FC2ブログ

【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

02 | 2004/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
今日は高知競馬場で統一重賞・黒船賞(統一G3)が行われました。レースはJRAのディバインシルバーか勝利、2着にノボトゥルー。
3着に兵庫のホクザンフィールドが入り、ノボジャックは4着。地元高知勢ではベストライナーの6着が最高でした。

…とはいえ、今日の皆さんの目は黒船賞ではなく、高知競馬の最終レースに向けられていたのかもしれません。
あの「ハルウララ」号に武豊騎手が騎乗。高知競馬場ではあいにくの天気にもかかわらず、朝から人がつめかけたようで
(一番乗りの方は午前0時から並んでいたとか…)、開門時間も通常より早めたと聞いています。そして、競馬場に入れない人たちは、
近隣の陸上競技場などのオーロラビジョンで、そのレース振りを観戦ということに相成りました。単勝もダントツ人気の1.8倍
(…もっと人気なと思ってましたが(苦笑))。もう結果も御存知の方も多いでしょうが、結局ハルウララは11頭立ての10着(2秒2差)で
レースを終えました。ちなみに、ここ数戦ハルウララの手綱を取っていた古川文貴騎手のシルクコンバットが2着に入っています。

去年から続いていたハルウララフィーバー。今回武豊騎手が騎乗するということで、そのフィーバーぶりが一気に過熱した感じです。
そのレースを終え、高知競馬はこれからが本当の勝負になることでしょう。ハルウララという馬で高知競馬のことを初めて知った人も
一杯いるはずです。そういう人たちを、どうやってリピーターとして取り込むか。もう一度来てもらいたいと思わせるか。
そこが腕の見せ所だと思います。地方競馬は各地とも経営状態があまりよくないという話も聞いていますが(なんでも、岩手競馬が
今年経営改善策を策定、05・06年の両年で判断し、数字が良くなければ廃止も考えているという報道もあるようです)、
高知競馬は幸いにしてハルウララという貴重な存在を得ることが出来ました。ただ、いつまでもこの馬に頼るわけにもいきません。

地方競馬の魅力、それを知ってもらうための努力、当事者にとっては大変だと思います。車掌個人の考えでは、
各地方競馬場がうまく地元と共存して、いつでも行きたいと思える場所にする必要があるのかな…と思います。
そして、地方競馬同士の横の連係もより強化させていく必要があるのかなと思います。

中央だけじゃない。地方競馬にも素晴らしい空間があります。

copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ