【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

02 | 2004/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
3月も今日でおしまい。年度替わりというところも多いのではないでしょうか。ちなみに車掌が今バイトしている本屋では、
2月が決算月の為、3月からが新しい期の始まりとなり、1ヶ月終わったところです。

さて、その本屋でちょっと動きがありました。ある常勤スタッフの方(男性)が、4月頭で辞めることとなり、それに伴って、
色々変更があります。それをモロに被ったのが車掌かもしれません(苦笑)。その方は、文庫・新書(あとは書籍の返品業務など)を
担当されていたのですが、辞めるにあたって、その作業を全部車掌が引き継ぐことになりました。今まで車掌は洋書・楽譜の両ジャンルを、
もう1人の常勤の方(女性)と一緒にやっていたのですが(それぞれ週3日の出勤なので、2人でやってました)、
それも4月頭で終了。その引継などの関係で、今度の日曜・月曜は、通常の時間よりも早く・長く入ることになりました。
通常、日曜は昼~閉店、月曜は夕方~閉店という形で入っているのですが、今度の2日間に限り、仕事引継のため朝10時半過ぎには
お店に入っていなければいけないのです。そして閉店までという、正式な社員の方と同じスケジュールです(苦笑)。

今回のジャンル移動、心境的にはちょっと複雑ですね…。今の常勤スタッフの中では、その方は一番長くいたのかな…?
とにかく車掌が非常勤で入った一昨年9月には、もう今の文庫・新書のジャンルで頑張っていた方なんで、お店にとっては
かなりの痛手かもしれません(車掌は現在いる常勤スタッフの中では在籍期間が一番短いです)。車掌にとっても、
愛着のあった洋書・楽譜というジャンルを手放さなければならない、そしてまた色々作業を覚えなければならないという、
ちょっと大変な感じもします。まあでも、一昨年新規で入った時も、短期間のことに色々覚えましたし、今回もお店を移る訳じゃないので、
何とかなるのかなあと漠然と思っています。

本当は今のジャンルを手放したくなかったんですけれど…仕方ないですね。色々仕掛け甲斐があって楽しかったんですけれど。
アマゾンや洋版のHPみて洋書のポップ作ったり、紅白の出場歌手貼りだしてその歌手の楽譜が売れるよう仕掛けたり、
まあ売上につながらないことも(爆)ありましたが、色々やってきたつもりです。それを文庫・新書でも、活かしていければと思います。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
車掌が障害レース(ジャンプ)好きなのはもう御存知でしょう。わざわざ1両取って大会開いているぐらいですからね(笑)。

さて、最近の障害レースを見てみると、若い騎手の騎乗が多くなったなあ…と感じます。平場オープンなど見ていると、
▲騎手の騎乗が結構多いですね。それだけ障害界も世代交代が押し寄せて
きているということでしょうか。
先週のレースを見ても、土曜日・阪神の未勝利では、小坂・今村・仲田・田中亮といった各騎手、同じく土曜日・中山の
ペガサスJSでは、常石、金子光騎手、日曜日・中山未勝利では、五十嵐雄・平沢・江田勇・穂苅といった各騎手が乗ってますね。

ここからもリンクさせて頂いている、「ジャンプレース優先主義・CHASER-Z」というサイトでは、障害レースに騎乗する騎手の
一覧が載っているのですが、これを見てみると改めて「若い騎手多くなったなあ…」と思います。まあそれだけ車掌が歳をとったとも
言えるのですが(爆)。先週騎乗機会のなかった騎手でも、美浦では蓑島・田嶋翔・大庭・菊池憲・柴田未・中谷、
栗東では白浜・岩崎・黒岩・高田・高野容・白坂・難波・宇田・小林慎・佐久間…。
基準をいわゆる「花の12期組」以降に置いてみましたが、これだけの騎手がいます。

障害レースも、最近は未勝利戦は除外馬が続出しているそうで。だったら、もうちょっとレース数組んでもいいんじゃないかな…という
気がします。また、さすがに障害は実際乗ってみないと慣れないでしょうし、若手の騎乗機会を増やすという意味でももうちょっと
レース数が多くてもいいんじゃないかな…という気がします(最低1日2レース(各メイン場で1レースずつ))。

障害は見ればやみつきになることうけあいです。あれだけの大きい馬が、平場よりも長い距離を走りながら、高さ1m~1m50ぐらい
(高いところではもうちょっとあるか)の障害を飛び越えていくのは本当に迫力があります。
中山GJ・大障害は、是非内馬場の大障害そばで見ることをオススメします。あの迫力は、一度見たら本当にやみつきになりますよ。

最後になりましたが、先日の障害未勝利戦で騎乗していた、今年デビューの竹本貴志騎手、落馬して頭を打ち、
今現在でも意識不明の重体だそうで…一日も早いご回復をお祈りしております。そしてまた障害レースに乗って下さいね。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
今日は高崎・川崎でそれぞれシーザー産駒が出走してきました。高崎はシーザースピリット(牡5)、川崎はメイハイスーキー(牡6)。

シーザースピリットは、いつものように逃げ戦法。前回は捕まって5着止まりでしたが、それでも着差があまりなかったので
今回はちょっと期待していたのですが、なんと逃げ粘って勝ってくれました!昨年6月以来、約9ヶ月ぶりの勝ち星は、自身3勝目、
産駒通算では95勝目の勝ち鞍となりました。いよいよ産駒通算100勝が見えてきたかな…という感じです。
これからもおそらくこの戦法で行くと思いますが、まだまだ逃げ粘って頑張ってほしいものです。

メイハイスーキーは先ほどレースが終わったばかり(川崎は今開催よりナイター・出走の最終10R発走は20:30)。
こちらも逃げの手に。ハロンラップが6.2-11.0-12.2という前半500mだったのですが、その後の200mが14.1というラップに。
おそらくこれで息を入れることが出来たんでしょうね。それで一杯一杯に逃げ粘って、結局は勝ち馬からクビ-クビ差の3着。
前走は不可解な最下位に沈んでいたので、この好走は素直に喜びたいです。しかし、産駒で最速デビューしたこの馬、まだまだ
頑張りますよねえ…。本当に頭が下がります。勝利数こそ6勝で、愛知2騎(カンセイハンター・サンデンバサラ)や
栃木のドクターハーンには及ばないのですが、やはり南関東所属ということもあってか、獲得賞金(地方)ではこの馬がトップです。
道営→大井→道営→川崎と転厩してきた馬。中央挑戦もしています。是非これからも頑張って欲しいですね。

ちなみに、先日たまっていたデータをまとめたのですが、実は3月ここまで、産駒は3着が最高(2頭)でした。それが今日は1・3着。
一気に好走してくれました。最近ファーストクロップ(6歳世代)の引退などもあり、出走数も少なくなってきて寂しいのですが、
残った産駒は本当によく頑張っていますね。応援している車掌も本当に感心してしまいます。
そして今年の2歳世代は、久々に頭数が揃う感じ。この中からも、是非活躍する馬が出てきてほしいものです。

さて、産駒100勝はどの馬が達成する…?
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
車掌の聴いているラジオ番組、まさかの動きが起こりました。

【終了番組】
「TOKYO-FM SPORTS WEEKEND FANTASISTA」(TOKYO-FM/Fri/17:30-20:00)
→ウッソー?この番組終わらせちゃうの?という感じです。ただ、今放送を聴き終わったのですが、とりあえず来週からは
 新たな形のスポーツワイド番組として、17:00-20:00の3時間で放送になるとのことです(パーソナリティは、この番組に引き続き
 同局の永田実アナが続投)。ちなみに、番組内コーナーという感じだった「杉本清のK-BAR(TOKYO-FM/Fri/19:25-19:55)」は
 全くの同時間帯で続行、藤丸由華アナもそのまま続投のようです。こちらはとりあえずほっと一息。
 新しい枠のスポーツワイド番組がどんなものになるか、期待を持って聴こうと思っています。
 (最後の最後でK-BARでメッセージ読まれました(笑))

さて、まだわかっていないのが、RCC中国放送「本名正憲の今日もゴゴイチ!」での福田真知子さん(月~水担当)のこれから。
先週水曜日の真知子さん担当コーナー「ちょっと一息 より道ばなし(隔週水曜:このコーナーはオンラインで聴けます)」では、
続投か終了かは明らかになっていなかったのですが、このコーナーのこれからについて一言も触れていなかったのを聴く限り、
真知子さん新年度も続投かな…と思います。残念ながらRCC移籍1年目は広島へ出向く機会がとれなかったので、
続投となればRCC2年目の真知子さんに、また会いに行こうかなと思っています。

そういやJK(北野順一氏・現在KBC(九州朝日放送)で番組担当、4月からも続行決定)にもしばらーく会ってないなあ…。
春の休みはもうお金ときっぷがないし(爆)、夏にでも休み取って、四国の鉄道めぐり共々、真知子さん&JKに会いに行く計画でも
立てようかなと思っています。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
春は卒業式、そして入学式や入社式、さらには転勤・異動などで色々なものが大きく変わる時期ですね。
馬の世界でも色々と動きがあるようです。このサイト関連でも動きがありました。

まず、高崎でデビュー戦勝利(2戦目2着)、その後JRA美浦(高木嘉夫厩舎)に移籍していた現4歳・ホウザンストーンですが、
このたびJRAの登録を抹消されていたことが判明しました。結局中央では未出走…。非常に残念です。中央でどこまで通用するか
楽しみにしていたのですが…。ただ、まだキャリア2戦、おそらく地方へ再度移籍ではないかな…と思っています。
詳細がわかり次第またこちらでも明らかにしますし、場所次第では再び応援に出かけようと思います。
(ちなみにこの馬、車掌が見に行った産駒のレースで唯一勝利をおさめてくれた馬です(笑)。しかもデビュー戦勝利)

JRA登録を確認していてこの情報を見つけたので、一緒に全部の産駒を確認してしまおうということで、JRA・地方全部の
産駒情報を確認しましたが、移籍・抹消は上記ホウザンストーンだけ。ちなみに、すでに情報をあげていますが、
2歳陣のトップを切って、母クリノトキメキの牝馬・スペルキオスが道営で能力検定を受けています(3/18)。
道営・米川伸也厩舎の所属。今のところ道営の能力検定で確認できた産駒はこの1頭だけ。デビューが早そうで楽しみです。
(道営の能力検定については、以下のサイトから「能検はこちら!」をクリックして下さい。ちなみに、スペルキオスの能検は
18日の8R。さらに、「あの」ミスタートウジンの産駒(牡2)が、23日の3Rで能検を受けています。)
http://www.h-keiba.net/

…あとはやらなくちゃいけないことも結構あるんですけれど(苦笑)。データルーム更新(…結局半年更新しないまま(爆))、
そして先日大井で再デビューしたカイジンドン(グレートソルト)のデビュー戦レポートなど…。

車掌にとっても、嬉しさと寂しさが交錯する、いつもの春になりそうです。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
いかりや長介さんが先日亡くなり(72歳…まだ若いですよね)、今日告別式が行われました。車掌はもろドリフ世代。
「全員集合」などもほぼ毎週のように見ていたクチです。なんか、本当にこのニュースに接する度に、言いようのない喪失感が
おそってきます。俳優としての長さんはあまり見ていなかったんですが、「踊る大捜査線」チームでも
非常に重要な役柄を演じていたということ…。改めてご冥福をお祈りしたいと思います。

さて、今日車掌が仕事に行く前に、テレビ朝日の昼のニュースワイドを見ていたところ、この件について、
山本晋也監督が欽ちゃんこと萩本欽一さんに心境を聞いていました。「全員集合」が始まった当時、全く同時間帯の
裏(土曜8時)では、コント55号の番組(視聴率30%は当たり前)という番組があったそうです。
欽ちゃんは長さんについて、「僕らの番組はアドリブが主、むこうの番組(全員集合)は徹底的に練り上げられたもの」と語り、
さらに「ライバルと言うよりは、お互い励まし合う関係、もっと言えば恋人みたいな関係」と長さんのことを語っていました。
さらに、ふたりで一緒に番組をやろうという話もあったそうですが、それは結局実現しませんでした。
さらに、二人で「お互いツッコミ同士、大変だよねえ」という話もしていたそうです。
「こっち(55号)はボケが1人(坂上二郎さん)、むこう(ドリフ)はボケが4人(他のメンバー)いたからねえ。
長さんも大変だったと思うよ。お笑いに関しては、確実に僕の4倍は努力しているし」という話も聞くことが出来ました。

最後に欽ちゃんが言った「俺、なんだかお笑いやりたくなくなっちゃったなあ…」という言葉を聞いて、すごくジーンと来ました。
自分が「全員集合」見ていた時は、長さんの存在をこれほど大きいものだとは感じていませんでしたが、改めて凄い人を、
そしてまだ行ってほしくない人を亡くしてしまった、なんだか自分の身近な人がいなくなってしまった、そんな感じがします。

改めて、いかりや長介さんの残してきたものに敬意を払い、そして謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。
長さん、いつも楽しませて頂いて本当に有り難う御座いました。向こうでゆっくり休んで、たまには「オイッス!!」聞かせて下さい…。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
今日は高知競馬場で統一重賞・黒船賞(統一G3)が行われました。レースはJRAのディバインシルバーか勝利、2着にノボトゥルー。
3着に兵庫のホクザンフィールドが入り、ノボジャックは4着。地元高知勢ではベストライナーの6着が最高でした。

…とはいえ、今日の皆さんの目は黒船賞ではなく、高知競馬の最終レースに向けられていたのかもしれません。
あの「ハルウララ」号に武豊騎手が騎乗。高知競馬場ではあいにくの天気にもかかわらず、朝から人がつめかけたようで
(一番乗りの方は午前0時から並んでいたとか…)、開門時間も通常より早めたと聞いています。そして、競馬場に入れない人たちは、
近隣の陸上競技場などのオーロラビジョンで、そのレース振りを観戦ということに相成りました。単勝もダントツ人気の1.8倍
(…もっと人気なと思ってましたが(苦笑))。もう結果も御存知の方も多いでしょうが、結局ハルウララは11頭立ての10着(2秒2差)で
レースを終えました。ちなみに、ここ数戦ハルウララの手綱を取っていた古川文貴騎手のシルクコンバットが2着に入っています。

去年から続いていたハルウララフィーバー。今回武豊騎手が騎乗するということで、そのフィーバーぶりが一気に過熱した感じです。
そのレースを終え、高知競馬はこれからが本当の勝負になることでしょう。ハルウララという馬で高知競馬のことを初めて知った人も
一杯いるはずです。そういう人たちを、どうやってリピーターとして取り込むか。もう一度来てもらいたいと思わせるか。
そこが腕の見せ所だと思います。地方競馬は各地とも経営状態があまりよくないという話も聞いていますが(なんでも、岩手競馬が
今年経営改善策を策定、05・06年の両年で判断し、数字が良くなければ廃止も考えているという報道もあるようです)、
高知競馬は幸いにしてハルウララという貴重な存在を得ることが出来ました。ただ、いつまでもこの馬に頼るわけにもいきません。

地方競馬の魅力、それを知ってもらうための努力、当事者にとっては大変だと思います。車掌個人の考えでは、
各地方競馬場がうまく地元と共存して、いつでも行きたいと思える場所にする必要があるのかな…と思います。
そして、地方競馬同士の横の連係もより強化させていく必要があるのかなと思います。

中央だけじゃない。地方競馬にも素晴らしい空間があります。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
日曜日のひとりごとからだいたい1週間たちました。そこで、これまでにわかっている改編情報を。
下記の通り、金曜の2番組で明暗が分かれる形になりました。

【終了番組・追加】
・「進藤晶子のBeautiful Hit Magic」(TOKYO-FM/Fri/13:00-17:00)
→うーん、残念…終わっちゃうんですねえ。元M☆Pシンデレラの「玉ちゃん」こと松任谷玉子さんがディレクターになってから
 聴きだして、まだ半年しかたってないんですが…。進藤さんのちょっとお茶目な一面も聴くことができて、だんだん面白く
 なっていった番組だったんですけれど…惜しいなあ…。あと、玉ちゃんが4月以降どの番組を持つか…これも気にしておかないと。

【続行番組・追加】
・「346 Groove Friday」(FM長野/Fri/16:00-19:00)
→これが一番心配でもありましたが、昨日の放送で春改編を乗り切ることが決定したようです(車掌は聴けないエリアです(苦笑))。
 まあ、リスナーにとても愛されている番組、そして何より、「今が輝かないのなら」の存在。今終わらすわけにはいかないでしょう。
 ちなみに、この曲、GW前頃にCDリリースすることが決定したようです。おそらくまた手売り…どこかに頼まなくちゃ(苦笑)。

【新規番組】
・「坂崎幸之助のオールナイトニッポン」(ニッポン放送/Wed/25:00-27:00)
→なんと!坂崎さんがオールナイトニッポンに20年ぶりの復活です!車掌もはまった坂崎さんの深夜ラジオ
 「坂崎幸之助のNORU SORU(TOKYO-FM)」以来、久々の深夜帯2時間番組になります!これはもう聴くしか!

…というわけで、まだまだあるのかもしれませんが、とりあえず今の時点で判明している部分を書き出してみました。
また続報が入り次第書き出しておきます。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
行って参りました、中山競馬場の来賓席。船橋法典駅の法典門側改札で同行の従兄弟と待ち合わせ(朝9時(笑))、
そして来賓席へ向かうのでありました。ちなみに車掌、上は緑のジャケット(ほとんど着ません(笑))に中はブルーのシャツ、
下はチノパンという割と軽めの格好で行ったのですが、その従兄弟はちゃんとスーツ着てました(苦笑)。

さて、来賓席とはどこか?と思われる方も多いでしょう。まず、スタンド1Fのインフォメーション横にある「来賓受付」で
受付を済ませ(今回の車掌の場合、番組から送られてきた「当選通知書」という紙を持っていきました)、その後指定されたのは
スタンド3F。そこから中へ入り、指定された席へ行くと…なんと!来賓席の中でも最前列、しかもゴール板真正面という絶好席!
ちなみに、すぐ隣は通常のA指定席となっており、一応間に仕切りがありました(ただ、今日は通路の仕切り扉が開けられており、
割と自由に行き来は出来ましたが(笑))。まさかこんな絶好席で競馬が見られるとは…従兄弟共々ビックリしました。
ちなみに今日の中山競馬場、間断なく雨が降る天気、しかもかなり寒かったので、この席のありがたみを余計に感じました(笑)。
(だって、晴れて暖かければ、パドック←→スタンド最前列の往復の方がよっぽど馬を近くで見れるし、写真も撮れるし…(笑))

で、そんなこんなで、2人して中山の全レースを買うことに。とは言っても、車掌がケンしたり、従兄弟がケンしたりしたレースも
いくつかありましたが(ケン…買わずに見るだけのこと)、従兄弟は午前中の2つのRで的中。車掌は午前中全然ダメでした(苦笑)。
1Rケン、2R×、3Rケン、4R×(爆)。で、その後昼飯食べに行って、従兄弟の会社の方(競馬の写真を撮るのが
趣味のようで、サイト見せてもらったのですが本当にきれいな写真です)と会って、しばらく話をしたりしていました。

さて午後。今度は一転車掌の方が好調。7Rを馬連3点で的中、8R×、9Rは絞りきれなかったのでケン、
10Rも再度馬連3点で的中、メイン(フラワーC)もダンスインザムードから馬連4点で何とか的中。最終はお遊びで×。
結局7千円ぐらい使って1万ちょい戻ってくる結構な結果となりました。まあこんな機会はもうないでしょうから、
いい体験をさせてもらったと言っていいでしょう。なかなか面白かったですよ。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
管理人は明日中山競馬場へ行って来ます。産駒の出走もないのになんで…とお思いでしょうが、これには実は訳がありまして(笑)。

実は管理人、TOKYO-FMの番組「杉本清のK-BAR」(Fri/19:25-19:55)という番組をよく聴いているのですが、その中で
中山競馬場来賓席ご招待(ペア)のプレゼントを行っていたんです。そこに応募して、なんと当たってしまったという(笑)。
このプロセスが結構忙しかったんですよ。

確かその放送自体があったのは3週間ぐらい前の金曜日。で、そこにメッセージを出し、しばらくしていたら
先週の火曜日(9日)、間に入っている会社の方からメールを頂き、なんと自分が当選していたという話になりました。
(実はこの最初のメール、名字が間違っていたので、改めてその会社の方に確認のメールを一度送り返した次第です(苦笑))
で、一緒に行く人を決めて(結局競馬好きの従兄弟にしました(苦笑))、そこから同行者と当方の連絡先を伝えて、
書類が来たのが今週の水曜日(17日)。で、明日はもう行くことになります(苦笑)。かなり忙しいプロセスですね。
まあ、競馬場の来賓席という滅多にできない体験をしてくることになります。またこの様子はひとりごとに書きたいと思います。

ちなみに、その会社の方に「服装はどうすれば…」と聞いたところ、「ラフな格好でもいいのですが、馬主さんとかはやはり
しっかりした格好をしてこられますので、あんまりラフすぎると浮いてしまう可能性が…」とのこと(苦笑)。
というわけで、競馬場にジャケット着ていくという、あまりしない体験をすることになります(苦笑)。
いや、そりゃ、今までに会社帰りにWINS寄ったりとかしたことはありましたけれど、ハナっから競馬目的なのに
正装(…って程でもないか)していくのは…違和感あるなあ(苦笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
昨日の名古屋国際女子マラソンの結果を受けて、今日の午後日本陸連で選考会が行われ、アテネに出場する選手が決まりました。
すでにスポーツニュース等で御存知の方も多いかと思いますが、出場選手は以下の通り(敬称略)。
・野口みずき(グローバリー:03年世界選手権マラソン銀メダル)
・坂本直子(天満屋:04年大阪国際女子マラソン優勝)
・土佐礼子(三井住友海上:04年名古屋国際女子マラソン優勝)
(補欠:千葉真子(豊田自動織機))

…で、今回はおそらく03年の東京国際女子マラソンで後半失速、2位に終わった高橋尚子選手(スカイネットアジア航空)を
選ぶかどうかで一番悩んだと思いますが、車掌は今回の決断、一番無難なものかと思っています。
陸連が指定した選考レースがあり、そこで結果を出せた選手と出せなかった選手。結局高橋選手は結果を出せなかったわけで、
名古屋国際を回避して結論を待ったのですが、吉報ならずということ。本気でアテネへ行きたかったのなら、名古屋に出場して
優勝しなければ多分ダメだっただろうと思います(もしくは好タイムでの2・3位ぐらい)。

まあ、選手選考には様々な明暗がいつもつきまとう、これは人数枠が決まっている以上、ある程度は仕方のないことだと思います。
決まったことは決まったこととして、今はアテネに出場する野口、坂本、土佐の3選手にエールを送りたいと思います。
高橋尚子選手は…今後再起にかけるんでしょうか?年齢を考えると、2008年の北京五輪はかなりギリギリだと思うのですが…。

さて、この決定後、ちょっとした事件が起きています。なんでも、土佐礼子選手の所属する三井住友海上陸上部あてに、
「土佐選手が名古屋に出たから高橋選手が落選した」という「自称高橋尚子選手のファン」から脅迫まがいの電話が相次いでいるとか。
…あきれた。モノもいえない。こういう輩はファンを名乗る資格はないですね。本当のファンなら、今後の高橋尚子選手の再起に
期待するべき。いわゆる「ファン」と称して、迷惑な行為を行う輩は、本当に厄介な存在ですね。
(情報ソース:日刊スポーツHP)
http://www.nikkansports.com/ns/sports/f-sp-tp0-040315-0050.html

…なんか競馬の世界でも今、そんな感じがあるような…それは某高知競馬のある馬に関することかもしれませんが。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
春の改編の時期がやってまいりました。車掌が気にしているラジオ番組は以下の通りですが…。

・THE BREEZE(FMヨコハマ/Mon-Fri/9:00-13:00)
・進藤晶子のBeautiful Hit Magic(TOKYO-FM/Fri/13:00-17:00)
・WEEKEND FANTASISTA(TOKYO-FM/Fri/17:30-20:00)※杉本清のK-BAR(19:25-19:55)含む
・JK SPUNKY RADIO Weekday Edition(通称スパラジ)(九州朝日放送(KBC)/Mon-Fri/24:05-24:30)
・346 Groove Friday(通称グルフラ)(FM長野/Fri/16:00-19:00)
・本名正憲の今日もゴゴイチ!(RCC中国放送/Mon-Fri/13:00-17:00)

ちなみに、車掌の気になる範囲で、既に終了が決定しているのが以下の2番組。
・品川庄司のDeep Cut Friday(TOKYO-FM/Fri/17:00-17:30)
・JK SPUNKY RADIO Weekend Edition(KBC/Sat/21:00-23:25)

品川庄司の番組は進藤さんの番組→WEEKEND FANTASISTAへのつなぎとして聴いてましたが、やっぱり終わっちゃうか…。
(M☆P時代から知っている金田恒夫さんという方がディレクターをしているのですが、これが担当番組の1つでした)
JKのスパラジ(Weekend)の終了は、まあ仕方ないでしょうね。これからプロ野球も開幕だし、ナイターシーズンに入ると
どう考えても野球が番組に食い込むのは必至。Weekdayの方が面白いし(なぜか神奈川でもKBCの電波が入るんだな、これが)、
おそらくこの番組は4月からも存続でしょうから、もっとパワーアップした放送を聴きたいですね。

後は車掌の勝手な予想なんですが、まず存続確定だと思われるのが、Fヨコの「THE BREEZE」と、TFMの「WEEKEND FANTASISTA」。
BREEZEは番組内コーナー変更とかもあるかもしれませんが、現行スタイルで続行するでしょう。WEEKEND FANTASISTAは、今になって
番組フットサルチームのメンバー募集しているくらいだから、これから存続させなくちゃ意味のない番組(笑)。K-BARも続行でしょうね。

微妙なのが、進藤さんの番組と、FM長野のグルフラ。前者については、TFMはここ数年結構この時間帯をいじってるので、
それが今年もあるかどうか…。グルフラについては、なんだか三四六さんが意味深な発言してるんですよね。
3月20日のライブで重大発表があるとか…それ待ちです。あと、「本名正憲の今日もゴゴイチ!」は、番組どうこうじゃなくて
福田真知子さんが続投するかどうか…それが一番心配です(笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
以前もここで、高知競馬の人気者、ハルウララ号について取り上げたかと思いますが、なんだか今度武豊騎手が騎乗するとのことで、
いわゆる「ハルウララフィーバー」もピークに達している感があります。正直車掌「うーん…」という感じなんですよね。
ちなみに、この件に関しては、武豊騎手も自身のサイトで疑問を投げかけています。

地方にも名馬って色々いると思うんですけれど、こういう形で全国的に人気になった馬って…他に思い浮かびますか?
地方の名馬といえば色々名前が挙がると思いますが、最近ではオースミダイナー(道営)・ブライアンズロマン(栃木)あたりでしょうか。
それ以前には、トウケイニセイ(岩手)・ロジータ(南関東)等々、数え上げればきりがないと思います。
ただこれらの馬、みんな強かったですよね。でもその強さが全国区になったかといえば、そうではない感じがします。
ブライアンズロマンあたりがちょっと取り上げられたこともありましたが、他の馬がニュースなどで取り上げられていたでしょうか…?

もちろん、ハルウララが悪い訳じゃありません。厩舎関係者が、騎手が、また高知競馬が悪いわけでもなんでもないと思います。
一番悪いのは「マスコミ」だと思います。変なあおり方をするから、話がどんどん変な方向へ行ってしまったんだと思います。

そういえば、ちょっと前に「スーパーオトメ(大井)脱走して首都高速を走る」という事件がありましたよね。
あれでこの馬もちょっとしたフィーバーになった時があります。もしかしたら、スーパーオトメのことは、上記4頭の
いわゆる「名馬」よりも有名になっているかもしれません(覚えている人も多いのかも…)。
でもそれもなんだか違う気がするんですよね。

ケタ外れの強さを発揮する馬(オースミダイナーは13歳で北海道スプリントC(ダート1000m)の統一重賞を勝ってます(笑))、
もっと評価されてもいいんじゃないんでしょうか?それが地方だからって、中央だからって、区別される必要はどこにもないと思うのです。
今、道営のコスモバルクが大活躍していますが、本来この馬ももっと評価してあげてもいいと思うんですよね。

いや、そりゃ、競馬ファンの間では評価されているはずですが、競馬を知らない人の間では話が伝わらないと思いますよ(おそらく)。
ちょっと「ハルウララフィーバー」に疑問を感じた、水曜の夜です。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
今日は中山で皐月賞トライアル、弥生賞が行われました。出走頭数は10頭とちょっと寂しいものでしたが、それでもメンバーが
かなり揃っていました。そんな中、道営・コスモバルク(田部和則厩舎)が、メイショウボーラーの逃げを2番手で追走、
直線抜け出して快勝しました。勝ちタイム2分0秒5(良)は、ここ10年の勝ちタイムでも最速とのこと。これで皐月賞本番が
すごく楽しみになってきました。

さて、実は車掌、この馬中央に初めて登場してきた時に生で見ているんです。昨年の11月、車掌がずっとネタ提供などで
参加してきた、「あっぱれ倶楽部」という(もともとは競馬雑誌「Fanfare」などの1コーナー)集まりがありまして、
その倶楽部10周年記念の宴会があり、その前に集まれる人は東京競馬場へ、ということで、車掌は東京競馬場へ行っていたのです。
その日、10Rの百日草特別(2歳500万下・芝1800m)に登場してきたのが、コスモバルクでした。

確かこのレース、ダントツ1番人気だったのがハイアーゲーム(今日の弥生賞にも出走してきましたが、残念ながら4着)。
確か単勝1.1倍ぐらいの圧倒的な人気だったと思います。そこでへそ曲がりの車掌(笑)、何か面白そうな馬はいないかな…と思って
新聞を見ていて、目をつけたのがこの馬だったんです。そこまでの4走はいずれも道営(旭川・門別)とはいえオール連対、
特に前2走は1700m、1800mで連続連対していたので、「芝さえこなせば3着来るかな…」と思い複勝を500円分買ったんです。
そしたらなんとアッと驚く逃げ切り勝ち。ハイアーゲームに1馬身3/4の差をつけての完勝でした(複勝730円)。

この時は、この後芝でこんなに活躍するとは思っても見ませんでしたが、結局その後芝の重賞で2連勝(ラジオたんぱ杯3歳S、弥生賞)。
単なる逃げ馬ではないということが今日のレースでも証明されたはずですし、これは相当な実力の持ち主…という感じがします。
ちなみに、朝日杯FSを勝ったのが同じザグレブ産駒、同じ馬主のコスモサンビーム。コスモサンビームはまだこの春
始動していませんが(スプリングSあたりが有力?)、勝ったらやっぱり有力候補になることでしょう。

道営のエース、コスモバルク。春のクラシックシーズンをどのように戦うのか、大いに注目ですね。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
今週のJRAは新人騎手、新人調教師のデビュー週。競馬学校からの新人では美浦6名、栗東3名の計9名(…今年栗東少ないなあ)が
デビューを迎えます(すでに2日の高崎・JRA交流レースで、新人の高野和馬騎手が初騎乗初勝利を挙げています)。

その他、今年は2名のジョッキーが地方から中央へ移籍というかたちで新たなデビューを迎えることとなりました。
いずれも兵庫の小牧太騎手と、赤木高太郎騎手。小牧騎手はもうJRAでもお馴染みで、すでに重賞勝ちも経験してる…はず(笑)。
今回のJRA移籍についても、2次試験のみでOK(昨年の安藤勝己騎手と同じパターンでしたね)でした。

しかし、赤木高太郎騎手は、これまでまだJRAでの勝ち星が無し。特例が適用されないため、他と同じように1次試験からの受験と
なりました。見事に試験を突破して、今日JRAデビューを果たしました(正確に言えば、3日の姫路・JRA交流レースで
すでにJRA騎手としてデビューしてはいるのですが)。

赤木騎手といえば、このサイトでは兵庫所属の現5歳牝馬・サウスクィーンの主戦騎手として、全4勝中3勝をマークしました。
個人的にも気になっていた騎手で、昨年末にJRAの試験を受けることが発表された時は、何か複雑な気持ちになったのを覚えています。
でも、今までサウスクィーンで応援させてもらった、今度は中央で乗る赤木騎手を応援しようという気持ちに変わっていきました。
その赤木騎手、今日中京で中央デビューして、いきなり2Rで初勝利(6番人気)。これで肩の荷が下りたんでしょうか、
その後も勝ち星こそないものの2着3回。しかも全部人気以上に押し上げてきています(6R5番人気、7R3番人気、メイン7番人気)。
特にメインレース(中京スポーツ杯)などは、もう少しで馬単万馬券となるところでした(馬単9,930円)。

明日はメインの中京記念にも乗ります(キングフィデリア)。新たなスタートを切った赤木騎手に、車掌はこれからも声援を
送り続けていきます。中央の舞台で、大活躍する赤木騎手を是非見せてほしいものです。
(…しばらく乗るレース全部複勝あたりで追いかけてみると面白そうな予感(笑))
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
無くしたフィルム捜索のため、今日は大井競馬場と京急にも電話してみたのですが、やっぱり現時点では見つかっていないようです…。
まあもっとも車掌の不注意なので、関係各位にかなりのご迷惑をおかけしていることは事実です。申し訳ありませんです。

まあそんな感じで(どんな感じだ(爆))今朝はえらいヘコんでいました。午後街に出て、無事だった1本のフィルムを現像してもらい、
出来上がった写真を見たところ…昨日の大井・カイジンドンのパドック(後半)~レース確定までの写真。
よって、無くしたフィルムは、昨日の大井出撃前にカメラに残っていた、前日の長野旅行分残りと、カイジンドンのパドック(前半)と
判明しました。…多分出てこないだろうなあ…。もうほとんどあきらめモードです。

パチもねえ…勝てません(爆)。もうボロボロの状態。とりあえずこれから羽根モノ新台が4台かな?予定されているのですが
(アクアパラダイス(SANKYO)・ニューざんす(ニューギン)・レレレにおまかせ(大一)・ダブルウイング(平和))
個人的には最後に書いた平和・ダブルウイングが一番の楽しみ…。ただし出てくるのは一番後になりそう。
それまで軍資金が持つかどうか(爆)。とりあえず、この4機種の評価次第では、本格的にパチ引退考えてます(苦笑)。
だって最近羽根モノでもキツイ台ばっかりなんだもんなあ~。鳴いても寄らない、寄っても当たりがほど遠い…。
車掌がいつも行っているパチ屋には、今「マジカペ」「キングスター」(SANKYO)、「ハイパーチョッキモン」「モンキー倶楽部」(大一)、
ワニざんす(ニューギン)、がんばれ丸ちゃん(京楽)の6機種があるのですが、ハイパーチョッキモンも当たり引くまでが
あんなに長いとは思わなかった…。初打ちのチョッキモンが割と早目に当たり引けていた印象があったので、辛いです(笑)。
幸いまだ新台扱いなのですが、あれで通常営業にされたらもう苦しいだろうな…。
せめて上記4機種のうち、ニューざんす&ダブルウイングは入って欲しいなあ…という気がするのですが(個人的興味)。

無駄遣い辞めろって?ごもっともな話で(笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
予定通り、今日は大井競馬場へ行って来ました。カイジンドンのデビュー戦でしたが、幸い天気にも恵まれ、まずまずの日和。
デビュー戦の馬体重は485キロ、割と大柄で、パドックでも周囲の馬が尻っぱねなどする中、落ち着いたものでした。
本馬場では一度立ち止まって辺りを見回す仕草も見せましたが、それでも返し馬はちゃんとこなし、スタート地点へ。
スタートは5分。最初は2番手ぐらいだったのですが、人気2頭が先行して結局は4番手。直線は勝ち馬の独走となり、
結局最後は5着入線。デビュー戦で掲示板確保なら上等でしょう。と思い、撮り終えたフィルムをケースの中にしまい、
そのケースをポケットの中にしまい…ここから車掌の知らなかった悲劇が待っていました。

その後、大森海岸駅へ。ちょうど来た普通電車で、川崎へ降りました。なぜ川崎か…というと、もう一つのお遊び。
そう、車掌の好きなパチンコ(羽根モノ)を打つために川崎で降りたんです。そして、羽根モノ豊富で車掌も何度か行っている
「モナコ会館」というホールへ。ここで今日は3機種ほど打っていたのですが…なんだかどの機種でも、割と当たりは早目に
引けていたんですよ(デビルマン倶楽部…1.5K、プッチモン…0.5K、はりきり娘…1.5K)。ところがそこから伸びないこと。
デビはV→7の後、100回以上鳴かせても来ない(苦笑)。プッチもV間隔が長く、引き悪じゃなかったはずなのに結局ノマレ。
はりきり娘(今回初実戦)も1回目の当たりから早目に2度、3度目を引いたのですが、そこからが全然でした。
結局今日は4K投資で戻り0。これが悲劇の第1章でした。

まあ、なんだかんだモナコ会館で3時間ぐらい遊んだでしょうか。3時半頃お店を出ると、外はなんと雨。…悲劇第2章。
天気よかったから、傘なんか持っているわけなく、濡れながら速攻で地下街へ。そのまま駅へ直行し一路帰途につきました。
その帰り、もう車掌の駅が近づいた頃に、なんかおかしい…今回最大の悲劇。撮り終えたフィルムが2本あるはずなのに、
1本しか残っていないのです。「…どっかで落とした…」気付いた時には一気にヘコみました。
とりあえず、立ち寄ったモナコ会館には問い合わせてみたのですが、まだ見つからず。大井競馬場はすでに終了時間を過ぎており、
連絡つかず。それ以外の場所で落としていたら…もうお手上げです(泣)
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
昨日の話の続き。カイジンドンは出走取消等もなく、無事出走してくるようです。天気の崩れ(雪?)も心配していたのですが、
幸いにして大崩れはない様子。朝から晴れるらしいです。これで明日は車掌、大井出撃が決まりました(笑)。
大井は先日(1月)のセイエイフクリュウのデビュー戦以来。連続してとなりますが、まあそれもいいものでしょう。
人気は読めないなあ。12頭中デビュー戦が5頭(カイジンドン含め)。これはどうなることやら…まあ、無事走ってきてくれれば
それでいいんですけれどね…でもできれば馬券圏内(笑)。もちろんレースレポートとして後日アップ予定です。

一度中央でのデビューを絶たれた馬、地方で再起してデビューを果たします。その意気を感じに、大井へ行ってきます。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
この名前が出てきた時ちょっと面食らいました。でもよく見てみると、母ゴージャスクイック・大井所属…。
そうなんです。当初JRA登録されていた、今年3歳のシーザー産駒「グレートソルト」が、JRAを抹消され
(その時は、予定として「乗馬・未定」となっていました)、大井に移籍したことが判明してからしばらくたって、
馬名を変更していたのです。車掌も、産駒の改名経験って確かなかったよなあ…と思いながらサイト更新していました。

カイジンドンはここへ来るまでに本当に色々ありました。JRA登録は同期のなかで真っ先だったのですが(美浦・古賀一隆厩舎)、
その後もあまり音沙汰なし。その後、10月調査で厩舎移籍が判明し(美浦・小林常泰厩舎)、さあデビューかな…と思っていたら
12月頭の調査で何と登録抹消が判明。JRAデビューも迎えられずに抹消とは…非常に落胆したものです。
その後、週刊競馬ブックの「抹消馬一覧」に載っていた彼は、「乗馬・未定」という、非常に不安な状態でした。

それが、今年1月末、いつものように産駒の状況調査をしていたら、何と大井・寺田新太郎厩舎に移籍していたことが判明!
これは本当に嬉しかったです。中央で走れなくても、地方で走れる。それも車掌の守備範囲である(笑)大井所属とは…。

さらにビックリしたのが今回の改名劇。NARのDBで、いつものように旧馬名の「グレートソルト」で検索していたら、
全く違う名前の馬が出てきたんで「あれれ?」と思ったのですが、よーく見てみると、間違いなくシーザー産駒。
それに母・母父も同じ、厩舎も同じ。これで彼の「改名」が判明したのでした。ここへ来るまでに本当に色々あった馬です。

カイジンドンは明後日(4日)の大井2Rでデビュー予定です。ちなみに鞍上は、こちらも足利から現在浦和に移籍している
加藤和博騎手(車掌より年上かと思っていたら、4つぐらい年下なんですね。驚きました)。同じ移籍組のコンビ、
馬はこれがデビュー戦になります。是非無事に回ってきてほしいものです。

4日はバイトない日なんだけれど…今のところ天候が大荒れのようです。実際に出向くかどうかは天気次第になりそうです(苦笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
車掌が本屋のバイトを始めてから1年半、今みたいな常勤のスタッフになってからちょうど1年が過ぎました。
車掌にとって、お客様と直接応対をする、いわゆる接客業は、会社・アルバイトでも全く経験がなく、最初のうちは結構戸惑いも
ありましたが、先輩社員や一緒にいるバイトの人に色々教えてもらい、ようやくマシになってきたかな…。という感じでいます。
ただ、レジなどを担当していると、まだ時々まごつくこともあるので、それには注意しながら、相手がまたこのお店に来たいと
思ってもらえるような、そんな接客を心がけている…つもりです(笑)。

ちなみに今日はバイトの前に某旅行代理店に寄りました。春シーズンの青春18きっぷを買いに行く用事です。車掌が入っていって、
用紙に必要事項を記入してカウンターで待っていたのですが、一向に誰も来る気配なし。5分ぐらい待ったでしょうか、少し車掌が
不機嫌になり出した頃に(苦笑)ようやくお店の人が来たのですが、「すでに伺ってますか?」ときたので、「いえ、まだなんで」と言って、
記入した用紙をお店の人に渡しました。そして近くのイスに座ってよく見ると、「来店された際には番号票を取ってお待ち下さい」の
ポスターが。…気付かなかった(苦笑)。番号順に呼んでもらえるんであれば、さっさと取っていたのですが、確かJRのきっぷとか
申し込む時は取らなくてもいいと(車掌が勝手に)思っていたので、これは車掌の完全な勘違いでした。

さてしばらく待つと…。
「これ、いつからの青春18きっぷですか?」…ちょっと待て。旅行会社の社員で青春18きっぷの内容知らないとは(爆)。
(男性社員、見た感じでは少なくとも車掌より年上のはず)
こっちも少々不機嫌になり、「別にいつからとかないはずですけれど?春シーズンの青春18きっぷを買いたいんです」と言って再度待ち。
ようやく購入できた頃には、相当に時間ロスした感じ。一応「お待たせしてすみませんでした」とは言っていたのですが、
言葉だけじゃないんだよなあ…。態度も何かつっけんどんな感じだったし、店出る時にも「ありがとうございました」の一言もなし。
今まで結構この店使っていたけど、今後こんな対応だったら…そう思わせるに十分でした(爆)。

車掌も自戒を込めて、お客様がどう思われているか、しっかり考えながらこれからやっていきたいと思います。

copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ