【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

09 | 2004/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
ようやくバタバタしていたのが一段落つきました。掲示板のレスとか遅くなってしまい
皆様にはご迷惑をおかけしました。まあ、私事で忙しかったので、特にここには書きませんが。

バイトの方も本来は今日出勤日だったのですが、私事のためにキャンセル。夕方以降は久々に
ゆっくりでき、「笑点」「鉄腕DASH」「ジャンクSPORTS」など見ていました。
笑点なんか本当に久々に見ました。こん平さんが喉の病気で休んでいたのは知っていたのですが、
あの「ちゃらーん」の挨拶をメンバー持ち回りでやっているとは思いもしませんでした(笑)。

まあ、今日は特別書くこともないんですが、考えてみたら、ネーハイシーザーの天皇賞・秋から
もう10年。早いものです。今年の勝ち馬はゼンノロブロイ。G1を取れる器と言われ続けて
ようやく念願のタイトル奪取(G1挑戦6度目だそうです)。しかし、2・3着に
牝馬(ダンスインザムード・アドマイヤグルーヴ)が突っ込んできたのにはビックリしました。
とりあえず予想はしていたんですが、ダンスの方なんか全く頭になかったからなあ…(苦笑)。
まあ、騎手だけで見れば買えた馬券(ペリエ-ルメール-武豊)という気もしますが(爆)。

産駒の出走は、明日宇都宮で2頭、明後日は大井ナイターで2頭が予定しています。
心配なのは宇都宮のドクターハーン。あの衝撃の「中3日」からさらに3連闘(通算4連闘)。
今までもかなりハードな使われ方をしたことはありますが、今回もちょっと尋常じゃないです。
無事に回ってきてくれれば…という気もしますが。

明後日の大井ナイターはJBCの前日。JBCの日は、スプリントの前に牝馬重賞、
TCKディスタフが組まれていますが、確かこの登録馬の中に、荒尾のキサスキサスキサスが
あったような気がしたのですが…今大井競馬のサイトを見に行ったら、第2次登録馬では
名前が消えていました。出てくれば人気になったかも。というか、来て欲しかったなあ…。

とりあえず明日からまた平常通りの生活に戻ります。とりあえず体調だけ気をつけて、
早目にリズムを取り戻したいと思います。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
そういえば、こちらに来られている皆さんの中で、自分でサイトをお持ちになって、
いろんな写真を公開されている方も多いと思います。皆さんってどんなカメラ使ってますか?

車掌の場合、このHPで載せてある写真は、一部(来られている方から提供されたものなど)を
除いて、すべて車掌自身のカメラで撮っています(「Race Report」・「日高SS訪問記」など)。
その車掌自身のカメラ構成がこちら。

・本体:PENTAX MZ-7/レンズ:SIGMA 28-2000(F3.5-5.6)

というわけで、いわゆるフィルム一眼レフ。しかもレンズは1本だけ(苦笑)。まあこれで
HPの写真は全部カバーしているんですが。ちなみに、取り込みは現像した写真を
1枚1枚スキャナで読み込ませてから取り込んでいます(苦笑)。だからレースレポートの写真とか
なかなかアップできないんですよね(ある程度まとまった時間が必要なため…言い訳?(爆))。

車掌がよく出入りさせてもらっているサイトの管理人さんは、フィルムスキャナ(現像した時の
ネガをそのまま読み込ませて取り込む)を使用しているようですが、他の方たち(特に
競馬関連のサイトで写真を公開されている方)はどんなカメラを使っているのか、また
どういった形でPCに取り込んで公開しているのか、ちょっと知りたくなってきました。

最近はデジカメでもコンパクト機で高倍率光学ズームのものが結構登場してきてますし、
お金さえあれば一眼レフデジカメに手を出すことも可能なんでしょうが、そのお金が無くて(苦笑)。
果たして、コンパクト機で「競馬」を追うことは可能なのか、そのあたりが知りたいですね。
基本的には、競馬場の風景・パドック・本馬場~返し馬・レースと一通り撮るので、
やっぱりある程度の光学ズームは必至です(最低8倍以上、できれば10倍以上ぐらい)。
あとは、関東近郊なので、ナイター(川崎・大井)に行く機会もあると思うので、その時に
どういった写真が撮れるか(フィルムカメラでもこれは難しいような気がするのですが…)。

よかったら掲示板の方にでも書き込んで頂ければ幸いです。
やっぱりある程度の投資は必要なんだろうなあ…。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
今週はJRA産駒が3頭出走しました。土曜・東京1Rのスギノウルフ(2歳未勝利(父))、
京都4Rのヒマラヤンブルー(障害未勝利)、そして今日・福島6Rのタガジョーウルフ(3歳上500万下)。
結果はもう皆さん御存知だと思いますが、スギノウルフが4戦目で未勝利脱出、
ヒマラヤンブルーは直線失速して9着、そして今日のタガジョーウルフは実に久々の2勝目!

今日はタガジョーウルフについてちょっと書いてみようかと思います。1999年生まれの
いわゆる「第2世代」。中央の現役産駒はこの馬だけです。地方では、シーザースピリット(牡・高崎)、
サウスクィーン(牝・兵庫)、アルファセシール(牝・荒尾)の3頭。その他では、
ブラックパサー(金沢)、タガジョーラーゼン(岩手)、ワイドアウェイク(JRA→岩手)と
3頭がいましたが、いずれもすでに登録抹消。初年度産駒の頭数から比べれば
非常に少ない
7頭という産駒数。それでも、今日のタガジョーウルフの勝利で、世代通算では9勝をマーク
(タガジョーウルフが2勝、サウスクィーン4勝、シーザースピリット3勝)。

タガジョーウルフの初勝利は、2001年9月頭の小倉でした。デビュー2戦目、折り返しの新馬戦。
今は新馬戦のシステムが変わってしまいましたが(出走1度のみ)、この頃はまだ同一開催なら
新馬戦に何度も出走できました。

ちなみにこの馬、主戦騎手が安定していません(苦笑)。デビュー戦は当時まだ兵庫所属だった小牧太騎手。
初勝利時の鞍上は福永祐一騎手。その後、池添・北村宏・難波・芹沢・安藤勝・金折・柴原・後藤・
松永幹・幸・生野・五十嵐雄・小林徹・石橋脩・和田とそれぞれの騎手が乗ってきました。
騎乗数では所属厩舎(栗東・松元茂)主戦の金折騎手が一番乗っているのですが、それでも3戦連続での
騎乗はなし。しかし、今年の5月頃から着差が1秒以内で安定し始め、函館戦では和田竜二騎手の手綱で
久々の掲示板(5着)。さらに今年夏の小倉~阪神で、赤木高太郎騎手が3連続騎乗。4・6・5着と
着順をまとめ、今回中舘騎手(通算19人目(笑))の手綱で、30戦目にして待望の2勝目。
自身3年1ヶ月ぶりの勝利をおさめることが出来ました。芝1200mが最適条件のこの馬、
勝って同条件(500万下)なので、次戦もまた期待できそうです。

久々の勝利に「おめでとう!」
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
明日は月2度の通院の日です。先週は…台風接近の中、朝早く行って昼には帰ってくるという、
初めての早業で無事に行ってきました(苦笑)。今回は幸いにして天気はいいようです。

まあ、車掌もこの病気とつき合いだしてもう5年ですか。早いものです。自分の中では
まだまだちょっと…という時もありますが、いつも診てもらっている先生に言わせれば、
「最初の頃に比べれば雲泥の差」という話です。まあ確かに色々動けるようになったし、
バイトとは言え仕事もできるようになったし…。色々ありながら何とかここまでたどり着いた、
本当にお世話になっている所です。曜日によって先生が違い、車掌が診てもらっている
先生は月に2度(第2・第4の土曜日)のみの担当なので、どうしても日程はそこへ合わせないと
いけないのがちょっと辛い所ではありますが、でも今の先生が一番色々話しやすいので、
この先生にもうしばらくつき合ってもらおうと思っています(笑)。

まああとは場所の問題ですか。車掌の家からだと片道2時間近くはかかるという距離の遠さ(苦笑)。
一日で…交通費だけで2000円近く飛ぶのかな?(爆)
それでもそれだけの時間(と交通費)を費やして通った甲斐があると思っています。
場所が場所だけに、終わった後には渋谷・新宿などへ出やすいところ。気晴らしの買い物や、
その他色々(特にここのサイト関連で渋谷・プラザエクウスに寄ることも多いですね)用事や遊びや…。

心の病。車掌の場合は「うつ状態」という診断でしたが、やはり心の病気になっている人は
年々増加傾向にあるようです。でも今は、きっちり対処できる所も増えてきましたし、
そういう所に巡り会えた車掌はある意味幸せなのかな…と思ったりもします。

今を生きることができる。今を五感で感じる。その幸せを忘れないようにして、
もう少しでも前へ進みたいと思っています。まあ、焦らずゆっくりと。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
別に今日の台風と引っ掛けているわけではありません(苦笑)。まあ確かに台風の影響で、
メイハイスーキーが出走予定だった川崎ナイター競馬が中止になってしまいましたが。

今日、宇都宮競馬の本年度での廃止が発表されました。(宇都宮競馬公式サイトにも
この件について、知事からのコメント・さらに売上・入場人員の推移のデータが
(pdfなので、Adobe Readerが必要です)載っていますので、是非参照してみて下さい。
廃止する際に、ここまでの具体的なデータを出してきたところは初めてではないでしょうか?)

宇都宮競馬は、県競馬検討委員会というところ(メンバーは栃木県議会の議員の方です)が、
2002年の末に「2003年から3年間収支改善案を実施する」「この収支改善案で、
2005年末までに黒字が達成できなかった場合は、速やかに廃止する」「経営状況がさらに
悪化した場合、3年を待たずに廃止する」「競馬事業の赤字は一般会計から補填すべきでない」という
提言を出していました。2003年は8億5千万円の赤字。2004年度も、このままで行くと
約7億円の赤字が予想されるそうです。このまま経営を続けると、2005年には一般会計より
赤字を補填しなければならない状況になるため、今回の廃止に至ったと言うことです。

すでに8月の段階で群馬県知事が廃止を表明した高崎競馬と合わせて、これで北関東エリアには
競馬場が全くなくなってしまうことになります。もちろん県では、競馬関係者への
雇用対策、生活再建などを「誠意を持って適切に対応する」と書いてあります。

やむを得ないのかなあ…という気持ちと、残してほしかったなあ…という気持ちと、
正直半々の状態です。pdfファイルを全部見たのですが、セカンドピークの平成3年と比べると、
売上が約1/3、入場人員は半分に落ち込んでます。こういう数字を出されると、一応自分も
今は「売上」をある程度気にしなければ行けない所で働いているので、「うーん…」という
感じです。これで今年限りと噂されていた3場のうち、2場が廃止になってしまうことが
ほぼ決定的となりました。最後の砦は笠松。せめてここだけでも持ちこたえてほしいと思います…。

民営化するとか、運営できる会社に渡すとか、方法はなかったのかなあ…。
またひとつ、競馬の灯が消えていくことになります…。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
日曜日のひとりごとで、土曜日寒い中コンサートに出かけたことを書きましたが、どうも
それ以降体調がイマイチです(苦笑)。今朝も仕事行くのに起きた時に、「え~もうこんな時間?」と
思ったぐらいですから(苦笑)。多分半分風邪引いてると思います。喉がちょっと痛いし、
咳もたまにあるし、くしゃみもたまにするし…全部「たまに」なんですよね(苦笑)。

そもそも、この気候で、まだ車掌は夏掛けの布団で寝てます(爆)。さすがに毛布とタオルケットは
一緒に使ってますが。この間晴れた時に、服の入れ替えはしたのですが、布団の入れ替えまでは
しませんでした。そうしたらこの天気…また台風ですね。今度はなんだか超大型で、
先日の22号とほとんど同じようなルートをたどってきそうです。22号の時は確かに
かなりの雨が降り、横浜などでは被害も出たようですが、幸いにして車掌のいる地域では
特別大事にもならなかったようです。でも、これが2週続くとなると…かなり危険ですね。
事実、先日コンサートの前に立ち寄った横浜駅の相鉄口付近の商店街では、ゲーセン3軒のうち
1軒が完全休業状態。他の2軒も、1Fを休業にして、上層階だけでの営業という状態。
近くにあるパチンコ屋(地下・1F)も、地下が使えない状態になっていました。
それだけ被害があったということなのでしょう。

最近ちょっと仕事の面でも色々あって、正直疲れてます(苦笑)。とりあえず疲れた時は
寝るのが一番、今日は早目に寝ることにしましょう。どうせ明日も一日中家の中に
閉じこめられるんだろうし(爆)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
昨日から今日にかけて、こっちは急に寒くなってきました(涼しいを通り越してます(苦笑))。
車掌の家でも慌ててエアコンを「暖房」で入れたり、コタツをつけたり(さっき母親が
コタツ用の布団を持っていきました)。

昨日もそんなに寒くなるとは思っていなかったので、コンサート(辛島美登里さん@関内ホール)へも
普通の長袖のシャツにトレーナーという格好で出かけていきました。しかし、公演終了後、
表へ出てみると風が冷たい!この格好でもさすがに寒かったです。そのせいかどうか知りませんが、
今半分風邪引きかけてます(苦笑)。

ちなみにそのコンサート、久々のフルバンド編成。最近の辛島さんのコンサートは、
だいたいがピアノ+ギター(たまにウッドベースとか)ぐらいのシンプルな編成だったので、
今回のようにギター・ベース(ウッドベース含む)・ピアノ(キーボード・アコーディオン含む)・
ドラム(パーカッション含む)というフルバンド編成は久々です。しかも前から2列目という
絶好の席(しかも中央やや左側というさらに絶好の席)だったので、音に迫力があること(笑)。
そんな中でも、美登里さんのボーカルは楽器に埋まることがありません。相変わらずの
伸びやかな声。最初はちょっと高音がキツイかな…と思っていましたが、そんなこと無かったですね。

ちなみに、辛島さんが「横浜」でコンサートを行うのは、なんとデビュー15年にして
今年が初めて(苦笑)。そもそも神奈川県内でも本当に数えるほどしかやってないはずです。
「サイレント・イヴ」大ヒットの頃回ったツアーも、関東は東京厚生年金会館だけとか、
そんな感じです。記憶があるのは、97年にグリーンホール相模大野での公演があったことぐらい。
今回は、昨日の関内ホールの後、東京(品川教会・sold-out)、後は名古屋、新潟、大阪、
千葉と回り、クリスマスコンサート(池袋・東京芸術劇場)を挟んで、ファイナルは札幌です。
千葉ってのも久しぶりじゃないかなあ…最近ほとんど東名阪でしかツアーやってませんでしたからね。

ツアーはまだ始まったばかり。辛島さんもスタッフの方たちも大変だと思いますが、
昨日見せて頂いた極上の公演を、是非他の場所でも見せて頂きたいと思います。

自分もファン歴もう14年…(笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
先日のひとりごとで書いた大修復作戦。ヘッドホンの方は…音は全く問題なく聞こえるんですけれど、
やっぱり肝心な所が折れてしまっていては…明日出かける時に新しいの買うことにします(苦笑)。

自転車の方は、今日前輪のタイヤ&チューブを全交換しました。しめて4000円也(笑)。
でも、おかげで大変乗り心地がよくなりまして(当たり前か(笑))、ようやく足が復活しました。
今乗っている自転車は、いわゆるATBタイプ。乗り始めた時からスピードメーターをつけて、
走行距離や平均速度などが算出されているのですが、乗り始めてからまだ500キロほど。
前の自転車(ドロップハンドルのスポーツ車タイプ)は2000キロぐらい乗っているので、
もっと乗りたい所ですね。ちなみに、一度このスピードメーターが誤作動を起こして、
一回リセットした所、単位が「キロメートル」から「マイル」に変わってしまいました(笑)。
(競馬やっている人なら御存知でしょうが、1マイル=約1.6キロメートルです)

今のところ、だいたい平均時速が「8.6」マイル。キロメートル単位に直すと「13.76」。
大きな道路ではもちろんもっと速く走っているのですが、やっぱり町中を走る時はどうしても
ゆっくり走ったり、場所によっては自転車を転がして歩く場合もあるので(そういう場合にも
距離はカウントされます)、そこが平均時速を大きく落としている原因かと(苦笑)。

とりあえず、無事に戻ってきた車掌の自転車。これからも大事に乗っていきたいと思います。

ちなみに、明日は以前にもここで書きましたが、辛島美登里さんのコンサート(@関内ホール)へ
行って参ります。帰りが夜遅くなることが予想されますので、ページ更新が遅くなることが
必至と思われます。ご了承下さい。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
明日明後日は宇都宮所属のシーザー産駒3頭、ドクターハーン・ネイホウマー・ローポンペイアの
3頭が一斉に出走してきます。

ハナを切るのは、明日7Rの3歳馬・ネイホウマー。C4選抜戦です。前走では7番人気ながら
ハナに立ってそのまま押し切って勝利をおさめているので(2勝目)、今回騎手が
茂呂菊次郎騎手(高崎)に変わりますが、同じ戦法が取れればいいところじゃないかな…と
思います。

2番手は、宇都宮のエース・ドクターハーン。明日10Rの北関東交流・幸の湖賞(C1以下)に
出走です。なんと、前走は10/11の高崎。わずか中3日での出走というローテです(苦笑)。
実は中3日はこれが2度目。今年の5月にも、5日に宇都宮で、9日に高崎で出走という
中3日のローテを経験しています。時々この馬はこうやってもの凄く詰めたローテで
使われるんですよねえ。今回は距離も前走の1500mから一気に1900mへ。もちろん経験がある
距離ですが、この距離で走った3走前は4着(1秒1差)。今回どこまでか、気になります。

最後に、土曜日1R(C5ハ)に出走の3歳馬ローポンペイア。宇都宮転厩4戦目ですが、
過去3戦は3・3・4着。着差もここ2走は1秒以内。そろそろ初勝利があっても…と
期待せずにはいられません。

宇都宮競馬、皆さんも御存知だと思いますが、今年一杯で廃止になるのではないかという
話が持ち上がっています。隣の高崎はすでに知事が廃止を表明してしまいましたが、
宇都宮に関してはまだ表だった大きな動きはない様子です。とはいえ、厳しい現状であることに
変わりはないでしょう。土曜日にコンサートの予定がなければ、3頭全部見に宇都宮に
行こうと思っていたのですが…。日程的にはなんとかなっても、車掌の財政的問題があるもので(爆)。

ともあれ、金土出走のこの3頭には、是非頑張ってほしいですね。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
さっきラジオ聴くのに使ってみました。

セットしてしばらくは無事だったのですが、3分ぐらいして接着部が外れました…(苦笑)。
やっぱり新しいの買ってこなくちゃダメか~。土曜日にコンサート(辛島美登里さん@関内ホール)に
行く予定なので、その途中にでも購入することにします。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
それは土曜日(9日)の朝のことでした。

前日、コンポにつないだヘッドホンをしたまま寝ていた車掌、土曜日は病院通いの日。
しかも台風が関東に迫っていたため、慌てて起きた車掌、半分寝ぼけた状態のままで
立ち上がろうとすると…「バキッ」という鈍い音が足元から聞こえてきました。
「なんだ?」と思って下を見たところ…。そうです。ヘッドホンの左側、ヘッドセットの
付け根の部分が割れてしまったのです(プラスチック製)。

その日は台風の影響が懸念されたので、病院の行き帰りに電気店などに寄ることもできず、
その後代わりのヘッドホンを買うか、それとも修復するかで迷っていました。
修復する選択肢があったのは、肝心の音を伝えるコードやコネクタ部分に一切の損傷が
なかったためなんです。というわけで、新しいヘッドホンを買う前に、とりあえず
修復してみることにしました。

まず試したのが、母親が使っている接着剤。しかしこれはほとんど効果なし。
というわけで、今日は近所の100円ショップ(笑)で瞬間接着剤を購入、自宅へ戻って作業開始。
右耳とヘッドセットのパーツ、左耳部分のパーツ、それとその間にあるプラスチックの部分と
3ヶ所に割れてしまったので、まずは右耳&ヘッドセットのパーツと、間のパーツを接着。
ここはうまくいきましたが、その後、間のパーツと左耳部分のパーツをつなげるところが
なかなかうまくいかず、何度もトライしました(その部分が重いので、固定しにくかったです)。

作業からだいたい3時間ぐらいたったでしょうか…。とりあえず今のところはしっかりと
くっついているような感じです。しかし、これを実際に使えるかどうか…。もちろんもう
寝ながら使用するということはしないつもりですが(苦笑)、それでもある程度日常の
使用に耐えてくれれば助かるんですけれどねえ…。

修復といえば、車掌の自転車も只今修復対象。前輪が完全パンク状態です。それも、
チューブではなくどうやら空気を入れるバルブ部分に問題がありそう。一度バルブ部分だけ
交換して、その時はマシになったのですが、その後再び症状悪化。今はガレージで休んでます(苦笑)。
これは自転車屋へ持っていって、タイヤ交換した方が早そうだなあ…と思ってます。
(一応少々のパンク修理ならできるんですけれどね)
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
昨日の東京競馬メインは、G1・天皇賞(秋)への重要な前哨戦、毎日王冠(G2)でした。
この時期が来ると、ネーハイシーザーのことを思い出します。そして、車掌がこのサイトを
はじめるようになったきっかけを、ネーハイシーザーを追っかけるようになったきっかけを…。
実は、ネーハイシーザーの勝った毎日王冠(1994年・1分44秒6・当時日本レコード)は
生で実際に見たわけではないんです。テレビでも見なく、後で結果を知ったぐらいですから(苦笑)。

ちょうどその頃、車掌は大学4年。就職活動も一段落し、後は後期の授業に出るだけ…という
日でした。大学のクラスメートから、「秋の重賞予想やってみない?」と誘われ、そのまま
参加しました。その最初のレースが毎日王冠だったのです(実際に馬券は買ってません)。

その時、車掌は勝ち馬にネーハイシーザーを指名。フジヤマケンザンを一応引っ掛けており、
幸先のいいスタートを切ることができました。もちろんその勢いで、天皇賞・秋も、
本命にネーハイシーザー。さすがにビワハヤヒデ・ウイニングチケットの失速と、
セキテイリュウオーの突っ込みまでは読み切れませんでしたが、いい思いをしたのは確かです。

その毎日王冠から6年。2000年になり、車掌も社会人。ちょうどその頃、ネーハイシーザーの
初年度産駒がデビューすることになり、Yahoo!掲示板でトピックを立ち上げ、追っかけたものです。
そして2001年からはこのサイトで追っかけを開始。もう3年以上にもなります。

その後、「あの」1994年・毎日王冠は、プラザエクウスやグリーンチャンネルなどで
繰り返し見ました。絶対破られないだろうと思っていた、あの脅威の日本レコード。
東京コースの改装によりそのレコードタイムは隅に追いやられ、そして今年、他場でですが
そのレコードタイムは破られました(北九州記念・ダイタクバートラム・1分44秒1)。
しかし、「芝1800mで一番先に1分44秒台に突入した」という事実は消えることはありません。
また、東京競馬場で、このタイムより速く走った馬はまだ出てきていません。

1994年、毎日王冠。1分44秒6の濃密な時間。
「これは驚異的なレコード!」という実況と共に、いつまでも覚えていることでしょう。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
今日は台風22号の襲来。先ほど4時頃に静岡県・伊豆半島あたりに上陸したとのことで、
今こちらでは風雨が非常に激しい状態になっています。風がうなりをあげて吹き付け、
雨が雨戸を叩きつけている状態です。

実は車掌、今日は月に2度の病院通いの日でした。いつも診てもらっている先生が第2・第4土曜日の
担当のため、どうしても今日行かざるをえなかったもので(薬の問題などもありますけどね)。
近くの病院ならいいのですが、車掌が通院しているところは電車とバスで2時間ぐらいは
かかるところ(苦笑)。というわけで、昨日の夜から台風の進路とにらめっこ。親とも色々話し合い、
とりあえず朝の様子次第で行くかやめるかを判断。もし帰りに台風に巻き込まれて、帰ってこれなく
なった時には、最悪の場合病院近くのどこかに泊まることも覚悟していました。

今朝。起きてみたところ、雨は強かったものの、風はさほどでもない状態。鉄道なども
車掌の行く路線は止まっていなかったので(千葉県内などは結構止まっている路線が
あるようですが)、これは早く行った方が正解だと思い、朝食もそこそこにして
病院へ。行く時は雨がずっと強いままで、昨日からの雨もあって、橋から見るいくつもの川は、
いつもよりかなり増水していました。

さて、診察を終えて表へ出てみたところ、あれだけ降っていた雨が小康状態に落ち着いてました。
風もまだなかったので、「これはもう急いで帰るしか」と思い、速攻で家に帰ることにしました。
渋谷駅、東急沿線、横浜駅、東海道沿線…車掌が家に帰ってきたのは昼の12時半頃だったのですが、
結局その頃も雨風とも小康状態のまま。そのまま家で昼食をとり、ネットサーフなどしていると
だんだん雨が強くなり、そして今は風雨共に最悪の状態に。早起きして速攻で行ったのは
大正解でした。いつものペースで行っていたら、多分今頃渋谷あたりに取り残されていた
ことでしょう(苦笑)。それにしてもこの風雨の強さ…。実は今日、辛島美登里さんの
セルフカバーアルバム「Smile and Tears~涙が虹に変わる瞬間」のファンクラブ限定版が
届いたのですが、コンポでスピーカー経由で聴こうとしても、雨と風の音でどうにもならず。
結局今PCのCD-ROMに入れ、流しながらこのひとりごとを書いている次第です(苦笑)。

珍しく判断がうまくいきました(笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
ちょっとネットサーフしてたら、こんなサイト見つけたので車掌も試してみました(笑)。
「@恋愛結婚」
http://www.renaikekkon.com/member/test_psy/gtest01.php

以下はその結果。

恋愛心理タイプは「成り行きまかせのおしゃれさん(スタイリッシュ)」と出ました。
あとは結果文をそのまま引用。

(ここから結果文)
自分ばかりか他人にも太っ腹な楽しいヒトです。
 
流行に敏感でセンスが良く、たいていオシャレさんです。
また同時に周りにも敏感で気配りできるヒトです。
なんだかヒトには自由奔放な印象を与えますが、実は現実的でいろんなところに気をつかって
お疲れさんなところがあります。

・恋愛に関して「テクニシャンかも…」と思っています。
・人情に反することを好みません。
・彼氏(彼女)にも気を使うなぁ…と思っています。
・「過去の恋愛トラウマ」もちがちです。

得意な恋愛:ベタベタすぎず離れずバランス恋愛
苦手な恋愛:気配りしても報われないマグロ恋愛
彼氏が、あなたのことを友達に一言:「かなりオシャレなコだよ。」
彼女が、あなたのことを友達に一言:「とってもココロが広いヒトなんだ。」
ありがち別れる理由:なんだか言うことにココロがこもってない

処方箋:
ホントは腹黒いとか言われたことないですか?
ココロあたりは少しあるかな…と思っています。
でもそれは腹黒いんじゃなくて、ズバリ本音を言うのが好きではないからなのですが理解されてません。
そんな時は!
あなたのすぐれた感覚はいつもヒトを正確に感じ取っています。
そうです。
実は、あなたは何故そのヒトがあなたのホンネを聞きたいかわかっているハズなのです。
一度リクエストに答えてみたらどうですか?
きっとあなたの信頼度はアップするハズ。
(ここまで結果文)

…うーん。当たっているところもあればそうじゃないところもありそうな。

「スタイリッシュ」と出たのが一番違いそう(笑)。全然スタイルとか気にしませんから。
流行に疎くておしゃれなんかあまりしませんから(爆)。
あと、恋愛に関して「テクニシャン…」なんてこれっぽっちも思ってませんから(更爆)。

ちなみに、過去の恋愛トラウマは割と持ちがちかもしれません。

皆さんもちょっと試してみてはいかがですか?(メンバー登録しなくてもできますよ)
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
5ヶ月ぶりに更新しました(爆)。前回が7ヶ月ぶりというあまりの放置ぶり、申し訳ありません(苦笑)。

言い訳するようですが、あそこの更新ってほぼ1日がかりになっちゃうんですよねえ…。
今、シーザー産駒の成績は全部エクセルで保存してます。そこに入力用シートが2枚あり、
1枚は馬・月ごとの着順を入力していくシート(1番目の「月別成績表」はこのデータが元です)。
もう1枚はもっと細かく、各馬の馬名・所属・出走場・レース名・コース・距離・馬場状態・
枠番・馬番・人気・頭数・着順・走破タイム・着差・馬体重・騎乗騎手・減量有無・斤量と
ドカドカ入力していきます(もちろん手入力です)。元になるのはこのサイトのデータ。
このサイトの元になるのが、JRA・NAR公式サイトの成績情報。こちらも手入力です(苦笑)。

あとはエクセルのデータウィザード機能を使って、色々と「枠番・馬番」であったり、
「競馬場別成績」などの2番目~8番目までのデータを出していっているわけです。
(実は、以前一度公開しましたが、「騎手別成績」の中に、「ワースト騎手」というランクも
持っています。これは出走頭数-着順という計算で、それが0ならビリ、1ならブービーという
ように値を出し、どれだけビリになっているかを見ているものですが…最近は公開してません(爆))

そんな中、今回もやろうとしてできなかったのが、以前から自分が勝手にネタにしていた
「シーザー産駒は2戦目の方が狙い?」という話です(笑)。これはそれこそ手作業で
データを拾い上げるしかないので、今回はさすがに断念しました。でも、確か掲示板かここかで
確かにネタにしており、2戦目の方が戦績がいい傾向にある、というはっきりしたデータが
出たのを覚えています。今年2歳陣も結構多いので、再調査かけてみても面白いかもしれませんが…。

ちなみに現在2歳陣で2戦以上している馬、デビュー戦と2戦目の成績は以下の通りです。
・スギノウルフ(JRA美浦):3着→2着
・スペルキオス(道営):4着→2着(3戦目で初勝利)
・ベイサイドホテル(浦和):7着→8着(3戦目で初勝利)
・ホウライシーザー(愛知):3着→7着
・レストアシーマー(兵庫):7着→5着(4戦目で初勝利)

今年も2戦以上している5頭のうち3頭が2走目で着順を上げています。

…やっぱ調査するかな(苦笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
常石勝義(つねいし かつよし)。JRA栗東所属(フリー)の騎手。
初免許は1996(平成8)年。いわゆる「花の12期生」組。同期には福永祐一、
和田竜二といったG1騎手や、牧原由貴子、田村真来、細江純子という3人の女性騎手などが
いる(田村真来、細江純子は既に引退)。

彼の初勝利は3月10日、デビュー2週目の中京競馬場。騎手デビュー戦でも騎乗した、
タニノレセプションという馬で初勝利を飾る。それから夏までに12勝をあげ、乗れる騎手が
多いと評判の12期生の中でも、順調に成長していった。

そんな彼を最初のアクシデントが襲う。夏の小倉で騎乗していた時に、騎乗馬が競走中止、
彼は落馬負傷。脳挫傷で、一時意識不明の重体に陥った。しかし生死の境をさまよった彼の魂は、
1週間で再びこの世界に戻ってきた。そして、彼は再びターフへ戻っていった。

翌年2月にターフに復帰、その年はほぼ倍となる23勝をあげ、あの忌まわしい事故から
1年たった夏の小倉では、タケイチケントウに騎乗、小倉3歳S(G3・旧齢表記)を制覇。
自身初の重賞勝利を飾る。

彼が障害競走に乗るようになったのは、デビューして4年目のことだった。3年目は
キャリア最少の8勝。そこで一念発起したのか、障害戦にも活路を求めるようになっていった。

2003年。そんな彼が、2度目のアクシデントに襲われる。阪神スプリングジャンプの
競走中に落馬し、左鎖骨骨折などの怪我を負った。この時、彼にはビッグテーストという
障害でのお手馬がおり、1ヶ月後の中山グランドジャンプに出走予定だった。間に合うのか…。
そんな不安もあったが、彼は見事に中山グランドジャンプの舞台に立った。お手馬、
ビッグテーストと共に。そして、完璧なレース運びを見せた彼は、初のG1タイトルをものにする。
この年はオースミコスモで関屋記念(G3)も制覇。重賞2勝はキャリアハイの成績だった。

2004年、再度彼はアクシデントに襲われる。舞台はやはり夏の小倉だった。
豊国ジャンプステークスのレース中に落馬、脳挫傷・くも膜下出血などで、絶対安静の状態に
陥った。しかし、彼の体調は、徐々にではあるが回復している。最初は集中治療室に
いた彼が、今日一般病棟に移ったとのニュースがあった。

常石勝義。車掌は彼を「フェニックス」と呼びたい。また競馬場で会えることを信じて…。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
本日2度目の日記です(笑)。

タイトルにもあるように、「生」いわゆるライブ感の魅力って、絶対あると思うんですよね。
昨日行った高崎競馬も、普段はテレビ放映などされていませんし、最近各地で始まった
オンラインでのレース中継なども行っていないところ。こういうところへは、生でレースを
見に行くしかありません。そうすると、やっぱりその場の雰囲気、独特の「空気」を感じる
事ができますね。ネットのライブ中継をやっているところへも、一度は行ってみたいと
思っています(特に名古屋。産駒数が割と多いのに一度も行ってないとは…(苦笑))。

コンサートなどにしてもそうだと思います。車掌はこの秋~冬、無謀にも(笑)3回
コンサートへ行くことになりました。まずは2週間後に迫った、辛島美登里さんのツアー開幕。
(10月16日・横浜関内ホール)前から2列目という絶好の席が取れましたので(笑)、
十分に堪能してきたいと思います。その後は12月に2回。カシオペアの東京公演と、
辛島美登里さんのクリスマスコンサート。カシオペアは当初「どうしようかなあ…」と
非常に迷っていたのですが(特に財政面で(苦笑))、今年のゲストが、元スクエアの
則竹裕之さん(Drums)。カシオペアのサポートドラム・神保彰さんと共に、今年は
「Syncronized DNA」というユニットを結成しています。この2人のドラムワークはもう超絶。
昨年、カシオペアとスクエアが一緒にライブを回り、その様子を収めたDVDが発売されて、
車掌も早速見たのですが、とにかくこの2人のドラムは本当に「圧巻」の一言に尽きます。
正直、則竹さんのゲスト出演が自分を動かしたと言っても過言ではないかも(笑)。
辛島美登里さんのクリスマスコンサートは、もう12回目(1993年以降皆勤)になります。
今年は…実はファンクラブで先行予約があったんですが、すっかり忘れていたんです(爆)。
仕方なく、普段カシオペアのチケットを取る時などのチケットサービス「イープラス」を
使用して、プレオーダーで何とがチケット取得。この間チケットが到着しましたが、
関内ホールが絶好席な分、こちらはちょっと後ろ目(苦笑)。まあ、あの独特の雰囲気は
どこの席で味わってもいいものでしょう。

生の魅力に触れる機会、もっと増やしたいですね。でもそれには先立つものが必要かも(爆)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
昨日はこちらでも書いたとおり、シーザースピリットの応援のため高崎まで遠征してきました。
(詳細についてはのちほど「レースレポート」としてアップしますので、しばらくお待ちを)

高崎はピーカンのいい天気でしたが、車掌がスタンド内をうろうろしていたり、パドックで
馬を見ていたりしていると、周りから聞こえるのは、この地域にある公営ギャンブルに関する
話。といっても、景気のいい話はひとつも聞かれず、中には「そのうちこのあたりから
全部なくなっちゃうんじゃないか…」という非常に悲観的なものまでありました。

北関東の公営ギャンブルというと、場所は今のところ次のような感じでしょうか。
【競馬】高崎・宇都宮(いずれも今年一杯で廃止の方向へ向かいつつあります)
【競輪】前橋・宇都宮【競艇】桐生【オートレース】伊勢崎
以上6場がありますが、上記「全部なくなるのでは…」というので聞こえてきたのは、
高崎競馬・前橋競輪・桐生競艇・伊勢崎オートの4ヶ所。宇都宮の競輪・競馬については
話には上っていませんでしたが(まあ群馬県内なのである意味当然かもしれませんが)、
競輪はともかく、宇都宮競馬は正念場にあることが確かです。

日本のこういった公営競技は、「公営」とつくぐらいですから、すべて国・県・市町村単位での
運営になっています。民間が参入しているところはないはずです(現行法律では、
確か民間の参入は不可能なはず)。一部を民営化…できないものですかねえ。
特に競馬。昨日行った高崎では、もっと「廃止反対!」等々の声があがっているかと思いきや、
小寺知事が廃止をほぼ正式に発表したせいか(9月28日付、詳細は下記リンク先を参照)、
まったくそのような動きはありませんでした。署名活動とかやっていれば車掌も
参加するつもりではいたのですが…。
http://www.asahi.com/national/update/0928/026.html

他の公営競技まではちょっと手が回らないので競馬の話になりますが、宇都宮にしても
高崎にしても、今の流れでは今年であっさり廃止…という方向へ行きつつあります。
(唯一動きが激しいのが笠松だと思います)
そこで働く騎手・調教師・厩務員など馬に関わる人々、そして肝心の馬自体の行く先は…。
それが全く見えてこないのが辛いところです。

copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ