南関連で今年一番ショックなニュースでした。
来年の湘南の中盤、誰が仕切るんですか?
ここ2年の湘南の軸(攻守両方)は、間違いなくユースケ(佐藤悠介)でした。
その要の軸がいなくなる…来年はどういうチーム作りになるんでしょうか?
アジエル頼みじゃ徹底マークでやられると思うので、他の選手でも
ゲームを作れるような選手が出てきて欲しいところです。

続きを読む »

DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/26)の出走…出走はありませんでした。

明日(12/27)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・ブラウンミッシェル(大井)
 →大井9R(スカイパーフェクTV!賞(B1二・B2二)・ダート1600m・14頭)発走:16:30

明日出走。いつも通り、換算タイム計算シートでシミュレートしてあります。
12/27・大井9R(ブラウンミッシェル・12番)能力比較

うわ、明確に低い…(苦笑)。
偏差値はメンバー最下位、CP指数でも13番手の評価。
さすがに復帰後3走を見ると、まだ復活にはちょっと厳しい状態であることは
否めないと思います。今回もあまりいい材料は並びませんが、一つでも上の順位で
フィニッシュして欲しいと思います。

明後日(12/28)の出走予定…出走予定はないようです。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/25)の出走…出走はありませんでした。

明日(12/26)の出走予定…出走予定はないようです。

明後日(12/27)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・ブラウンミッシェル(大井)
 →大井9R(スカイパーフェクTV!賞(B1二・B2二)・ダート1600m・14頭)発走:16:30

ブラウンミッシェル、連闘で出走です。
前走は浦和のマイル戦(師走特別・A3以下ハンデ)。果敢にハナを切って
道中は積極的なレース振りを見せました。残念ながら結果は最下位に
終わってしまいましたが(4秒1差11着)、久々に前に行くこの馬を見られたのは
収穫だったと思います。そこから連闘での大井出走になりますが、
今回は斤量+2kg、鞍上も張田京騎手(船橋)から再び矢野貴之騎手(大井)へ。
ちょっと強調できる材料が少ないかな…という気がします。でも、前走で
レース勘を取り戻してくれていれば、少しは上へ行けそうかなとも思います。
DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
今日は、サッカーの天皇杯準々決勝4試合が行われました。以下に結果アップしておきます。
(詳細結果は以下リンク先よりご確認下さい)
http://jfa.sportsinfo.jp/2006/EmperorsCup/20061223.html
(日本サッカー協会・天皇杯特設サイト)

・浦和レッズ(J1) 3-3(PK10-9) ジュビロ磐田(J1)(@埼スタ)
得点:31min-前田遼一、46min-福西崇史(以上磐田)、54min-永井雄一郎、63min,80min-小野伸二(以上浦和)、81min-犬塚友輔(磐田)

後半開始早々にジュビロが2点目を決めるも、浦和はそこから猛反撃で逆転、
しかし磐田もすぐに追いつき、結局PK戦での決着に。このPKスコアも
壮絶ですね…。

・鹿島アントラーズ(J1) 3-2 清水エスパルス(J1)(@熊本県)
得点:10min,50min-矢島卓郎(以上清水)、54min-田代雄三、79min-本山雅志、88min-柳沢敦(以上鹿島)

清水が2点をリードするも、鹿島が怒濤の反攻を見せて同点に追いつき、
最後は柳沢のゴールで勝ち越して準決勝進出。10個目のタイトルへ向けて…。

・ガンバ大阪(J1) 3-1 横浜F・マリノス(J1)(@神戸ユニバー)
得点:2min-坂田大輔(横浜FM)、8min-播戸竜二、69min-家長昭博、76min-マグノ・アウベス(以上G大阪)

横浜FMが坂田のゴールで早々に先制するも、ガンバの攻撃陣が奮起して
逆転勝ち。ガンバは今年リーグ戦3位、カップ戦で優勝を狙えるところまで。

・ヴァンフォーレ甲府(J1) 0-2 コンサドーレ札幌(J2)(@ユアスタ)
得点:0min-オウンゴール、73min-加賀健一(以上札幌)

札幌、開始早々(50秒ぐらいだったそうです)のオウンゴールで先制すると、
追いすがる甲府を加賀のゴールで突き放し、これでJ1の3チームから勝利。

というわけで準々決勝の全4試合が終了。
札幌が4回戦(vs千葉)・5回戦(vs新潟)に続く「下克上」を見せました。
クラブ史上初のベスト4だそうです。札幌がどこまで快進撃を続けるか、楽しみです。

今日の結果により、準決勝の対戦相手と会場は次のようになります。
(2試合とも12/29開催・キックオフ時間は会場名の後に明記)

・浦和レッズ(J1)-鹿島アントラーズ(J1)(@国立・15:00)
・ガンバ大阪(J1)-コンサドーレ札幌(J2)(@エコパ(静岡)・13:00)

J2勢で唯一残った札幌は、今年J1リーグ3位のガンバ大阪との対戦。
会場が静岡ということもあって、どっちのチームへの声援が多くなるか
楽しみな1戦です。さあ、残るは準決勝、そして元日の決勝戦です。
DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
明日(12/23)、サッカー・天皇杯の準々決勝4試合が各地で行われます。
対戦カードと会場・キックオフ時間は以下の通り。

・浦和レッズ(J1)-ジュビロ磐田(J1)(@埼スタ・13:00)
・鹿島アントラーズ(J1)-清水エスパルス(J1)(@熊本県・15:00)

・ガンバ大阪(J1)-横浜F・マリノス(J1)(@神戸ユニバー・15:00)
・ヴァンフォーレ甲府(J1)-コンサドーレ札幌(J2)(@ユアスタ(仙台)・13:00)

で、J2的な話題(苦笑)は一番下の甲府vs札幌です。

甲府は、昨年J2で3位に躍進し、入れ替え戦で柏を破りJ1昇格。
札幌は、今年の天皇杯でJ2勢唯一勝ち残ったチーム。
しかも、会場がJ2・ベガルタ仙台のホームスタジアム、ユアテックスタジアム仙台。

J2サポが集まる掲示板(J2Digest)があるのですが、そこでは明日の甲府vs札幌戦で
どっちを応援しようか迷っている方々が結構いらっしゃるようで(苦笑)。
ちなみに、この試合の前に、今季限りで現役を引退する堀井岳也選手(甲府)の
セレモニーもあるということで、ちょっと他の試合とは違った雰囲気になりそうです。

J2を先に卒業したチームと、J2で唯一残ったチームとの対戦。
何故こんな対戦になってるの…とも思いますが(苦笑)、両チームとも
精一杯のプレイで見せて欲しいと思います。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/21)の出走…以下3頭が出走しました。

・インタークイーン
 (浦和4R・3歳 八九十(ダート1400m・12頭))→12着(5秒5差)
・カイジンドン
 (名古屋5R・サラC10組(ダート800m・10頭))→9着(1秒8差)
・ブラウンミッシェル
 (浦和10R・師走特別(A3以下・ハンデ)(ダート1600m・11頭))→11着(4秒1差)

…orz。
2頭が最下位、1頭がブービーですか…。

まずは浦和4Rのインタークイーンから。
スタートで特に出遅れた感はなく、いつも通り先団の2番手あたりにつけました。
しかし、3角に入る手前で既に手応えが怪しい状態。そのまま後方に
ズルズル下がっていき、最後はブービーの馬から7馬身(1秒4)差を
つけられての最後着入線。どうもここ最近粘りがなくなっているようですね…。
ちょっと調子が戻るには時間がかかるかもしれません。

続いて、名古屋5Rのカイジンドン。
こちらもスタートで遅れた感じはなかったのですが、最内枠である程度
前に行くかな…と思ったら、なんと3角では最後方。800m戦でこの位置取りでは
さすがに厳しかったですね。最後も1頭かわしただけでした。
ここしばらくいい戦績だっただけに今日はちょっと残念ですが、
適距離と思われる1400m前後に戻れば、また好勝負してくれるでしょう。

最後は、浦和10R・師走特別のブラウンミッシェル(大井)。
こちらもスタートはほぼ互角。そして、今日はなんと久々にハナに立つ競馬。
さすがに3~4角あたりでちょっと一杯になった感じがしましたが、
大井に移籍後の前2走では見られなかった積極性が見られたのは、
今回ある程度好材料かなと思います。着順は…まあ、最下位でしたが(苦笑)。
船橋で勝ち鞍を重ねていた時期も、割と積極的な競馬が目についたので、
今後このような競走をしていけば、そのうちまた好走できるんじゃないかと
思います。今後に期待したいです。

明日(12/22)の出走予定…出走予定はないようです。

明後日(12/23)の出走予定…出走予定はないようです。

12/24のJRA開催場(中山・阪神・中京)での出走予定…出走予定はないようです。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/20)の出走…出走はありませんでした。

明日(12/21)の出走予定…以下3頭が出走を予定しています。

・インタークイーン(浦和)
 →浦和4R(3歳 八九十・ダート1400m・12頭)発走:12:10
・カイジンドン(愛知)
 →名古屋5R(サラC10組・ダート800m・10頭)発走:13:00
・ブラウンミッシェル(大井)
 →浦和10R(師走特別(A3以下・ハンデ)・ダート1600m・11頭)発走:15:30

3頭が出走ということで、明日はちょっと慌ただしくなりそうです。
各馬のシミュレート比較のシートもアップしておきます。

まずは、浦和4R・インタークイーンから。
12/21・浦和4R(インタークイーン・9番)能力比較

近2走が今ひとつなだけに、ちょっと数値も落ち気味ですね。
偏差値、CP指数、ともに11番手の評価です。とにかく、前々走や3走前のように
前に行って粘り込む競馬ができればと思います。

続いて、名古屋5R・カイジンドン。
12/21・名古屋5R(カイジンドン・1番)能力比較

こちらはまずまずでしょうか。偏差値は6番手、CP指数は4番手の評価です。
最近、尾崎章生騎手と宇都英樹騎手が結構交互に乗っているこの馬ですが、
今回は宇都英樹騎手。シート上では「この鞍上」というコメントも出ているので、
距離がちょっと短いとは言え、なんとか格好はつけてくれるでしょう。

最後は、浦和10R(メイン)のブラウンミッシェル(大井)。
12/21・浦和10R(ブラウンミッシェル・5番)能力比較

評価はちょっと割れました。偏差値では9番手と低い評価ですが、
CP指数では6番手評価、しかも激走指数が「14」と断トツの数値。
要は、この条件なら走ってきてもおかしくないということなんでしょう。
今回はハンデ戦なので、斤量が56kg→54kgに減るのも好材料。
条件は前走より確実に好転しているので、是非ここで巻き返して欲しいところです。

明後日(12/22)の出走予定…出走予定はないようです。
DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
ちょっと湘南とは関わりのない話なのですが、
Jリーグの移籍動向を追っていて、なんだか妙な話を見つけました。

まず以下。J1復帰を決めたヴィッセル神戸の、契約非更新選手です。
(以下、リンク先はいずれも神戸の公式サイトです)
「来期の契約を更新しない選手について」(12/10)
この中に、FWでレアンドロという選手がいるのを覚えておいてください。

で、覚えていただいたところで、今日の記事。
「 ナショナルA.C.よりFWレアンドロ選手期限付移籍決定」(12/19)

…一瞬頭の中が混乱しました(苦笑)。

同一人物ではないのですが、年齢(21歳)とポジション(FW)は一緒。
今年戦力外になったレアンドロ選手の本名は、
「LEANDRO Rodrigues da Silva(レアンドロ・ロドリゲス・ダ・シルバ)」。

加入が決まったレアンドロ選手の本名は、
「LEANDRO Montera da Silva(レアンドロ・モンテーラ・ダ・シルバ)」。

これはサポーターも戸惑うかも(そんなわけないか(爆))。

続きを読む »

DATE: CATEGORY:ブログルポ
今日はもう1件ブログルポ記事。なんか少し前も似たようなテーマで
記事を書いた覚えがありますが(苦笑)、今回は東大受験の予備校・
東大螢雪会」をご紹介します。

前回記事(リンク以下)と同じではさすがにどうかと思うので(苦笑)、
今回は車掌が予備校に行っていたときのことを書きたいと思います。
http://midoriexpress.blog29.fc2.com/blog-entry-935.html

車掌も高校3年の時は、某大手予備校に通っていました。週3回です。
科目は、英語・社会(日本史)・国語(古文)の3科目。このうち、
日本史はサテライト講座で、教えてくれた先生が結構楽しかった覚えがあります。
古文は…正直どこまでしっかりやっていたかは疑問です(苦笑)。
国語でも古文・漢文はちょっと苦手な方でしたし(前回記事で書いたとおり、
上智の推薦入試には国語がなかったんです)。

一番思い出があるのが英語でしょうか。車掌が受講した英語の講座では、
講師の方が「英英辞典を持ってきてください」というのです。英語を日本語に
訳して考えるのではなく、他の比較的わかりやすい英単語・熟語に置き換えて
考える、という考え方で、今までの英語の授業では全く縁のなかった
「英英辞典」を買って、その中に色々とマーカーで囲みを入れたり、
マークをしたり…今でもその辞典は机の中にあり、時々開いては
その時のことを思い出します。あの英語の授業は、車掌にとっても
新たな発見が多かった授業でした。

さて、今日紹介しているのは「東大螢雪会」という予備校ですが、
こちらは昭和54年に、当時現役の東大医学部の学生が中心となって
開設された予備校です。ここで大切にしているのは、「1対1の指導」
大手予備校(車掌もそうでしたが)の場合、どうしても「1対大勢」に
なってしまうので、授業についていけなかったり、興味がなくなったりすると
せっかく申し込んだその授業も、その威力が半減してしまいます。
しかしここでは、約2000名(現役学生・院生・プロ講師など)の講師陣が
いるので、生徒の個性や理解度などに合った講師が担当になることによって、
生徒の持つ力をより引き出させるようにしています。

また、この「東大螢雪会」で面白いところは、ただ単に大学受験を目指す
学生だけが対象ではないらしいのです。どうしても入りたい志望校がある人、
もちろん中学受験・高校受験を控えた小学生や中学生の指導も行ってますが、
「もう一度大学に入りたい社会人」も指導してくれるとのことです。
社会人になったけれど、大学でまだ学びたいことがあった、あの大学に
どうしても行きたい、そんな思いを持っている人にも応えてくれるそうです。

入試はもうすぐ。これからいよいよ追い込みが始まるかと思います。
入試間近の人も、またそれ以降に入試を控えている人も、予備校選びを
考えるのに、「東大螢雪会」も候補に入れてみてはどうでしょうか?
DATE: CATEGORY:ブログルポ
ブログルポ記事です。今日はここには珍しく、音楽系の記事の紹介。
(以前コンテストでSEAMOさんとかYum!Yum!ORANGEとかは書きましたけれど)

今日は、「ピアノセラピスト」として活動中の、安藤香織」さんをご紹介。
(所属レコード会社:オフィスアージュ)

ピアノセラピスト…とは初めて聴く人が多いかもしれませんが、
すでに海外ではポピュラーな職業となっているようです。安藤香織さんも、
アメリカ留学時にミュージックセラピー(音楽療法)と出会い、帰国してから
本格的にピアノセラピストとして活動を始められたそうです。(日本音楽療法学会員)
自分が作曲した曲で、癒し・リラックスの効果を与えるような活動をしている、
と捉えればいいんでしょうね。

今回、その安藤香織さんが、2枚目のアルバム「緑の森につれていって」
リリースされました。全10曲、もちろん全部彼女のオリジナル曲です。
ジャケットは下記のバナーを見ていただければわかるとおり、木々の緑を
背景にした爽やかな感じで、実際の曲も、春~初夏にかけての爽やかな季節が
ピッタリくるような曲が並んでいます。

今回、このアルバムの中から、「緑の森につれていって」「海辺の記憶」「永遠」と
3曲が試聴できるようになっているので、聴かせていただきました。
3曲とも落ち着いた曲調で、素直なピアノの音色がきれいに響き、
聴いていると時間がゆったりと感じられる、そんな曲のように感じました。
今だとちょっと季節的に合わないかあ…という気もしますが(苦笑)、
ちょっとココロが疲れたかな…という時に、目を閉じてこの曲を聴いてみると
ココロをリセットして、またゆっくり歩き出すことができそうな感じがします。

忙しい今の時代、こういう曲を聴いてちょっとゆったりすることも、
時には必要かもしれませんね。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/19)の出走…以下2頭が出走しました。

・テンテンガール
 (園田4R・D3三 3歳以上(ダート1400m・8頭))→2着(0秒8差)
・エムジェイシーザー
 (名古屋8R・サラ系B6組(ダート1400m・10頭))→8着(2秒2差)

テンテンガールは凄い脚を見せてくれました。
スタート後はなんと最後方に位置。そのまま道中を進み、4角でも
まだ後方2番手。そこから大外を回って追い上げて、最後の最後に
2着争いをハナ差制するという、なんともダイナミックなレースでした。
勝ち馬は逃げ切ってしまい、ここからは離されてしまいましたが、
この追い上げの脚は見事でした。流れが向いた感じもあるかもしれませんが、
次走が楽しみになってきました。

一方のエムジェイシーザー、こちらは…まだちょっと時間かかりそうですね。
こちらもスタートで出遅れた気配はないのですが、最初の直線で
中団から徐々に後方へ。終始内ラチ沿いにぴったり回っていましたが、
最後もあまり伸びる脚が見られず。これで、移籍してからの4走、
いずれも8~9着、着差も2秒以上というレースが続いてしまいました。
よくなるにはもう少し待つようでしょうか…。

明日(12/20)の出走予定…出走予定はないようです。

明後日(12/21)の出走予定…以下3頭が出走を予定しています。

・インタークイーン(浦和)
 →浦和4R(3歳 八九十・ダート1400m・12頭)発走:12:10
・カイジンドン(愛知)
 →名古屋5R(サラC10組・ダート800m・10頭)発走:13:00
・ブラウンミッシェル(大井)
 →浦和10R(師走特別(A3以下・ハンデ)・ダート1600m・11頭)発走:15:30

木曜日は、浦和で2頭、名古屋で1頭が出走予定です。

まずは浦和4Rのインタークイーン。ここのところ月1ペースでの
出走となっていますが、3走前までは先行して粘って3着、という競馬を
2走連続で見せていたのですが、前々走・前走と、先行しながら最後粘れず、
という競走が続いています。今回も引き続き船橋の名手・石崎隆之騎手の
手綱となりますが、いいときの粘りが戻ってくるかどうかがカギになりそうです。

次は名古屋5Rのカイジンドン。こちらはここ2走徐々に成績を上げ、
前々走は3着(1秒1差)、前走は2着(0秒1差)と頑張っています。
中団を追走して直線で前に、というレースが身に付いてきたようです。
ただ、今回は超短距離の800m戦。しかも最内枠(1枠1番)。となると、
正直逃げてしまった方がいいのかな…とも思います。ここ最近が好調なので、
距離は短いですが、ここでも好勝負期待です。

最後は、浦和10R・師走特別に出走の大井・ブラウンミッシェル。
大井に移籍してからの2走は、1000m・1200mという短距離戦を(連闘で)使われ、
明らかに距離不適だったと思います。その前走からこちらも約1ヶ月
空けての出走。今回はこの馬にとって得意のマイル戦、しかも鞍上には
この馬とのコンビで9勝をマークしている、張田京騎手(船橋)が戻ってきます。
いきなり勝ち負け…とはいかないまでも、上位争いをして欲しいですね。
DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
Jリーグ関連のサイトを見て回っていたら、こんな記事を見つけました。

「2006Jリーグ アンフェアなプレーに対する反則金」(Jリーグ公式より)

こんなのあるんですね…。Jリーグ公式の文面を借りると、
「アンフェアなプレーによる反則ポイントが多いクラブに対し、
 制裁措置として反則金を科しています」とのこと。

で、今年反則金を支払うのが、J1の13チーム・J2の10チーム。
J1では、G大阪・清水・新潟・大宮・磐田の5チームが反則金0で終了。
一方のJ2は、柏と愛媛FC、それになんと湘南が反則金0で終了となりました。
(正直これにはビックリ)
データを見てもらえればわかるんですが、湘南は今年のゲーム中に、
同一選手がイエロー2枚で退場…ということが全くなかったんですね。
(残念ながら一発退場は1回ありましたが…調べてみたところ、
第48節(vs鳥栖)での村山祐介ですね)

しかし、「J1計18チームの反則金合計」<「J2全13チームの反則金合計」って
正直どうなのよ…(苦笑)。

※12/19追記
・昨日(12/18)のJ.LEAGUE AWARDSで、湘南のホームスタジアムである平塚競技場が、
 「Jリーグベストピッチ賞」を受賞したそうです。
 なんでも、J2のホームスタジアムでは初めての受賞だとか。
 (以下:湘南公式より)
「平塚競技場が「2006Jリーグ アウォーズ ベストピッチ賞」を受賞」
 過去5年が横浜国際(現日産スタ)、札幌ドーム(当時札幌はJ1)、
 カシマ、日本平、埼スタですからね。これは非常に光栄なことであるとともに、
 平塚競技場のピッチコンディションを管理されていた方にとっても
 非常に名誉なことでしょう。チームは残念でしたが、嬉しいニュースです。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/18)の出走…以下1頭が出走しました。

・オリーブサンライズ
 (水沢4R・C3(ダート1400m・10頭))→5着(1秒7差)

前走に引き続き掲示板確保。着差はちょっと離されてしまいましたが、
この馬自身は前走よりも速いタイムで駆けているので、まずまずでしょうか。
スタートはほぼ互角。その後無理に前に行かせず、後方3番手ぐらいからの
追走でした(ほぼいつも通りのポジションですね)。そのまま道中は
内々をぴったり回り、最後は前2頭がちょっと後続を離しましたが、
それでも3着争いの中に食い込んできました。徐々にではありますが、
内容もよくなっている感じを受けます。次走、また頑張って欲しいです。

明日(12/19)の出走予定…以下2頭が出走を予定しています。

・テンテンガール(兵庫)
 →園田4R(D3三 3歳以上・ダート1400m・8頭)発走:12:20
・エムジェイシーザー(愛知)
 →名古屋8R(サラ系B6組・ダート1400m・10頭)発走:14:20

テンテンガールは、今日になって明日の出走が判明してきました。
前走からちょっと間隔が空いたかな…という感じです(これまでは
だいたい中1週で出走していたのが、今回は中3週空いています)。
前走は同じクラスで4着。後方から最後伸びてきて、というレースでした。
今回もおそらく似たような展開になるものと思われますが…。
さて、明日出走ということで、いつものシートをアップしておきます。
12/19・園田4R(テンテンガール・1番)能力比較

うーん…。もう少し高くてもいいかな、という感じもします。
偏差値は6番手評価、CP指数は5番手評価。コメントは「展開向けば」と
あるので、差し脚が届く流れになるかどうかでしょうか。
中3週空いて、果たしてどこまでやれるか…気になるところです。

一方、名古屋8Rに出走のエムジェイシーザー。こちらもいつものように
換算タイム計算シートでシミュレート比較してあります。
12/19・名古屋8R(エムジェイシーザー・1番)能力比較

うーん…さすがに強気にはなれないですね。
偏差値は8番手評価、CP指数はメンバー最下位の評価。「厳しそう」という
コメントがついています。さすがにここ3走を見る限りでは、今回もちょっと
厳しいレースになるかもしれませんが、距離短縮で光明を見いだせないか…と思います。

明後日(12/20)の出走予定…出走予定はないようです。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/17)の出走…以下1頭が出走しました。

・ボールドシーザー
 (佐賀4R・C2(ダート1300m・10頭))→1着!
 (走破タイム1分24秒3・着差0秒1)

連勝キター!

道営からの移籍2走目、連闘、それでもまた逃げ切り勝ち。一変しましたね。
レース映像を見たところ、今日は外枠(8枠9番)だったこともあって、
ちょっとハナに立つまでに時間がかかったようですが、ハナに立ってしまえば
こっちのもの。後続との間隔を上手く保ち、最後も2着馬の追撃を
3/4馬身振り切っての勝利(3着馬とはさらに7馬身の差をつけました)。
これで通算5勝目。佐賀に移籍してから連勝です。どこまでこの勢いが続くか、
今後が非常に楽しみです。

明日(12/18)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・オリーブサンライズ(岩手)
 →水沢4R(C3・ダート1400m・10頭)発走:12:00

明日出走のオリーブサンライズ。換算タイム計算シートでシミュレート比較です。
12/18・水沢4R(オリーブサンライズ・1番)能力比較

前走ある程度結果が出たので、今回はまずまずの評価になっています。
偏差値は4番手、CP指数は5番手の評価。前走のように後方からでも
差し脚を伸ばせる展開になればと思います。ここも楽しみです。

明後日(12/19)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・エムジェイシーザー(愛知)
 →名古屋8R(サラ系B6組・ダート1400m・10頭)発走:14:20

大井から移籍してこれまで3走しましたが、どうも今ひとつの内容が
続いています。前走は結局先行集団に取り付けず、後方のままで
レースを終えることになりました(8着・2秒4差)。今回はクラスが
一つ上がりますが、距離は200m短縮になっての1400m戦。この馬が大井で
2勝をマークしたときが、いずれも1400m戦でしたので、距離は歓迎でしょう。
あとはどこまで調子が上がってきているか…。これに尽きると思います。
少しでも見せ場を作って欲しいと思います。
DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
今日は、サッカーの天皇杯5回戦のうち、Jリーグ入れ替え戦の関係で
日程が延びていた残り1試合が行われました。以下に結果アップしておきます。
(5回戦の詳細結果(12/9の試合も含む)は以下リンク先よりご確認下さい。
特に、先週分の結果は都合でアップできなかったので(苦笑))
http://jfa.sportsinfo.jp/2006/EmperorsCup/20061209.html
(日本サッカー協会・天皇杯特設サイト)

・浦和レッズ(J1) 3-0(延長) アビスパ福岡(J1)(@埼スタ)
得点:93min-ポンテ、108min-ワシントン、119min-永井雄一郎(以上浦和)

J2降格が決まってしまった福岡、アウェイ・埼玉スタジアムで、
Jリーグ覇者の浦和に90分間得点を許さず。しかし浦和、延長に入ってから
攻撃力の違いを見せつけ、延長だけで3点奪って準々決勝へ進出。

というわけで5回戦の全8試合が終了。
7チームはJ1のチームですが、札幌がまたも「下克上」で新潟に勝利(2-2・PK8-7)。
札幌がどこまで快進撃を続けるか、楽しみです。

今日の結果により、準々決勝の対戦相手と会場は次のようになります。
(全試合12/23開催・キックオフ時間は会場名の後に明記)

・浦和レッズ(J1)-ジュビロ磐田(J1)(@埼スタ・13:00)
・鹿島アントラーズ(J1)-清水エスパルス(J1)(@熊本県・15:00)

・ガンバ大阪(J1)-横浜F・マリノス(J1)(@神戸ユニバー・15:00)
・ヴァンフォーレ甲府(J1)-コンサドーレ札幌(J2)(@ユアスタ(仙台)・13:00)

J2勢で唯一残った札幌は、仙台・ユアテックスタジアムで、昨年J2を
卒業した先輩・ヴァンフォーレ甲府との対戦。J2・ベガルタ仙台の
ホームスタジアムということもあって、どっちのチームへの声援が多くなるか
楽しみな1戦です。天皇杯もあと準々決勝・準決勝・そして元日の決勝のみ。
各チーム、力を出し切っての戦いを見せて欲しいと思います。
DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/16)の出走…以下1頭が出走しました。

・ミスマジック
 (中山6R・2歳新馬(牝)(芝1200m・16頭))→15着(5秒4差)

デビュー戦でした。実際にレース振りを見てはいなかったのですが、
JRAのサイトで通過順を見ると、どうも最後方から、それも結構離されての
追走だったようですね。最後は1頭かわしたものの、それでも15着という
着順でのゴール、14着の馬とは2秒1差離されてしまいました。
これでタイムオーバーになってしまい、次走は早くても1ヶ月後になります。
それまでにどこまで力をつけてくるか、ゆっくりと待ちたいと思います。

明日(12/17)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・ボールドシーザー(佐賀)
 →佐賀4R(C2・ダート1300m・10頭)発走:12:30

明日出走のボールドシーザー。換算タイム計算シートでシミュレート比較です。
12/17・佐賀4R(ボールドシーザー・9番)能力比較

前走勝って同条件なのでここもいいかな…と思っていたら、ちょっと今ひとつ
数字が伸びてきませんね。偏差値で5番手、CP指数では4番手評価です。
前走が移籍初戦ということもあって、2走目でどこまでやれるかが
疑問かと思いますが、もしここも勝てるようであれば、今後の展望が
大きく開けてくると思います。頑張って欲しいところです。

明後日(12/18)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・オリーブサンライズ(岩手)
 →水沢4R(C3・ダート1400m・10頭)発走:12:00

前走は0秒5差5着。開催が水沢に替わってから一番いい内容でした。
道中は変わらず後方からの追走なんですが、前走はおかれることもなく、
集団にしっかりついて行けて、最後伸びる脚も見せられたのは好材料でしょう。
前回と同条件。連闘で臨みます。ただ、これまで主戦で乗ってきていた
山本聡哉騎手が他の馬に乗るため、今回はテン乗りの高橋悠里騎手です。
初コンビさえ上手くこなせれば…楽しみです。
DATE: CATEGORY:湘南ベルマーレ+サッカー関連
Jリーグもシーズンオフで、選手の移籍・退団・新加入など色々なニュースが
飛びかう時期になりました。そんな中、今日飛び込んできたのはビッグニュース。
(以下リンクはいずれも湘南公式サイトです)

「FC東京 ジャーン選手 移籍加入決定」
「中里宏司選手 サンフレッチェ広島より復帰のお知らせ」


ジャーンが来たー!
チュウが戻ってきたー!


…ええ、少し壊れてますが(爆)。

今年の湘南は、失点がかなり多かったので、DFの補強は急務と思ってましたが、
まさかジャーン選手(FC東京で5年間DFの要として活躍)を獲得できるとは…。
一説には、横浜Mで戦力外になった中西永輔選手(DF)にオファーを
出していた、という話もありましたが(どうも断られたようです(苦笑))、
ジャーンが来れば正直補って余りあるものがあると思います。
来年、DFの要として、是非活躍に期待したいです。

チュウ(中里)は、今年1年サンフレッチェ広島にレンタル移籍。
最初の頃はベンチに入る機会もなかったようですが、それでも結局
12試合に出場(途中出場含む)。ボランチの他に3バックの一角も
担っていたようですね。平塚Jr.ユース→湘南ユース→湘南と上がってきた
生え抜きの選手。J1で1年間揉まれた力を、是非来年の湘南の力に
反映させて欲しいと思います。

これで、湘南の来年の新戦力は計9名となりました。

・金 永基(キム ヨンギ:GK・桃山学院大→)
・鈴木 信貴(すずき のぶたか:DF・アイントラハト・トリア(ドイツ3部)→)
・山口 貴弘(やまぐち たかひろ:DF・早稲田大→)
・ジャーン(DF:FC東京→)
・猪狩 佑貴(いがり ゆうき:MF・湘南ユース→)
・林 慧(はやし さとる:MF・湘南ユース→)
・鈴木 将太(すずき しょうた:MF・大宮アルディージャ→)
・中里 宏司(なかざと こうじ:MF・サンフレッチェ広島(レンタル終了で復帰)→)
・原 竜太(はら りゅうた:FW・モンテディオ山形→)

どれだけの選手が、来シーズンの開幕スタメンの座を勝ち取るか…。
今いる選手もうかうかしていられない競争が、また始まります。

続きを読む »

DATE: CATEGORY:ネーハイシーザー産駒関連
ネーハイシーザー産駒、本日の結果と、明日以降の出走予定です。

本日(12/15)の出走…出走はありませんでした。

明日(12/16)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・ミスマジック(JRA美浦)
 →中山6R(2歳新馬(牝)・芝1200m・16頭)発走:12:45

今年の2歳勢、ロディーヒット(JRA美浦・田村康仁厩舎)に続いて、
2頭目のデビューとなります。所属はJRA美浦・笹倉武久厩舎。
母:スギノマジック(母父:シンボリルドルフ)の鹿毛の牝馬になります。
笹倉武久厩舎といえば、以前の産駒では、アクティブシチー(JRA4勝)が
お世話になった厩舎です。今回は牝馬限定戦でのデビューとなります。
鞍上は的場勇人騎手。▲なので51kgでの騎乗になります。
デビュー戦、色々と楽しみもありますが、まずは無事に回ってきて欲しいです。

明後日(12/17)の出走予定…以下1頭が出走を予定しています。

・ボールドシーザー(佐賀)
 →佐賀4R(C2・ダート1300m・10頭)発走:12:30

前走が道営からの移籍初戦でした。スタートからハナに立ってそのまま逃げ切る
強い勝ち方で、通算4勝目をマークしました。今回は連闘での出走です。
鞍上は引き続き佐賀のトップジョッキー・山口勲騎手です。同じクラスということで
楽しみもありますし、ここも是非好勝負して欲しいところです。
DATE: CATEGORY:ばんえい競馬応援!
この記事では、ばんえい競馬存続に向けた動きを色々とチェックしています。
ばんえい競馬は、日本が世界に誇れる馬文化の一つだと思います。
ひとたび無くしてしまえば、取り戻すことは不可能に近いでしょう。
でも、今だったらまだ間に合う可能性があります。
日本の貴重な馬文化「ばんえい競馬」を、是非続けていって欲しいです。


新聞・テレビなどの記事関連は以下リンク先が一番まとまっています。
【ばんえい競馬・存廃に関するニュース一覧】
※ばんえい競馬関連のニュースソースをまとめたブログです。
http://newbanei.blog78.fc2.com/

※12/14追記
帯広市が、「ばんえい競馬」の単独開催方針を大枠で合意した模様です。
支援には、ソフトバンクグループの「ソフトバンク・プレイヤーズ(株)」が
手を挙げて、オッズパークなどの連動・施設の整備などを行っていくようです。
(以下ニュースソース・NAR公式サイトより)
「帯広市が「ばんえい競馬」単独開催方針決定」
ひとまず安心と言ったところでしょうが、来年はあるにしても
再来年がどうなるかはまだ不明です。これからも、ばんえい競馬の応援は
続けていきたいと思います。

※12/13追記
本日、ばんばを愛する十勝の会」が24,612名分の署名を(12/4分と合わせて28,655名分)、
また十勝の生産者の青年団体も34,088名分の署名を、それぞれ帯広市・砂川市長宛に
提出されたとのことです。署名活動にご協力いただいた皆様には感謝いたします。
まだ、正式な存続については全くの未定なので、車掌もこれからも
ばんえい競馬の応援を続けていきたいと思います。

※12/8追記

・一部報道への注意

一部報道への注意バナー

12月8日「○○○○○○全面支援」の見出しで1面に書かれた記事。いかにも存続が決定したかのような報道は、前向きに存続を検討する帯広市、支援を申し出た企業へ大きな悪影響をおよぼしています。現時点で存続が決まったわけでもなく、支援を申し出た企業からは、確定するまで公表しないようにとの要請があるにもかかわらず、このような報道を行う姿勢は、ばんえい競馬の存続に水をさす危険な行動といえます。ばんえい競馬の存続のために必死に活動している方々に、迷惑をかけるような報道は謹んでいただきたいものです。他報道機関や多くの関係者が大変困惑しています。 「ばんえい競馬」の存続に水をさすような報道に、惑わされぬよう注意しましょう。

・リンク1件追加です。
 「ばんえい競馬を応援します/鳴海章」
 ※映画「雪に願うこと(ばんえい競馬を題材にした映画)」の原作小説「輓馬」を
  書かれた、鳴海章さんのブログです。現在、帯広競馬場内(第二駐車場)に
  〈ばん馬を応援する連絡所〉を設置され、活動されています。
http://bannei-narumi.blog.ocn.ne.jp/

※12/7追記

・今日の帯広市議会での質疑応答で、帯広市の砂川市長が
 「単独開催の可能性について検討していきたい」とのコメントを
 発表しました(十勝毎日新聞HPより)。
 また、旭川市の新しい市長である西川将人氏が、「帯広単独開催になる場合、
 協力も考えたい」
というコメントを残しています(日刊スポーツHPより)。

・2006年の「優駿エッセイ賞」で佳作を受賞した、『ばんえい記念に憧れて』
 (東京都・小関絢子さん作品)が、当初「優駿」2007年2月号(2007/1/25発刊予定)に
 掲載される予定でしたが、ばんえい競馬の現状を憂う作者の方の思いに、
 優駿編集部の方が異例の決断をしていただき、12/9-12/11の間、以下の各所で
 配布されることになりました。詳細は「残そう!ばんえい競馬」でご確認下さい。
 ・帯広競馬場(ばんえい競馬開催中):5,200枚
 ・旭川レーシングセンター:2,400枚
 ・ハロンズ岩見沢:1,200枚
 ・北見競馬場:1,200枚


※12/6追記
・改めてリンク紹介です。
【置き去りにされた当事者たちの声】
※ばんえい競馬調教師の谷あゆみさん、現役騎手の鈴木勝堤さんをはじめ、
 多くのばんえい競馬に携わる人たちの声が上がっています。特に谷調教師の意見は
 是非見ていただきたいです。
http://www.gracom.net/minnanokoe.html

「なまら北海道」さんで、ばんえい競馬存続へ向けた署名&メッセージを
 投稿するページが開設されました!是非こちらからも署名&メッセージの
 ご協力をお願いいたします。また、メッセージは12/9(土)の
 「北海道歴史探訪 #51 ばんえい競馬」(11:00-12:00)で紹介されます。
 (FMアップル(76.5MHz)、ストリーミング視聴も可能)
・本日21:54からのテレビ朝日系「報道ステーション」で、
 特集として「ばんえい競馬」に関して放映されるそうです。

※12/5追記
・札幌市内でも、ばんえい競馬存続に向けた署名活動を行うそうです。
 日時:12月6日(水)・7日(木) 午前11:30~2時間程度
 場所:札幌・大通り公園西4丁目あたりの歩道にて

 ばんえい競馬の騎手の方々も署名活動に参加されるとのことです。
 詳細については以下リンクでご確認いただければと思います。
「札幌市内での街頭署名」(ばんばのいる風景(ゆかさん運営)より)
ばんえい競馬・札幌署名活動バナー

※12/3追記
・リンク1件追加です。

【ばんえい競馬・存廃に関するニュース一覧】
※ばんえい競馬関連のニュースソースをまとめたブログです。
http://newbanei.blog78.fc2.com/

※12/2追記
・帯広市長宛への、ファンレベルでの署名活動がスタートしました。
 期限はやはり12/9(土)まで(必着)です。是非多くの方々のご協力を
 お願いしたいと思います。
ばんえい競馬存続署名(帯広市長宛)バナー

 それと、恥を忍んで書きますが、車掌は実はD-net(オッズパーク)に
 加入していないので(爆)、ばんえい競馬の馬券は買えないのですが、
 加入されている方は、是非ばんえい競馬の馬券を購入していただければと思います。
 「どう予想するの…」という方、以下リンク先の「換算タイム計算シート」を
 使用していただければ、ばんえい競馬の簡易予想も可能です。
 競馬血液型理論「B-TYPE」内「換算タイム計算シート」(住之江琵琶子氏作成)
 少しでも力になればと思います。宜しくお願い致します。

※11/30追記
・リンク4件追加です。

【つづけよう!ばんえい競馬】
※フリーアナウンサー(BANBA王にも出演)の矢野吉彦さんや、
 下記「ばんえい競馬情報局」の執筆者、旋丸巴さん、古林英一さん、斎藤修さんが、
 帯広単独開催でいかに赤字を出さなくするか、などの方策をまとめるために
 立ち上げたページです。
http://homepage2.nifty.com/banei/
つづけよう!ばんえい競馬用バナー

【ばんえい競馬情報局】
※ばんえい競馬について、4人の執筆者(上記矢野さんも含む)が
 レース展望、回顧、見どころなど、色々なことを書いているブログです。
http://banei.boxerblog.com/weblog/
【置き去りにされた当事者たちの声(各騎手がコメントしています)】
http://www.gracom.net/minnanokoe.html
【野田社長の巨乳ビジネス概論:ばんえい競馬の報道について】
※下記「BANBA王」放映に全面協力している、サンズ・野田社長の
 今回の報道についてのブログです。
http://blog.excite.co.jp/noda/4766264

※11/29追記
・帯広市の砂川市長宛への署名活動がスタートしました。
 以下リンク先(バナー)に詳細がありますので、是非多くの方々の
 ご協力をお願いしたいと思います。なお、期限は12/9(土)必着となります。

ばんえい競馬応援用バナー

※11/28 23:05 追記
・ばんえい競馬存続の鍵は、帯広市に移行しました。
 帯広市の砂川市長は、「民間企業の支援などの新たな動きが出れば、
 単独開催も検討していく可能性に言及」されています。
 残された可能性は、帯広市が存続を決断することにあります。
 その可能性を少しでも広げるために、こちらでも色々と告知活動など
 させていただきます。以下バナー(リンク先)より、帯広市へのメッセージを
 送ることができます。「ばんえい競馬存続」を願う方たちの、
 1通でも多いメッセージをお願い致します。(今後、帯広市長向けに
 署名活動も行う予定だそうです)

 そして、是非多くの人に、ばんえい競馬の魅力ある話をしていただければと思います。

ばんえい競馬存続(帯広市宛メッセージ)応援用バナー

「ばんえい競馬」の存続を求める署名
ばんえい競馬存続署名活動用バナー

報道では「廃止へ」との報道が流れていますが、
まだわずかな可能性が残っています。
本日(11/27)の北海道新聞インターネット記事に載っていた記事を少し引用します。

「岩見沢市の渡辺孝一市長は二十七日の記者会見で「断腸の思いだが、歴史あるばんえい競馬の存続を断念する」と述べ、競馬事業からの撤退を正式表明した。また、帯広市の砂川敏文市長も同日、記者会見で「二市開催は不可能と判断せざるを得ない」と存続断念を表明した。

これを受けて、両市に旭川市と北見市を加えた四市で構成する北海道市営競馬組合は近く廃止を正式決定。同組合は十二月二日から始まる帯広開催の途中打ち切りなどを協議。約四十億円に上る見通しの累積赤字処理や、関係者への補償交渉など、清算業務を本格化させる・・・」


というものでしたが、その記事の最後に、こんな一文が載っていました。

「帯広市の砂川市長は民間企業の支援などの新たな動きが出れば、単独開催も検討していく可能性に言及した」

!!

単独開催でも、ばんえい競馬が存続する可能性が残っている!

自分もばんえい競馬は一度行ったことがあるので、その独特の雰囲気を
また是非味わいたいと思います。ばんえい競馬の魅力を、その素晴らしさを、
是非多くの人々に知っていただきたいと思います。車掌はD-netやオッズパークに
加入していないので、馬券での即時貢献…というわけにはいかないのですが、
少しでも多くの人々にばんえい競馬の魅力を知っていただければと思います。

以下に、上記署名ページ以外のばんえい競馬関連サイトをまとめてみました。
少しでもばんえい競馬の魅力が伝わり、存続に向けた動きが広がることを
期待したいです。

【ばんえい競馬公式】
http://www.banei-keiba.or.jp/
【「BANBA王」番組ブログ】
※ばんえい競馬開催日に、インターネットテレビ「Gyao」で放送している
 「BANBA王」の番組ブログです。
http://www.banba-o.tv/
【インターネットテレビ「Gyao」内「BANBA王」トップページ】
※視聴にはGyaoの会員登録(無料)が必要です。
http://www.gyao.jp/sports/banba/
【NO GUTS,NO GLORY.100円の心意気!】
※地方競馬、ばんえい競馬などを中心に更新されているブログです。
http://blog.livedoor.jp/no_guts_no_glory/
【ばんばのいる風景-BANEI Photo Gallary-】
※ばんえい競馬中心(写真も多数あり)のブログです。
http://ch12066.kitaguni.tv/

copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ