【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
車掌は結構以前からプロレス好きで(笑)、最近よくG+のNOAHの中継を見ているのですが、
今度7/18にNOAHが東京ドーム大会を行うことになりました。全カード発表されましたので、
車掌なりに展望してみようかと(爆)。(ちなみに、車掌は以前は新日本のファンでしたが…)
(正式なカード情報はNOAHの公式サイトで確認を。URL:http://www.noah.co.jp/)

【第1試合:6人タッグ(1/30)】
杉浦貴・SUWA(フリー)・青柳政司(誠心会館) vs 菊地毅・百田光雄・中嶋勝彦(健介Office)

→この6人タッグ、うまく試合として成立するのか…という危険性もありますが(苦笑)。
 杉浦・SUWAは最近よく組んでいますが、そこに館長(青柳)が入るだけで、こうも違和感のある
 組み合わせになるとは(苦笑)。一方もジュニアのベテラン2人に、まだ10代の中嶋を組み合わせるという
 不思議なタッグ。たた、杉浦組の優位は動かないと思います。ターゲットになるのは百田さんかな。
 一方の菊地組は、中嶋がこのメンバーでどこまでやれるかが見物です。特に杉浦・SUWAとの絡みに期待。

【第2試合:タッグ(1/30)】
モハメドヨネ・森嶋猛 vs 本田多聞・潮崎豪

→明らかにヨネ組優位でしょう。当然狙われるのは潮崎。デビュー1周年、初の東京ドームで
 潮崎がいかにいつもどおりの試合ができるかどうか、何か新技を持ってくるかどうか、
 それに期待したいです(潮崎は割とお気に入りの選手です。このまましっかり成長してほしい)。

【第3試合:8人タッグ(1/30)】
田上明・佐野巧真・泉田純・永源遥 vs 斎藤彰俊・越中詩郎・井上雅央・川畑輝鎮

→田上組vsダーク・エージェント(DA)という構図ですね。田上組だと狙われそうなのは泉田か永源さん。
 一方のDA側では、川畑か井上雅央が狙われるでしょう。DA側は結構組んでいるメンバーなので
 (ただ、この4人が全員揃ったことは無かったかな?)、連係は大丈夫だと思います。
 田上組は…泉田、あるいは永源さんあたりとの連係がどうかな…とも思います。
 どっちに転ぶかちょっとわかりませんが、とりあえずDA有利と見ておきます。

 とりあえず字数制限でまずは3試合まで。しかし、今回シングルが多いなあ…。
 あとで書くと思いますが、個人的には「秋山準・佐野巧真」組で、鈴木みのる・丸藤正道組の
 GHCタッグに挑戦してほしかった気もします。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
とりあえず昨日の続報(川原正一騎手移籍)から。笠松競馬公式サイトに、花束贈呈の
セレモニーの映像が載っていましたが(要Windows Media Player)、ここでは川原正一騎手は
「色々な事情で、今回移籍することを決めました」というコメントしか出していません。
園田へは、高知のリーディング騎手だった北野真弘騎手も移籍してきています。
昨日出した有馬澄男騎手(元中津)と共に、最初は1年間の厩務員生活を行って、それから
騎手として復帰、ということになったので、おそらく今回の川原正一騎手もそうなるんでは…と
思います。いっそのこと中央で一暴れしてほしいものですが(WSJS優勝経験もあるので)。

さて、いよいよ競馬も夏競馬の範疇へと入ってきました。やっぱり北海道シリーズの開幕、
そして東のメイン開催場が福島・新潟と移るにつれて、夏の訪れというものを感じます。
北海道シリーズといえば、去年まではヒマラヤンブルーの出走が楽しみでした。
とにかく函館・札幌で強く、全4勝のうち3勝はこの両競馬場であげたものです。
(新馬(札幌)、五稜郭特別(函館・1000万下)、巴賞(函館。オープン特別。
その他にも、2003年函館記念を11番人気で2着などの実績あり)
そのヒマラヤンブルーも移籍してしまい、ちょっと楽しみも減ってしまったかな…という
感じはありますが、北海道といえばやっぱり「ばんえい競馬」が楽しみのひとつでしょう。
2年前に車掌も岩見沢へ行きましたが、楽しかったですね。普段の競馬とはまた違う雰囲気で、
とにかく迫力があります。これはもう「是非見てください」としか言いようがありません。
(一応うちのサイトの中でも、2003年の遠征記で取り上げてはいますけれど(苦笑))
北海道へ行かれるという方、是非「ばんえい競馬」オススメしておきます。
(ばんえい競馬公式:http://www.banei-keiba.or.jp/)※10月頭まで岩見沢開催のようです。
大井競馬場の「ふるさとコーナー」へ行けば馬券も買えますが、やっぱりその迫力は
生で見ていただきたいです。

北海道行きたいなあ…(苦笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
つい先程ビックリするニュースが飛び込んできました。
笠松所属の名手・川原正一騎手が、このたび笠松から園田へ移籍することが判明しました。
(情報ソース:「netkeiba.com」http://www.netkeiba.com/news/news.html?param[no]=15406
「笠松競馬公式(pdfファイルです)」http://www.kasamatsu-keiba.com/pdf/kawahara-iseki.pdf)

いやこれは本当にビックリ。
最近では、残念ながら廃止になってしまった競馬場から騎手が移籍してきた、というのは
ニュースになっています。たとえば、有馬澄男騎手(中津→園田)、御神本訓史騎手(益田→大井)、
水野貴史騎手(高崎→浦和)、内田利雄騎手(宇都宮→水沢・2ヶ月の短期間騎乗)などなど。
一応4人ほど例を挙げましたが、これらの騎手はすべて以前主戦場だった競馬場が閉鎖になり、
それに伴って移籍してきたというもの(有馬澄男騎手の場合、園田で厩務員をやってから
もう一度騎手免許が発行されたはずです)。それだけに、今回の川原正一騎手の件は
非常に驚きました。今回の移籍、その背景には何があるのかと色々考えてしまいます…。

ここ最近でかなりの地方競馬場が廃止になりました。それに伴い、そこで活躍していた
競馬関係者(騎手・調教師・厩務員など)が辞めたり、移籍したりと色々な道へ進んでいます。
移籍できた人はほんの一握り、かもしれません。事実、今調べたところ、昨年の
宇都宮リーディングの早川順一騎手、またタマルファイターなどのコンビで中央でもお馴染みの
丸山侯彦騎手は、それぞれまだ所属が宇都宮(早川騎手)、高崎(丸山騎手)になっています。

今回の川原正一騎手の移籍に関しては、明日(6/24)笠松競馬場で記者会見が行われるようです。
(上記ソース・笠松競馬公式より)そこで本人の口からどこまで明らかになるかはわかりませんが、
その移籍の真相を知りたいと思います。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
競馬界では、最近ちょっと残念なニュースが続いていますね。
先週末に判明したシーキングザパールの逝去、それから今日明らかになったサンプレイス
(今年新種牡馬デビュー・牡10)の逝去、海外では名種牡馬だったリファールの逝去、
南関東2冠馬シーチャリオットの骨折(全治4ヶ月ぐらいだそうです)、宝塚記念出走予定の
ゼンノロブロイのオーナー、大迫忍氏の逝去…なんだか色々ありましたね。

個人的にはまず一番ビックリしたのが、シーキングザパールの逝去。なんでも落雷で命を落としたとか。
それと今日判明したサンプレイスの逝去。この2つが個人的には大きいですね(この2つを
大ニュースにするのは、よしだみほ先生「馬なり1ハロン劇場」の影響が大かもしれません(苦笑))
シーチャリオットも残念だったな…。無事だったら7月・大井のジャパンダートダービーで
中央勢(カネヒキリなど)との対決が見られただけに…。まあ、幸いにしてそれほど重症では
ないようなので、しっかり治してきてまた復帰してほしいですね。

去る馬があれば来る馬があり。昨日・一昨日とJRA3場で2歳戦がスタート。
新種牡馬の産駒が何頭か勝ってましたね。土曜日の阪神の新馬戦は、確か新種牡馬産駒2頭、
それも「メイショウドトウ産駒」vs「ステイゴールド産駒」というたまらないものでした(笑)。
それより前に各地で2歳戦は既にスタートしています。ネーハイシーザー産駒では、
とりあえず今年これまでに2頭の産駒登録を確認しました(大井・船橋各1頭、いずれも牡馬)。
今年はあと2頭ぐらいしか登録がないと思いますが、またデビューしたら追っかけていっても
いいかな…と思っています。ちなみに上記2頭はいずれもまだデビュー前、能力検定も
おそらくこれからではないか…と思われます。無事のデビューを待ちたいですね。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
今日は車掌の地元でもびっしりと雨が降ってました。先週末梅雨入りしてから、初めての
雨らしい雨が降った感じです。

梅雨の時期は気分もなかなか乗らないというか、今ひとつ気が滅入るというか…。
あまり積極的に何かにトライしよう、という気持ちに今ひとつなれないのが事実ですね。
まあ、とは言え、車掌も会社辞めちゃってまた新しいところ探さなくちゃいけないので、
あんまりゆっくりもしていられないんですけれどね(苦笑)。

まあ、もちろん日本の気候には「梅雨」は大切なものであって、これが当たり前のように
生きてきた感じがありますが、最近では「いかに快適に過ごすか」などで、いわゆる
「季節を感じない」体になってきていることも多いです。(夏の冷房、冬の暖房、除湿等…)
ただ、そうやって「季節を感じない」というのは、日本人がこれまで感じてきた「季節」を
「感覚として捉えられない」、それだけ感性が鈍ってしまうというのを、先日何かで見た覚えがあります。
確かに気分的には今ひとつな梅雨のシーズンですが、その中でも梅雨時に楽しめる風情などを
見つけていって、過ごしていければなあと思います。

車掌は神奈川在住ですが、神奈川だと結構アジサイの見所が多いですね。
鎌倉だと「あじさい寺」とも呼ばれている明月院、それと箱根登山鉄道の「あじさい電車」。
(今これを調べるのに検索かけましたが、各地で「あじさい寺」と呼ばれている寺院がかなりありますね)
箱根登山鉄道では、「夜のあじさい電車(座席指定)」として、沿線のあじさいをライトアップさせ、
その中で電車を走らせる、という催しを18日から(7月10日まで)行うのですが、
箱根登山鉄道のサイトを見たところ、既に予約で一杯の電車が数多いです。それだけ人気があるのが
よくわかります。(興味のある方はこちら:http://www.hakone-tozan.co.jp/ajisai/index.html)

雨量が少ないと水不足が心配になるし、かといって雨量が多いと今度は災害が心配になるし、
何事も「ほどほど」がいいようですね。車掌も梅雨を理由にあまり動かない、というのではなく
その中でも出かけていって何か見つけてきたいなあ、と思います。

最後に、7月10日(日)三四六さんライブ(@長野県県民文化会館)、正式参加決定しました。
長野サポの皆さん、当日行きますのでよろしくお願いしますm(__)m
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
今日の夜ニュースにもなりましたが、Yahoo!Japanのトップページを模倣して作成し、
フィッシング詐欺を行った会社員が逮捕されました。まああれもロゴを見れば気付くんでしょうが、
いつもどおり普通にアクセスしている人にとっては、ロゴなんて気にしないんでしょうね。
実害はないとのことですが、フィッシング詐欺はこの件に始まったわけじゃなくて、
他にも色々起きているようですからね。自衛するに越したことはありません。(怪しいメールの
取り扱いとかは要注意かと)

あとはねえ…今某所の掲示板が見るも無惨に荒れてます(まあ、2chとか見ている人は、
「あんなの荒れる部類に入らない」と言われるでしょうが)。某所の掲示板は自分もよく
出入りしているところなのですが、とりあえず「今回の件に関する」当事者は1名vs1名。
そのために他に出入りしている人が非常に書き込みしにくい…という状況が続いています。
当事者1名に「当事者同士メールで解決したらどうだ」という書き込みをしてみたのですが、
かえって状況を悪化させたようで…そのまま放置しておけばよかった(苦笑)。

ネチケット…というのも非常に難しい問題で、そもそもインターネットの仕組み自体が
世間に広く知れ渡ってから、まだ10年もたっていないはずですね。だから法律も
あまり整備されていないですし(今年の4月に、ようやく個人情報保護法が施行)、
ネチケットの考え方も人それぞれなんですよね。試しにYahoo!でサイト検索してみたところ、
「ネチケット」という単語で該当するサイトが41個もありました(ページ検索じゃないです)。
要は、それだけ「ネチケット」に対する考え方がある、ということだと思うんですよね。
(お暇だったら検索してみてください(苦笑))

車掌のサイト…まあ運行開始して4年以上たつんで、色々なことがありましたね。
一番多かったのは掲示板への宣伝書き込み。いちいち消去していたんですがそれでは
らちが明かなかったので、現在のように「ホスト表示」の掲示板に切り替えました。
おかげで宣伝書き込みの類は激減しましたね(たまーにありますけどね(苦笑))。

まあ、ネチケットといえどもベースにあるのは、実社会の「ルール」「マナー」であるはず。
それを忘れずに、これからも対応していきたいです。

※そう考えると、某所の現状は「周りの迷惑顧みず騒音出しているオバハン」に似ているような(爆)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
最近やけにサイト更新の頻度が高いな…と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
車掌、4月から勤めた会社ですが、肉体的&精神的疲労がたまりにたまってしまい、これ以上続けると
また以前の状態に戻ると判断し、たった2ヶ月ですが会社を辞めることにしました。
明日退職手続きしてきて、それで今回の職場は終了になります(今日まで休んでました)。

今回はPCのサポート業務(コールセンター)ということで仕事に就いたのですが、
本業務に入ると想像以上の疲労が蓄積していきました。肉体的疲労は、帰ってきてからの
マッサージや風呂でなんとかなったのですが、精神的疲労はどうすることもできませんでした。
やはりPCのサポートということで、お客様は何かしらでトラブルを抱えている方々。
もちろん温度が高くなっている(いわゆるクレーム状態)のお客様もいらっしゃいました。
色々なお客様から電話を頂くのですが、10回のお礼よりも、1回のクレームの方が
やはり自分の心の中ではキツイ印象として残ってしまいます。

あとは、ログイン時間(=電話を取って応対している時間)という縛り。さらには、電話の件数を
ある程度取っていかなければいけないというプレッシャー。自分の中では、「とにかく丁寧な対応を」と
心がけて、件数は気にしないようにしていたのですが、やはりそれだけではどうすることもできませんでした。
だんだんと会社へ向かう足取りが重くなり、食欲も減退し、週2日の休みの中でも、
体と頭が全然休まっていないことが先週末でよくわかりました。車掌は以前会社勤め(プログラマー)
していたときに、仕事の多忙さと理不尽な要求の板挟みに遭い、自殺一歩寸前のところまで
追い込まれたので、「あの苦しさはもう嫌だ」という気持ちが一気に噴出し、今回の結論に至りました。

たった2ヶ月。ただ、コールセンターという職場の中を見られただけでも、車掌には
(辛かったですが)いい経験になったと思います。もちろんこの先どうするかは全く未定。
ただ、最悪の状態まで落ち込んだとは思っていません。あくまで、今回会社勤めをする前の状態まで
戻っただけだと思っています。少し回復には時間がかかるかもしれませんが、それでも必ず
回復させて、改めて自分が本当に進みたい方向へ進んでいこうと思っています。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
それだけです。

copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ