【Recommendable Contents(Amazon)】

2011/12/15発売、橋口いくよさんの「アロハ萌え」シリーズ第2弾!今回は「猛烈に!」というタイトルにもあるように、前回よりもさらにアロハ萌え度アップになっています。文中では北斗晶さんとの対談もあり。そして、発売翌日のAmazon(紀行文・旅行記)ランキングでなんと1位を獲得!

【その他キャンペーンなど】

カレンダー

08 | 2003/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

MIDORI EXPRESS

Author:MIDORI EXPRESS
1994年の毎日王冠で、当時の芝1800m日本レコード(1分44秒6)を叩き出したネーハイシーザー、その産駒を追っかけて10年経ちました。その後は不惑になっても戸惑いまくってます(滝汗 旅日記、サッカー(湘南ベルマーレ)、音楽、ラジオ、PCなどブログは雑多にわたってます…が、最近ほとんど更新してません(爆)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
その後のラジオ改編続報各種。

【番組タイトル変更】
・「JK SPUNKY RADIO -SATURDAY NIGHT LIVE」(九州朝日放送(KBC):Sat 21:00-23:25)
 →9月まで放送されていた「サタデーミミトモ」が番組名変更の上再スタートです。JKは九州でフル回転!

【終了】
・「J-PHONE BLUE SKY PROJECT」(TOKYO-FM系:Sat 12:00-12:30/放送局により時間等異なります)
 →まさかとは思ったがこの改編で終わってしまうとは…大ショックです。どうやら話によると10月からの番組も
  J-PHONE改めボーダフォンがスポンサードするらしいですが、三四六さん自身はどうやら降板の様子です…(;_;)

終了番組になってしまった「BLUE SKY PROJECT」は、渋谷スペイン坂にあるTOKYO-FMのサテライトスタジオからの生放送でした。
この間の土曜日は見に行こうと思えば行けたんだけれど、まず朝寝坊(起きたの9時過ぎ(自爆))。そしてその後の所用が
結局放送時間全部に食い込んでしまい、残念ながらスペイン坂スタジオへは行けず…ちなみに番組終了を知ったのは、
その日家へ帰って朝刊のラジオ番組表見てからでした(苦笑)。こんな事ならいつも通りに早起きしておくんだった…。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
9月末はテレビ・ラジオの改編時期。今まで見ていたテレビ、聴いていたラジオがどうなるのか気になっていたのですが、
とりあえず今日までにある程度全容が出てきたようです。とりあえずラジオの方だけ。

【終了】
・「お笑いの殿堂・モリノス・デ・ヴィエント」(TOKYO-FM/Fri 17:30-18:00)
→まあ、2・3週ぐらい前の放送から、何とな~くそんな雰囲気はしていたので、「やっぱりな…」ですね。
 ただ、この番組終わる前に一度スペイン坂に行きたかったな~もちろん目当ては同局の上田万由子アナ(爆)。

【タイトルその他変更】
・「TOKYO-FM SPORTS FIELD OF LOVE」(TOKYO-FM/Fri 18:00-20:00)
→タイトルが変わり、時間が30分拡大、17:30-20:00までの放送になるようです。パーソナリティは引き続き
 小宮山悟さん、同局の藤丸由華アナ、そして10月からはやはり同局の永田実アナも加わっての放送になるようです。
 かえって楽しみが増えた感じです(笑)。ちなみに、番組内コーナー「杉本清のK-BAR(19:25-19:55)」はそのまま続行の模様。

【新番組】
・「×(バツ)-Radio」(TBS/Mon-Fri 24:00-25:00)
→宮川賢氏(月~水)、古田新太氏(木)、安東弘樹アナ(金)が担当。番組内容としては、その日起きたニュースを
 深夜にふさわしく、堅苦しさを取っ払っておバカな目線で伝えるというもの。これは…どうなんだろう?聴いてみる価値はあるかな?

・「JK SPUNKY RADIO -WEEKDAY EDITION」(九州朝日放送(KBC)/Mon-Fri 24:05-24:30)
→車掌の聴けないエリアですが(爆)、現在同局の「サタデーミミトモ(Sat 21:00-23:25)で活躍している
 北野“JK”順一氏が、平日の深夜帯にも登場!JKは九州でフル回転の日々になりそうです。

とりあえず把握しているのはこんな所。最近よく聴いている「MORNING STEPS」(FMヨコハマ/Mon-Fri 6:00-9:00)、
「THE BREEZE」(同局/Mon-Fri 9:00-13:00)あたりには大きな変化はないようです(一部番組内コーナー終了もありましたが)。

あとは一番気になるのが明日。まさか「BLUE SKY PROJECT」(TOKYO-FM/Sat 12:00-12:30)終了なんてないだろうな…。
(今のところ番組サイトには、そんな感じはカケラもないんですが…)
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
今朝、北海道地方を襲った地震、マグニチュードは8.0。震源は十勝沖。先月の台風10号での被害に続き、また馬産地に
直撃した天災です。事実、先日車掌が訪れた浦河町では、一時停電していたとのこと(今はだいぶ復旧しているらしいですが)。
泊まったホテル、それにネーハイシーザーのいる日高SSの状況がすごく気にはなるのですが、多分今は災害直後で
色々その後片付け等に忙しいかな…とも思っています。とりあえず、状況が落ち着いたところで、ホテル&ふるさと案内所に
連絡してみて(日高SSに直接確認はできませんから)、状況の確認などしてみたいと思っています。すべての馬が無事であればいいのですが…

しかし、今年ほど馬に関わる天災が多かったのも、車掌が競馬を見始めるようになってから(だいたい10年ぐらい前です)、
おそらく初めてなんではないかな…と思います。先日日高SSを訪れたときも、台風10号の被害がまだ残っており、
浦河へ通じる鉄路・日高本線は鵡川~静内間が不通(代行バス運行)でしたし、その代行バスから見た車窓にも、
ビニールシートをかけられた崖、また道路沿いに積んである土嚢など、結構あちこちにその被害の大きさを見たものです。
(ちなみに、日高本線は現在も同区間不通・代行バス運行中のようです)
そこへきて今回の地震。本当に何事もなければいいんですが…と思っています。大丈夫かな…。

車掌の住んでいる地域も、いわゆる「東海地震」の警戒区域(東端の方ですが)に指定されていますし、
先日は関東地方でもちょっと大きめの地震があったばかりです。改めて日本が「地震大国」であることを認識させられた
次第ですし、このあたりの備えをしっかりしていかなければ…と思っています。

まだ全容が掴めてはいませんが、今回の地震による馬産地への被害が何もなければ…。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
ご無沙汰してました(苦笑)。旅日記書き上げてからちょっと抜け殻になりかけてましたが(爆)。

最近はまたいつものように書店のバイトの日々に逆戻りです。まあ、1年たったのでだいぶ仕事も慣れてはきたのですが、
ここにきて売り場改装とかいう話になって、どうやら来月の頭、お店が休みの日に一気に改装するようです。
(今も徐々に変わりつつはあるんですがね)
で、そうなると、車掌の担当している洋書(洋雑誌含む)・楽譜といったジャンルが、レジ奥のあまり目立たないところに
飛ばされてしまうようなので、改装後はよほど引き締めていかないといけないかな…と思っています。
少しずつ景気がよくなってきているのかな…とはいえ、やっぱり売上の数字が苦しいことに変わりはありません。
少しでも自分のジャンル(もちろんお店全体もですが)で、数字が上がってくるように何とかやっていきたいと思っています。

仕事の話はこんなもんで(笑)、こっちのサイトの方ではそろそろ日高SS訪問記を書き上げようかなと思っているのですが、
なかなか気が向かなくて(爆)。それよりも何よりも、撮ってきた写真をPCに取り込む手間が非常にかかるという
難題も待ち受けています(苦笑)。今回は結構写真撮ってきたんですよね…この間現像したフィルムが、36枚×1本、24枚×4本。
36枚撮りの方は以前旅行に行った分も含まれていますが、24枚撮りの4本は完全に今回の旅行時に撮ったものなので、
さあどの写真をアップ…となると非常に困っている段階です(とりあえず簡易アルバムには収録しましたが)。
あとはサイトの空き容量との関係もあるので、それもどうするか考えているところです(どこまで大丈夫か…)。

ちなみに、今回のシーザーの写真、結構面白いものが撮れていますので、アップされるまでのお楽しみということで(爆)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
その後は岩見沢の場内をうろうろ。この日、4Rでは、1500勝にリーチがかかっていた鈴木勝堤騎手が見事に勝利、
なんとお客さんのいるスタンド最前列で(驚)記念のセレモニーがありました。こういうのものどかでいいよな~と感じました。
さらに、帰り間際の8Rでは、お目当ての佐藤希世子騎手が(割と本命サイドでしたが)見事に勝利、今年の5勝目をあげました。

素朴な疑問…ばん馬って、ほとんどが体重1トン前後の馬なんですよね。所が、馬体重発表の時には1キロ単位の増減まで
発表するんですよね(もちろん増減なしもあり)。中央は2キロ単位なのに…1トン級の馬に1キロの増減もあまり関係ないと思うのですが(笑)。

さて、よく晴れたばんえい岩見沢を多いに堪能して、再び駅へとバスに揺られ、駅ではちょうど始発を待っていた札幌行の普通列車へ乗り込み
札幌へ戻るのでした。途中の江別では、ここ始発の快速列車があったのでそっちへ移動。札幌の駅へ着いたのは4時過ぎぐらいだったかな…。

さて、このあとは町歩きでもしようかなと思い、札幌駅から大通方面へ。すると、向こうからやってくるのが観光馬車。
もちろん写真に収め、しばらく行って時計台の所を通り、また写真を1枚。さらに行くと、どうやらその南側で、何かのフェスティバルが
あったようで、各所にイベントスペースが設けられ、各所でダンスや手品などの出し物が行われていました。
それを横目に、車掌はあるデパートへ。この中に入っている書店が、車掌が現在バイトしている書店と同じグループと言うことで、
ちょっと視察に(笑)。ただ、こちらの売り場面積は、車掌がいるところのおよそ2倍。品揃えもこっちの方が豊富だし、色々と
目立つ仕掛けもしているし…。こっちでその手段を活かしきれるかどうか、疑問に思いながら店を出たのでした。

札幌最後はパチンコ(笑)。デビルマン倶楽部(もちろん羽根モノ)という台で、500円投資して7000円返ってきました。
日曜日の等価交換の店で勝てるとは思わなかった(笑)。その後、ススキノの居酒屋でイクラ丼を夕食に。そしてメインストリートから
外れたところを歩き(以前の経験ですが、はっきり言って、ススキノの客引きは物凄いものがあります。歌舞伎町など比較になりません)、
ゆっくりとホテルへ戻るのでありました。

旅日記はこれにて終了。おつき合いありがとうございました(笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
ばんえい競馬堪能の日です(笑)。

ばんえいは、普通にゲートがあり(前の扉を閉めてあるだけのものですが)、ゲートが開いて発走。普通の競馬のようにやはり
出遅れる馬もいますが、さほど関係なし。スタートして、まず高さ1mの第1障害へ。ここはほとんどの馬がスタートした勢いのまま
乗り越えます。そして第1障害をクリアすると、第2障害へつながるしばしの平らなコース。ここでほとんどの馬が最低一度止まり
(二度三度止まる馬も結構います)、次の第2障害(高さ1.6m)へのパワーを蓄えます。ここからは騎手の駆け引きも加わります。
誰が(どの馬が)真っ先に第2障害へ突っ込むか、それも駆け引きの一つです。そして第2障害へ。全馬が力を振り絞って
上がっていきますが、中には上がる途中で力を使い果たして止まってしまう馬もいます。

無事に第2障害を越えても、安心はできません。ここから最後、ゴールまでの直線が最後の勝負場所。障害を越えても、パワーが尽きて
ここで止まってしまう馬もいますし、その間に追い越していく馬もいます。また、ばんえい競馬の場合、ゴールは騎手が乗っている
ソリの最後尾がゴール線を越えたときに初めて「ゴール」となるので、その前に止まってしまう馬もいます。それによってゴール前での
展開はがらっと変わってきます。ここでの大逆転も結構ありますよ。応援していた佐藤騎手の馬、ここは最下位…。

さて次の3R。とりあえずちょっとだけ予想してみて、ちょっとだけ馬券買ってみました。そしてパドックへ行くと、各馬が周回を
重ねていたのですが、何か妙。というのは、ばんえいの場合、パドックで厩務員さん等に引っ張られて歩く…のは最初のうちだけ。
かなり早目に騎手が乗り、そうなると各馬が普通に歩くのではなく、なぜかちょっと早足気味に(走るという表現が正しいかも)なるのです。
…このパドックで馬を判断出来るんでしょうか(苦笑)。ちなみにこの3R、「ライアン」という馬が出走していました(笑)。
この他にもばんえい競馬の馬名はちょっと安易…?というものがいっぱい(笑)。この日出走していただけで、
「テイエムパワー(馬主さんはあのテイエムの馬主さん…ではありません)」「バンゼン」「アイアムザグレート(中央でいたような…)」
「トウカイシンザン」「ラトゥール」「サンデーブライアン」「ヤマノトップガン」…(苦笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
この日はばんえい岩見沢観戦。とはいっても、それ程急ぐ必要ないかな…と気楽に構えていたので、札幌のホテルを出たのは9時過ぎ(笑)。
札幌からはJR(もちろん普通列車)で岩見沢へ。そこからバスが出ているという話で、駅を降りて右側のバスターミナルへ行くと、
競馬開催日だけ運転のバスの時刻表が。ちょうど着いた直前にバスが出てしまったらしく、次のバスは約30分後。
しばらく近辺をぶらぶらして時間潰していました。

さて、バスが到着。岩見沢競馬場までは170円。バスに揺られていくと、途中で場外馬券売り場のそばを通るルートであることが判明。
「でもこの天気だったら本場(競馬場)行くよなあ~」と思いつつ、そのままバスに揺られて、だいたい12~3分頃たったところで、
ちょっと小高い丘の上にある岩見沢競馬場へ到着(実は、車掌がよく出入りさせてもらっている某競馬サイトの管理人さんは、
岩見沢駅からここまで歩いてきたことがあるそうです…単純に直線距離で見ても3.5キロはあるところ…脱帽)。

さて、岩見沢の競馬場へ降りてみると(入場口から階段で下りたところにスタンドがあります)、そこはいかにも「地方競馬してます!」という
雰囲気(この表現、わかるかなあ…(苦笑))。懐かしい雰囲気のスタンド、パドック、そして馬場。ちなみに、岩見沢競馬場では
以前は道営競馬(通常の競馬)も開催されていましたが、いまはばんえいのみの開催となっているので、以前本馬場だった所の一部に
観客が入れるスペースが設けられていて、そこからかなり間近でばんえい競馬の迫力に触れることができます。

まず最初のお目当ては佐藤希世子騎手。ばんえい唯一の女性騎手、昨年デビューして51勝をあげました。今年はこれまで不振で、この日まで
わずか4勝。車掌が着いたときに、ちょうど佐藤騎手が騎乗の2Rが発走間近だったので、まずはそのレースを見ることにしました。

ばんえい競馬のコースを紹介しますと、直線200mのセパレートコースで、中間に2つの障害があります。岩見沢の場合、
最初の障害は高さ1m、2番目の障害は高さ1.6m。そして第2障害を終えてからゴールまで若干上り坂になっています。
それを、体重約1トンもあるばん馬が、500~1000キロのソリを引っ張って進むわけです。迫力ありますよ…。

続きはまた後ほど(笑)。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
さて、札幌での競馬も終わり、3人揃って桑園の駅へ。帰りはバスも考えたのですが、あまりに並んでいる人が多かったので、
歩いていきました。道中3人で競馬の話など色々なことを話しながら、桑園の駅へ。そしてJRで一駅、札幌へ到着。
ここで、この日千歳へ泊まる予定だったToshiさん、そして丸高逃光さんとお別れ。初めて合流した割には、すごくいい時間が
過ごせました。お二方とも本当にお世話になりました。

さて、車掌はここからまず地下鉄で中島公園駅へ。そしてとりあえずホテルにチェックイン。今回取ったホテルは、
ススキノの南端からちょっと外れたところにあるホテル。まあ、料金が安いからここにしたというのもありますが(苦笑)。

さて、チェックインしたあとは、着替えもそこそこにして、この日のもう一つの目的、「ソニックブームとの遭遇」へ。
…なんだと思われる方が殆どでしょうが(苦笑)、ソニックブームとは、車掌がパチンコを打ちだしたときに出会った羽根モノの台。
まさむらというメーカーから出ていた台ですが、車掌も結構打っていて、結構いい思いをさせてもらった覚えがあります。
今は設置店もほとんどなくなっていたのですが、今回札幌の豊平区に設置店があることを発見しており、満を持して向かったのでした。
中島公園から地下鉄で3駅、「平岸」という駅で下車。すでに暗くなっていたので、さて目的のパチンコ屋がどこにあるか…。
とりあえず近くのコンビニに入り、地図を開いて場所確認。そしてこっちと思われる方向へ歩くこと約7~8分、見えてきました。
ソニックブームの設置店、「クラウンセンター」。中を明けると…うわ、これは懐かしいパチ屋の雰囲気…。床は板張り、
新世代のCR機がここではかなり不釣り合いでした(笑)。さて、お目当てのソニックブームは一番端に11台稼働中。
早速打ちだしたのですが、まず最初の台…鳴かない。次の台…これも鳴かない。そして3台目に、ちょっと釘が
空き目の台を見つけ、そこで打ちだしたら、来ました来ました当たりが(笑)。この機種はラウンド振り分けの羽根モノで、
まずは「2回」からのスタート。その後「4-2-1-1」と引きましたが、最終的には全部やられて終わりました。

まあ、それでも久々にこの台打てて、当たりも引けて楽しかったなあ…。そう思いながらホテルへ戻りました。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
5Rの新馬を藤田で外したあと(爆)、まずは「馬なり1ハロン牧場」(競馬マンガ「馬なり1ハロン劇場(よしだみほ先生作)」の
非公式?応援サイトです)の管理人である、Toshiさんと合流。Toshiさんは今回エルムS生観戦のために札幌へやってきたそうです。
それからしばらくして、ここのサイトにもちょくちょく来て頂いている、地元在住の丸高逃光さんとも合流。無事に3名揃いました。

さて、8Rあたりから3人揃って馬券を買ったりしていたわけですが、車掌が初めて3連複に挑戦したのが、9Rの富良野特別。
頭数は14頭と多めでしたが、芝2600mの長距離戦。実績馬などをあげていくと、6頭にまで絞れました。
ただ、3連複で6頭BOXだと買い目は20点まで増えます。なので、どれか1頭切ろうかなと思っていたのですが、ここで迷いが。
1頭は、鞍上武豊・ダンスインザダーク産駒。ただしこれまでの距離経験は1800mが最長。もう1頭は、2600mの経験がある馬なのですが、
鞍上が若い川島信二(一応今年重賞2勝してますけれどね)。うーん…と思い、最後までこの2頭どっちを切るか迷っていたのですが、
最後は馬の経験に賭けてしまい、武豊の馬を切ったところ、ものの見事にその馬が3着に飛び込んできてくれました(爆)。
(もちろん、1・2着の馬は3連複の買い目に入れてましたよ)全くもう…これで、メインまで勝負するのはヤメにしました(爆)。

さてメインのエルムS。事前にある程度予想を立てておいて、人気2頭(アドマイヤドン・イーグルカフェ)はハナから切り、
◎プリエミネンス・○エクセシヴワード・▲ブリリアントロード・△にトシザボスとタニノゴードン。ただ、ほぼ力量差がないと見て
馬連BOXで買いました。結果は…アドマイヤドン(安藤勝)大楽勝。9馬身差をつけての圧勝でした。
△2頭が2・3着に入って、「ワイドなら…」になってしまいました(爆)。

ちなみに、Toshiさんは、一宮(愛知県)ご出身ということで、公営愛知・笠松の騎手・馬(もちろんアンカツさんも)をこよなく
愛される方。今回もアドマイヤドンがゴールを駆け抜けたその瞬間、ウイナーズサークルへ移動していました(笑)。
ちなみに、Toshiさんと丸高逃光さんとは全く接点がないと思っていた車掌ですが、実は丸高さんは、以前に一宮に勤めていたことがあったとか。
意外な接点を見いだしたのでありました。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
9月6日(土)

浦河のホテルを朝早くチェックアウト。ホテル前のバス停から、朝7時過ぎの高速バスで、一路札幌へ。浦河はこの時点で
雨が降っていましたが、札幌に来ると天気も持ち直し、雲間から青空も見える状況。いい感じです。

さて、今日の目的はJRA札幌観戦。そこでお二方と待ち合わせ(いずれも初対面)ということになっていたので、果たして無事に
合流出来るか…が心配でした。札幌へ到着後、まずコインロッカーに荷物をぶち込み、交通手段を確認したところ、どうやらJRの桑園
(札幌の1つ隣の駅です)まで行かないと、無料バス等が出ていない様子(あとは、札幌市営地下鉄東西線・二十四軒駅からも
無料バスがある模様です)。というわけで桑園までの切符を買って、JRで一駅。桑園の駅に降り立つと、競馬場へ向かう人の波が
自然に方向を示してくれました。行きは無料バスで。急げば乗れたバスですが、ちょっと混んでいたので(それに5分後に次のバスもあったので)
見送り、待ちながらエルムS(G3・この日のメインです)の出馬表などを見ていると、おっちゃんが話しかけてきて
「今日はこの馬が怪しいよ~」と指さしたのは、1枠1番・スマートボーイ。確かに休み明けは3戦オール連対、しかも今回最内枠。
忘れた頃に激走するというイメージは車掌の頭の中にもあったので、うーん…と思っていたのですが、いかんせん休養前の前走が
負け過ぎだよなあ…という感じで見ていました。そのおっちゃん、どうやらスマートボーイ絡みの馬券で結構お世話になっているらしく、
しきりに勧めてきてくれました(笑)。

さて、無料バスで札幌競馬場へ。入場料は100円。いいよなあローカル。中央場所は200円取られるもんなあ…(苦笑)。
中に入って、お二方と連絡を取り合うと、まだお二方とも競馬場にはいらしていない様子。後にまた連絡することになり、一足早く
札幌の馬場へ出てみました。あ、いいなあここ。天気さえ良ければ最高の、「スタンドの一番低いところがすべて芝」。
一部通路用に舗装されているところもありましたが、これなら特に家族連れの競馬観戦には最適だよなあ…なんて考えていました。
着いてまず新馬戦(6頭)があったので、名前だけで馬を選んで単勝500円。2番人気で鞍上藤田。
…3着でした(爆)。どうも車掌藤田と馬券相性が悪いんだよなあ…(苦笑)。

続く(笑)
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
9月5日(金)PM。

浜辺で昼飯を食べたあと、砂浜に寝っ転がってちょっと休むなどして時間を潰し、再び日高SSへ向かいました(午後の見学時間は2時から)。
午後の見学に来ている人達は午前中とほとんど違う顔ぶれ。午前・午後両方とも見ようと言う人間はどうやら車掌だけだったようです(笑)。

さて、午後の放牧馬一覧の様子を見ていると…あれ、シーザーまた放牧されている…というわけで、一度シーザーの放牧場へ。
ところがそこの放牧場はもぬけのカラ。「こりゃ厩舎の方にいるな」と思い、厩舎側に戻るのでありました。
そして、3カ所ある厩舎を片っ端から探して、シーザーがどこにいるか確認。そうすると、シーザーはL型になっている厩舎の
端から2番目にいることがわかり、厩舎入り口で靴を消毒して(入り口に消毒液の入っている容器があります。そこに
靴をつけて(履いたままで大丈夫です)消毒してから厩舎に入る形です)、シーザーのところへ。
シーザーは…おいおい、ここでも食べてばっかり(笑)。青草がいっぱい与えられており、ほぼ一心不乱に青草をむさぼっていました。
たまに立ち上がって厩舎内を悠然と回るかと思えば…ボロ(笑)。そしてまた青草に向かうという形でした。

そんな中でも、他の馬がどんどん放牧場から戻ってきたりして、牧場スタッフの方に体を洗われているのを見ていると(この様子は
結構写真に撮っている方もいました)、「シーザーも洗ってもらえないかな」と思ったりもしたのですが、そんな雰囲気は全然なし。
結局午後はずっと厩舎内で過ごしたのでした。ホテルへ戻るバスの都合もあったので、3時半頃には厩舎を引き上げ、事務所に戻り
今回の感想をノートに書かせて頂いて、また性懲りもなくこのサイトの宣伝してきました(爆)。そして日高SSを辞して
東栄のバス停へ。4時過ぎのバスで戻ってきたのですが、あえてホテル最寄りより1つ前の停留所で下車。いや、前日このあたりを
歩いていたら、パチ屋があったのを見つけていたので(笑)。で、そのパチ屋に入って何機種か打ったのですが、この日は大惨敗。
なんと6千円も潰してしまうていたらく。まあ、牧場訪問中の天気が良かったことで良しとするか、と半ば強引に自分を慰め(苦笑)、
ホテルへ戻るのでありました。ホテルの夕食は食べずに途中で買ったものを(笑)。

翌日、6日(土)は札幌へ入ります。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
この日は朝もゆっくり。とは言っても、ホテルの朝食をとる気にはならず(1200円も取るんだもんなあ…)、前日買っておいた
菓子パンなどで朝食を済ませ、8時50分頃に、ホテルの前にあるバス停(「支庁前」というバス停です)から道南バスへ乗り込み、
一路日高SSへ。「東栄」というバス停で降りたあと、ちょっと歩くと日高SSへの入り口の看板が。入って少し坂を上ると
もうそこは日高SS。見学開始の9時半前に着いてしまったので、ちょっと牧場前で時間つぶし。そうすると何台も車がやってきて、
皆さんやっぱり午前の牧場見学に合わせてきた様子。その中に、この日午前中合流予定だった、(HN)ダンナさん(「Horse Photo」という
サイトを運営されています・当サイトからもリンク設定してあります)御一行様もいらっしゃっており、無事合流することができました。

牧場見学時は、まず事務所で必要事項をノートに記入(訪問日・住所・氏名ぐらいのものですが)。そして放牧されている馬、
されていない馬をチェック(ここは日によって、また時間によって放牧されている馬が変わります)。管理人のお目当てである
ネーハイシーザーは前回と同じ場所に放牧中。しかし、ダンナさん達のお目当てだったトロットサンダーは…どうやら厩舎の中だったようで、
一旦外と中に分かれ、自分はシーザーの所へ…行く前に、その時間に放牧されていた馬を撮って(そうしている内にダンナさん達とも
一緒になりました)、その後シーザーの所へ。この日のシーザーはまあ食べること食べること。青草がたっぷりあったせいかもしれませんが、
ほとんどの時間食べてました(笑)。そして、たまに食べるのをやめたかなと思ったら、なんとアゴで牧場の柵(の柱)を引っ張るという
強引な手段に(笑)。なにも自分の放牧場壊さなくてもいいじゃないか…と思いましたが(苦笑)。

午前中の見学時間も終わり頃になって、ようやくダンナさん達のお目当てだったトロットサンダーが放牧地にお目見え。
そこでひとしきり写真などを撮っていたら、いつのまにか午前中の見学時間(11時まで)を過ぎていました(爆)。
慌てて戻り、牧場の方にご挨拶。ダンナさん達は、午後は他の牧場を回ると言うことで、ここでお別れとなりました。
車掌は午後も日高SSにいる予定だったので、近くのお店でまたパンなど買って、近くの海辺へ出て昼食にしました。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
北海道遠征から帰ってきました。今回は天気にも恵まれ、いい旅行をすることができました(雨に降られたのは、6日(土)に
浦河から札幌へ移動するときの浦河と、今日の新千歳空港離陸時のみ)。5日(金)は日高SSでシーザーとゆっくりご対面
(ダンナさん、大変お世話になりました)、6日はJRA札幌初見参で見事玉砕(爆)(丸高逃光さん、Toshiさん、大変お世話になりました)、
7日はばんえい岩見沢でサラブレッド・アラブのレースとはまた違う、迫力のあるレースを堪能してきました。
書きたいことは色々あるのですが、日にち単位にして小出しに書いてみようかなとも思っています。

まず初日、9月4日(木)。

朝2番の電車で羽田へ向かい、7時半羽田離陸。9時には新千歳に着いていました。今回は札幌へ出るという面倒なことはせず、
そのまま苫小牧へ。浦河へ向かう日高線はすでに一部復旧しており、運休区間も代行バスが出ているという情報を仕入れていたので、
交通手段はそれを選び、時間があったので苫小牧で途中下車。近くのパチ屋へ行ったり(笑→でも少額で割と時間つぶし出来ましたよ)、
スーパーの中を冷やかしたり、各種レジャーが集結している建物でゲーム大いに楽しんできたり…。実はこの建物が侮れなかったんです。
いわゆるオールドゲーム、それも大型オールドゲームがまだかなり残っていたんです。「アウトラン」「スペースハリアー」「アフターバーナー」
などが、あの大型筐体で残っているじゃありませんか!車掌は「アウトラン」で楽しんできました。まあヘタレだから3ステージ目
手前でゲームオーバーでしたが(苦笑)。

その後日高線へ。鵡川までは開通済み、鵡川からは代行バスに乗り換えて静内まで。国道235号線を通っていったのですが、
途中で先日の台風10号の被害を受けたと思われる場所が何カ所も…。土嚢が敷き詰めてあったり、崩れそうな所にビニールシートが
かぶせてあったり…。道路は1ヶ所だけ片側交互通行でしたが、あとはほぼ開通した感じ。ただ、横を走る日高線の路盤が流出している
状況を目の当たりにして、「こりゃ復旧に相当かかりそうだな…」と、改めて自然の脅威を感じたものです。
静内からは再び日高線。一路浦河へ、そして宿へと向かうのでありました。

9月5日(金)分はまた次の機会に。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
只今バイトから帰ってきて、夕飯を済ませてパソに向かっています。旅行前最後のひとりごとになりそうです。

えっと、日程は月曜日のひとりごとであらかた書いているので、今更細かいことは書きません(爆)。そんな感じで
北海道へ行って来ます。どうやら5日の日高SS、6日の札幌競馬場で、それぞれ別々の競馬関連のお知り合いの方と
一緒になりそうです。しかも6日の札幌競馬場は全く別々の接点でお二人と約束していますので、果たしてどうなることやら(笑)。

まあ、細かいことは考えずに、なるようになるで行ってきます。帰ったらまた日高SSの訪問報告などしたいと思います。

それでは、しばらく更新等できなくなりますが、ご了承下さい。続きは8日の夜に…。
DATE: CATEGORY:さるさる日記からの移行記事
トップにも書きましたが、車掌は今週木曜日(4日)~来週月曜日(8日)までの間、北海道へ出かけてきます。
日程としては…以下のような感じですが。

4日(木):自宅→羽田空港→新千歳空港→浦河(当初は浦河への移動手段として、日高本線を考えていたのですが、現在途中区間が不通。
   ただ、代行バスが走っているようなので、これを使ってみようと思っています(笑))この日は浦河のホテル泊。
5日(金):浦河から、ネーハイシーザーのいる日高SSを訪問の予定です。前回は午前中しか見学してなかったので、今回は午後も見てきます(笑)
      浦河の同じホテルに連泊。
6日(土):朝早目の高速バスで、浦河から一路札幌まで移動。このあとが現在微妙な情勢。この日のJRA札幌で、シーザー産駒
      (特にアクティブシチー:層雲峡特別(ダート1700・ハンデ))が登録していれば、札幌競馬場へ向かう予定でしたが
      残念ながら登録なし。ただ、ここからもリンクさせて頂いているサイトの管理人の方が、ほぼ同日程で北海道へ行かれ、
      この日のエルムS(G3)を観戦されるとのことなので、もしかしたら合流する可能性もあるかもしれません。札幌泊。
7日(日):札幌から岩見沢往復。ばんえい競馬(現在岩見沢での開催)を見てこようと思っています。夕方には札幌へ戻って連泊。
8日(月):札幌を発って一路帰宅の途へ。

とまあ、こんな感じですかね。日高SSは2年ぶりの訪問になります。あれから2年、ネーハイシーザーの種付け数は相変わらず少ないですが、
産駒が頑張っていることを報告してこようと思っています。まあ、彼はいつものように悠然と迎えてくれると思うのですが(笑)。

あとは天気がいいのを祈るばかりです…。週間予報を見た限りでは、幸いにして今のところまずまずの天気が出ている様子です。

というわけで、この期間はサイト更新がほぼ不可能になります。出走情報も多分追いきれなくなると思いますのでご了承下さい。
(…そんなこと言ったら7日札幌の新馬戦あたりで2歳産駒がデビューしてたりして(苦笑))

copyright © 車掌のひとりごと~MIDORI“BAYSIDE”EXPRESS~ all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ